2022-12-08 

住宅リノベーションのパターン別メリット・デメリット|おしゃれなビフォーアフター事例も

おしゃれな中古住宅リノベーション事例 キッチン

 

住宅業界で人気が高まっているリノベーションですが、自宅・中古住宅・リノベ済み物件などいくつかのパターンがあります。

 

今回は住宅リノベーションの代表的なパターン別に、メリット・デメリットを詳しく解説します。

 

後半では実際にリノベーションしたおしゃれなビフォーアフター事例も写真&間取り図付きで紹介♪

 

この記事のポイント
・住宅リノベーションは主に3パターンあり、それぞれメリット・デメリットがあります。
・戸建てリノベーションを相談できる会社は4種類、こちらもそれぞれの特徴を解説します。
・戸建て・マンションリノベーションそれぞれの費用相場も紹介します。

 

■そもそも住宅リノベーションとは?

 

リノベーション工事中の中古住宅

 

リノベーションは自宅や中古住宅全体を改修工事し、付加価値をつけてバージョンアップすることを意味します。

 

昔から使われているリフォームは、単純な設備の入れ替えや内装貼り替えなど新築状態に復旧する意味合いが強いです。

 

リノベーションの間取り変更

 

リノベーションはただ復旧するだけではなく、間取り変更なども含めてライフスタイルにマッチした家づくりができるのが魅力♪

 

築年数の経った中古住宅をマイホームとして選ぶ際は、リフォームよりリノベーションでアップデートした方が暮らしやすい家になります。

 

リノベーションで間取りがどのように変化するのか、こちらのコラムで解説しています。

 

【関連コラム】

 

逆に築浅住宅なら、簡易的なリフォームで済むケースもあるかもしれません。

 

リフォームとリノベーションの違いや選び方については、こちらのコラムで解説しています。

 

【関連コラム】

 

 

■パターン①自宅をリノベーション

 

おしゃれな自宅リノベーション事例

 

既にお住まいのご自宅や相続したご実家のリノベーションは、建て替えと比較検討されることが多いです。

 

既存建物を活かすリノベーションは、建て替えより費用を抑えられるのが大きなメリット。

 

【関連コラム】

 

また解体や確認申請などの手続きが不要なため、工期が短く建て替えより早く入居できるのもうれしいポイントですね。

 

プラン自由度の高いリノベーションなら、建て替えより安い費用で理想の間取りやデザインを実現できることも多いです。

 

デメリットとしては、ご自宅の構造によっては柱や壁を移動できず、間取りに制限がある可能性が挙げられます。ただし間取りの工夫で解決できることも多いです。

 

□自宅リノベーションのメリット
  • 建て替えより費用が安い・工期が短い
  • プランの自由度が高い

 

□自宅リノベーションのデメリット
  • 間取り変更が制限されるケースがある

 

今住んでいる家のリノベーション個別相談会バナー

 

 

■パターン②中古住宅をリノベーション

 

中古住宅のリノベーション事例

 

中古住宅を購入してフルリノベーションするパターンは、新築住宅に代わる選択肢としてメジャーになりつつあります。

 

物件価格とリノベーション費用を合計しても新築より安く収まることが多く、リーズナブルに理想のマイホームが手に入るのが人気の理由♪

 

また住宅着工数が多かった20~30年前の中古市場は物件数が豊富で、新築よりエリア選択の幅が広がるのも大きなメリットです。

 

新築だと選べない間取りやデザインも、コストパフォーマンスの良い中古リノベなら実現できるかもしれません。

 

【関連コラム】

 

デメリットとしては、建物の劣化状態や構造によってできることや費用が変動し、物件選びのハードルが高い点が挙げられます。

 

また物件価格とリノベーション費用のバランスにも注意が必要で、先に中古住宅だけ購入すると予算オーバーしてしまうケースも。

 

【関連コラム】

 

このようなデメリットには、物件探しからリノベプラン作りまで一社に相談する「ワンストップリノベーション」で対応できます。

 

ワンストップリノベのバナー

ワンストップリノベについて

 

□中古住宅リノベーションのメリット
  • 新築より費用が安い
  • 物件選択肢が多い
  • オリジナリティのある間取りやデザイン

 

□中古住宅リノベーションのデメリット
  • 建物の状態に左右される
  • トータル予算が分かりにくい

 

購入した家のリノベーション個別相談会バナー

 

 

■パターン③リノベーション済み住宅を購入

 

リノベーション済み物件の内装

 

不動産会社が直接中古住宅を買い取り、キレイに改装してから販売するリノベーション済み物件も最近増えているパターンの一つです。「買取再販」と呼ばれることもあります。

 

リノベーション済み住宅は完成状態を見て選べるのがメリットで、イメージ違いによる失敗リスクが少ないです。

 

また工事が終わっているので購入後すぐに引っ越すことも可能です。

 

物件ごとにトータル費用が明示されているので、予算オーバーの心配がないのもうれしいポイントですね。

 

一方自分で間取りやデザインをカスタマイズできないため、理想の物件を見つけるのは少し大変かもしれません。

 

また施工ミスや手抜き工事などをチェックしにくく、床下や天井裏など見えない部分の仕上がりに不安を持つ方も多いです。

 

□リノベーション済み住宅のメリット
  • 完成状態を見て選べるのでイメージしやすい
  • 購入後すぐ引っ越せる
  • トータル費用が分かりやすい

 

□リノベーション済み住宅のデメリット
  • 間取り・デザインをカスタマイズできない
  • 施工ミスや見逃しをチェックできない

 

【関連コラム】

 

物件の購入+リノベのリノベーション個別相談会バナー

 

 

■リノベーション会社4種類の特徴

 

リノベーション会社によるおしゃれな施工事例

 

住宅のフルリノベーションを扱う会社は主に4種類に分かれます。それぞれの特徴を知っておくと、会社選びの際に役立ちますよ。

 

 

①リフォーム会社

 

小さな修理やメンテナンスも扱うリフォーム会社も、リノベーションに対応していることが多いです。

 

リフォーム会社は比較的身近に店舗があることが多く、相談しやすいのがメリットです。

 

ただし水回り・内装・外壁塗装など、特定の分野に特化していることも多いので、会社選びには注意が必要です。

 

単品リフォームが多くフルリノベーションの実績が少ない会社だと、おしゃれなデザイン性やアドバイスはあまり期待できないかもしれません。

 

【関連コラム】

 

 

②リノベーション会社

 

住まい全体のリノベーション専門店は、実績が多く安心して相談しやすい依頼先の一つです。

 

専門店ならではのアドバイス力が期待できるので、リノベーションでおしゃれなマイホームを手に入れたい方にピッタリ。

 

定額制リノベーションや物件探しから相談できる「ワンストップリノベーション」など、サポート体制が充実している会社も多いです。

 

まだ店舗数がそれほど多くないため地方都市では探しにくいこともありますが、首都圏なら専門店の数も充実しています。

 

【関連コラム】

 

 

③工務店・ハウスメーカー

 

新築住宅をメインに扱う工務店やハウスメーカーも、リノベーション事業に参入するケースが増えています。

 

ご自宅を建てた工務店やハウスメーカーなら、付き合いがあるので相談しやすいのがメリット。

 

ただし提案力やスピード感は会社によって異なる傾向が強く、相談先選びが重要になります。

 

また新築会社は戸建て住宅には強いですが、マンションリノベーションだと少し勝手が違うので注意が必要です。

 

【関連コラム】

 

 

④不動産会社

 

住宅や土地の販売を専門とする不動産会社は、主にリノベーション済み住宅を扱っていることが多いです。

 

グループ内に施工部門を持つ不動産会社もありますが、リノベーションを外注している場合中間マージンが発生し割高になるケースも。

 

リノベーションに力を入れている不動産会社は、専門店と同じようにワンストップのサポート体制を整えているところもあります。

 

ただし不動産物件の売買がメインの会社だと、建築知識は期待できないのでリノベーションの相談はしにくいかもしれません。

 

不動産会社に物件探しやリノベプランを相談する場合、施工実績や建築ノウハウの見極めが必要になるでしょう。

 

【関連コラム】

 

 

■住宅リノベーションの費用相場

 

 

マンションリノベーションの費用相場

 

マンションリノベーション事例

 

中古マンションのリノベーション費用は、一般的に15~20万円/㎡と言われています。

 

  • 60㎡ × 15~20万円/㎡ = 900~1,200万円
  • 70㎡ × 15~20万円/㎡ = 1,050~1,400万円
  • 80㎡ × 15~20万円/㎡ = 1,200~1,600万円

 

上記のように、検討するマンションの床面積から費用相場を計算できます。

 

ただしマンションの構造や間取り変更の規模など、さまざまな要因でリノベーション費用は変動します。

 

マンションリノベ費用についてはこちらのコラムでも詳しく解説しています。

 

【関連コラム】

 

 

戸建てリノベーションの費用相場

 

戸建てリノベーション事例

 

中古戸建て住宅は建物の状態によってやるべき工事が変わるため、費用相場は少し高くなります。

 

例えば1981年以前に旧耐震基準で建てられた戸建て住宅は、耐震改修で100~150万円の費用が掛かることが多いです。

参照:財団法人日本建築防災協会

 

他にも断熱リフォームや雨漏れ修理など、建物の状態によって必要な工事と費用は変動します。

 

逆に状態の良い中古住宅を選べば、1,000万円以下でリノベーションすることも難しくはないでしょう。

 

一般的な戸建てフルリノベーションでは、1,000~1,500万円が費用相場の目安です。

 

戸建てリノベーションの費用相場については、こちらのコラムもご覧ください。

 

【関連コラム】

 

 

■リノベーションビフォーアフター事例

 


築42年戸建て住宅のビフォーアフター

 

BEFORE

築42年戸建て住宅のリノベーション間取り図 Before

AFTER

築42年戸建て住宅のリノベーション間取り図 After

 

木造軸組工法の自由度を活かし、大胆な間取り変更で現代のライフスタイルにマッチした住まいにリノベーション。

 

戸建てリノベーションビフォーアフター リビング階段

 

流行のリビング階段にすることで、階段ホールを省略でき開放感と動線効率が大きくアップしました。

 

戸建てリノベーションビフォーアフター 対面キッチン

事例を見る:Case36「カリフォルニアハウス」

 

独立キッチンもおしゃれな対面カウンターレイアウトに変更し、在宅ワークスペースで新しいライフスタイルにもしっかり対応しています。

 

築40年住宅のリノベーション事例はこちらでも紹介しています。

 

【関連コラム】

 


築30年マンションのビフォーアフター

 

BEFORE

築30年マンションのリノベーション間取り図 Before

AFTER

築30年マンションのリノベーション間取り図 After

 

スタンダードなセンターイン型マンションを、3人家族に合わせてリノベーション。

 

マンションリノベーションビフォーアフター キッチン

 

リビングダイニングと直接行き来できるキッチンは、半個室のような間取りでプライベート感と開放感を両立。

 

【関連コラム】

 

マンションリノベーションビフォーアフター リビング

 

元の和室をリビングに一体化することで、明るくひろびろとしたLDKになりました。

 

【関連コラム】

 

 

■まとめ

 

建て替えや新築に代わる新しい選択肢として、ご自宅や中古住宅のリノベーションはとってもおすすめです。

 

新築だとピンとくる物件が見つからない方、予算を抑えたい方は、ぜひリノベーションを検討してみてください。

 

東京・神奈川・千葉の住まいづくりは、リノベーション専門店のSHUKEN Reにご相談ください。

 

豊富な実績に基づくノウハウとワンストップ体制で、中古住宅探し、資金計画、間取りづくり、どんなご要望にもお応えします。

 

物件の購入+リノベのリノベーション個別相談会バナー

今住んでいる家のリノベーション個別相談会バナー

購入した家のリノベーション個別相談会バナー

 

ワンストップリノベのバナー

ワンストップリノベについて

 


・L字リビングを活かしたおしゃれな間取りリノベーション実例

・【施工事例】造作洗面台のおしゃれ空間|費用を抑えるコツを紹介

トイレのアクセントクロス失敗談から学ぶ|おしゃれなリノベ事例を紹介

・ファミリークローゼットを“後悔”する人の理由は?失敗しないための間取りづくりから事例まで徹底解説


 

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    施工エリアを事前にチェック
    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください
    ショップページをみる


    来店希望日時

    ※水木祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください →ショップページをみる


    来店希望日時

    ※火水祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    その他アンケート項目
    お時間あればお答えください。(所要時間:30秒)

    何の媒体でSHUKEN Reを
    見たことがありますか(複数選択可)

    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき同意できる場合に、ご送信ください。

    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら