2022-05-15 

築40年の中古住宅は何年住めるか|スケルトンリフォーム・リノベ事例

リノベーション済みの築40年戸建て

 

最近はマイホームの選択肢として、中古住宅のリフォーム・リノベーションを選ぶ方が増えています。

 

しかし築年数の経った戸建て住宅だと、お金をかけてスケルトンリフォーム・全面リノベした後何年暮らせるのか気になりますよね。

 

今回は築40年前後の中古住宅について、リフォーム・リノベでどれくらい暮らせるのか考えてみましょう。

 

後半では実際のリノベーション事例の費用・工事期間事例も紹介します。

■築40年の中古住宅は何年住める?

 

リノベーションした築40年の中古住宅内部

 

 

・中古住宅の寿命はメンテナンス次第

 

最初に結論からお伝えすると、築40年の木造中古住宅の寿命に限界はありません。

 

実際に100年以上経っている木造のお寺や古民家もたくさんありますから、メンテナンスさえすれば長く暮らすことができます。

 

逆に言えば、リフォーム・リノベーションをする際にしっかり状態をチェックして補修・補強を行うことが大切ということです。

 

木造住宅を構成する基礎・土台・柱などの構造部は、特別なトラブルがなければ80~100年は持つと言われています。

 

しっかりメンテナスすれば、築40年の中古住宅でも同じ年数暮らすのは難しくないのです。

 

 

・メンテナンス時期を把握する

 

構造部以外の部位はそれぞれメンテナンス時期が違いますので、把握しておきましょう。

 

メンテナンス時期の目安
給排水管 30~40年
屋根材 コロニアル屋根 20~30年

セメント瓦 20~30年

和瓦 50~80年

外壁 塗装 10年前後

サイディングの寿命 30年前後

モルタル壁の寿命 30年前後

水回り設備 20~30年前後
フローリング 20~30年前後
壁紙 10~15年前後

 

給排水管を例に挙げると、築40年で未交換の場合は購入後にメンテナスする必要があるということです。

 

外壁・屋根など建物の寿命に大きく影響する部分は、過去の塗装・交換履歴をチェックすれば悪い状態の物件を見極めやすくなります。

 

メンテナンスの適性時期を把握しておけば物件選びの際に費用や状態を予測しやすくなるので、ぜひ頭に入れておいてください。

 

 

■築40年リフォームは物件選びがカギ

 

築40年台の戸建て中古住宅外観

 

築40年前後の中古住宅を買ってリフォーム・リノベする際は、ベースとなる物件選びが重要です。

 

メンテナンスが行き届かず状態の悪い物件を選んでしまうと、余計な費用が掛かる可能性があります。

 

万が一見逃して見た目だけきれいにしてしまうと、せっかくお金をかけたのにムダになってしまうことも・・・。

 

次のポイントに注目して、リフォーム・リノベ向きの物件を選びましょう。

 

 

・雨漏れが無いか?

 

雨漏れは木造一戸建て住宅の構造を腐らせ、寿命を大幅に縮める原因になるのでしっかりチェックしましょう。

 

天井や壁のシミなどのサインがあれば分かりやすいですが、見えない部分で雨漏れが発生していることも少なくありません。

 

天井裏や床下など見える部分はなるべくチェックして、雨漏れの兆候がないか調べましょう。

 

外壁・屋根のメンテナンス履歴も雨漏れリスクに影響するので、売り主の方や不動産会社に聞いてみるのも効果的です。

 

 

・シロアリ被害が無いか?

 

床下の土台を食べて耐震性を低下させてしまうシロアリ被害の有無も、中古住宅の要チェックポイントです。

 

雨漏れで腐食した木部はシロアリの大好物になってしまうので、合わせてチェックしましょう。

 

タイルの古いお風呂も水漏れからシロアリが発生しやすい場所なので、床下の腐食や蟻の死骸が無いか重点的に確認してください。

 

庭のウッドデッキや木製フェンスなど外部の木部も、シロアリを呼び込む原因になりやすいので要注意。

 

 

・床下や壁裏にカビが生えていないか?

 

築40年以上の中古住宅は、「布基礎」と呼ばれる構造で床下の湿気が発生しやすいため、カビが発生していないかチェックしましょう。

 

カビはニオイや健康被害の原因になる上、壁紙の裏に生えていると下地まで貼り替えになり費用も余計に掛かってしまいます。

 

内見時にカビっぽいニオイがしたり、水回りにポツポツとカビ跡が出たりしている物件は、床下もチェックしたいところです。

 

床下収納庫などから覗けることが多いので、できれば確認させてもらいましょう。

 

 

・理想の間取りに近いか?

リノベビフォーアフター平面図

 

築40年の中古物件ならスケルトンリフォームやリノベーションする方が多いですが、なるべく理想の間取りに近い家を選ぶのも大切なポイントです。

 

木造住宅は自由度が高いため間取り変更も可能ですが、大きく変えるとその分費用は多くかかります。

 

理想の間取りに近い物件を選べば、コストを抑えてより暮らしやすいマイホームに仕上げやすいのです。

 

 

・契約前にプロに確認してもらおう

 

リフォーム・リノベ前提で中古住宅を選ぶ際は、契約前に私たち施工店と一緒に物件を確認するのがおすすめです。

 

実際に施工に関わるプロと一緒に確認することで、工事しにくい構造や雨漏れなどのトラブル見逃しを防ぐことができます。

 

また物件探しから工事まで任せられる「ワンストップリノベーション」のお店に相談するのも効果的です。

 

私たちSHUKEN Reもワンストップリノベをお手伝いしていますので、物件探しもお気軽にご相談ください。

 

ワンストップリノベ

ワンストップリノベについて

 

 

■築40年のスケルトンリフォーム・リノベ事例

 

実際にスケルトンリフォームやリノベで生まれ変わった、築40年前後の素敵なマイホーム事例をご紹介します。

 


事例①:築47年 約1500万円

BEFORE

ほっこりレトロStyleのBefore

AFTER

ほっこりレトロStyleのAfter

 

レトロ感のあるリノベーション事例

 

築年数を隠すのではなく、レトロ感を残しつつイマドキな古民家風に仕上げたリノベーション事例です。

 

柱を露出した古民家風のリビング

 

移動できない柱や梁はあえて露出しつつ、古さを感じさせない素敵な雰囲気になりました。

 

対面レイアウトの開放的なLDK

 

たっぷり収納の対面キッチンや吹抜けといった充実の間取り&デザインが、新築よりリーズナブルな価格で手に入ります♪

 

 


事例②:築42年 約1700万円

BEFORE

カリフォルニアハウスのBefore

AFTER

カリフォルニアハウスのAfter

 

玄関の位置や水回りも移動する大胆なリノベーションで、ライフスタイルにピッタリな理想の間取りに♪

 

築40年の和室をカリフォルニア風の洋室にリノベーション

 

元々和室だったスペースは、西海岸のカリフォルニアテイストでおしゃれに仕上がりました。

 

西海岸風のおしゃれな対面キッチン

 

おしゃれなカウンターキッチン、さわやかなブルーのワークスペースなど、中古+リノベならではのこだわりもたくさん♪

 

 

■築40年のリフォーム済み物件はアリ?

 

リノベーション済み中古物件のダイニングキッチン

 

最近は住宅会社がフルリフォーム・リノベーションした中古住宅もよく見かけますよね。

 

リフォーム済み物件は購入後すぐ住めるのが魅力ですが、築40年前後の場合はできるだけリフォーム前の中古住宅を選ぶのがおすすめです。

 

冒頭でお伝えしたように、築40年の戸建て住宅はメンテナンスが大切です。

 

リフォーム済み物件はどこまでメンテナンスされているのか見えにくいため、見た目はキレイでも床下や天井裏にトラブルが隠れている可能性があるのです。

 

リフォーム済み物件は工事費用と物件価格がセットなので安く見えますが、中間マージンが入りかえって割高になることも少なくありません。

 

時間に余裕がある方は、なるべく自分でリフォームプランを考えてしっかり長く暮らせるマイホームを作りましょう。

 

 

■まとめ

 

築40年の中古住宅リフォーム・リノベで長く暮らすには、物件選びとメンテナンスが大切です。

 

一般の方では物件の見極めが難しい部分もありますので、私たちリノベーションのプロにぜひご相談ください。

 

SHUKEN Reはたくさんの住まいづくりをお手伝いしてきた経験を活かし、物件探しからのリノベーションまでトータルサポートしています。

 

不動産・リノベーション両部門がありますので専門的なサポートが可能です。

 

浦安・恵比寿・世田谷のショップ相談のほか、オンライン相談会も実施しています。

 

どんなご質問・相談もお気軽にお声かけください。

 

【EVENT一覧】

 

【オンライン相談】

 

 


ワンストップリノベ

ワンストップリノベについて

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    施工エリアを事前にチェック
    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください
    ショップページをみる


    来店希望日時

    ※水木祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください →ショップページをみる


    来店希望日時

    ※火水祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    その他アンケート項目
    お時間あればお答えください。(所要時間:30秒)

    何の媒体でSHUKEN Reを
    見たことがありますか(複数選択可)

    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき同意できる場合に、ご送信ください。

    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら