2022-11-17 

リノベーションの意味と種類、リフォームとの違いをわかりやすく解説

スケルトンリノベーションで生まれ変わったLDK

 

最近メディアで見かけることが多くなったリノベーションですが、実際リフォームと何が違うのかと聞かれたら答えるのが難しいですよね。

 

今回はリノベーションという言葉の意味や目的、取り組み方の種類などを詳しく解説します。

 

リフォームとリノベーションの違いや実際の進め方なども紹介しますので、ぜひ家づくり計画の第一歩として参考にして下さい。

 

この記事のポイント
・リフォームとリノベーションの違いを把握し、理想の住まいを作れるようにしましょう。
・フルリノベーション・スケルトンリノベーションなど、種類の違いも解説します。

 

■リノベーションの意味と種類

 

まずはリノベーション自体の目的や意味を掘り下げ、さらに種類ごとの違いもチェックしていきましょう。

 

リノベーション=住まいを作り変える

マンションリノベーション図面のビフォーアフター

 

リノベーションは、住まいに手を加えて新しく作り変えることを意味します。

 


リノベーション【renovation】

1 刷新。改善。

2 修理。修復。

参照:goo辞書


 

語源は英語の「renovation」で、国語辞典を見てみると刷新や修理・修復といった意味が出てきます。

 

英語圏では住宅の修理もリノベーションに含まれますが、日本の住宅業界では「刷新・改善」の意味合いが強いです。

 

特に最近は中古住宅を大幅に改修して新築時より機能や付加価値を高める工事が増えており、リノベーションとして一般化しています。

 

使い方としては「古い家をリノベーションする」「リノベーション計画を立てる」などが一般的です。

 

 

【リノベーションの種類】

 

 

①フルリノベーション

 

フルリノベーションしたおしゃれなLDK

 

住まいの床面積全体を作り直すことをフルリノベーションと呼びます。

 

一般的にはリノベーションと言えばフルリノベーションのことを指すことが多いです。

 

  • オーダー型フルリノベーション(自由設計)
  • パッケージ型フルリノベーション(選択制・定額制)

 

フルリノベーションはさらに自由設計のオーダー型、選択制のパッケージ型に分かれます。

 

オーダー型は間取りや建材・設備を自由に選べる点が魅力ですが、その分費用の幅も大きくなります。

 

パッケージ型があらかじめ用意された標準プランからチョイスするタイプで、リノベーション価格は広さで決まることが多いです。

 

 

②スケルトンリノベーション

 

スケルトンリノベーション中のマンション

 

一戸建てやマンションの構造だけを残し、いったん内装を解体してから作り直すのがスケルトンリノベーションです。

 

スケルトン状態でゼロから作り直すため間取りの自由度が高く、理想のマイホームにリノベーションしやすいのが特徴です。

 

一方既存の内装や間仕切りをすべて解体するため、材料・廃材・工事にかかる費用は少し高めになります。

 

 

③コンバージョン

 

自宅の一部をカフェにコンバージョン

 

リノベーションの内容に加えて、建物の用途自体を変更することをコンバージョンと呼びます。

 

例えば自宅の1階部分を店舗に変更するのは、コンバージョンの一種です。

 

建物の一部を賃貸・倉庫などにコンバージョンして、併用住宅として作り直すのも一つの選択肢です。

 

 

■リフォームとリノベーションの違い

 

シンプルなリフォームの事例

 

リフォームとリノベーションは内容が似ているため混同されがちですが、違いをしっかり理解しておきましょう。

 

 

リフォームとは

 

リフォームは劣化した内装や設備を新築時の状態に戻すことを意味します。

 

年数が経って壊れた設備を新品に交換したり、色あせた壁紙やフローリングを貼り替えたり、見た目や機能を回復させるのがリフォームの目的です。

 

住まい全体の「フルリフォーム」や一度内装を解体する「スケルトンリフォーム」など、規模や工事の進め方でさまざまな呼び方があります。

 

 

リフォームとリノベーションの違い

 

リフォームとリノベーションの違いを一言でまとめると、次のようになります。

 

  • リフォームの目的:新築時の状態に戻す
  • リノベーションの目的:新築以上の性能や使い勝手を持たせる

 

キッチンを例に挙げて考えてみましょう。

 

キッチンリフォームビフォーアフター図面

 

リフォームは古くなったキッチンを新築のときと同じレイアウトで交換し、使い勝手や性能を元に戻すのが目的です。

 

キッチンリノベーションのビフォーアフター図面

 

リノベーションの場合は間取り・レイアウトの変更も検討し、現代のライフスタイルに合わせて使い勝手や性能を向上させるのが目的。

 

リフォーム・リノベーションどちらが優れているということはなく、工事をする目的に合わせて選ぶということになります。

 

例えば今の間取りや設備に不満が無ければ、リフォームでも問題ありません。

 

しかし家族人数やライフスタイルが変わって不満があるなら、リノベーションの方が暮らしやすい住まいを作れる可能性が高いでしょう。

 

【関連コラム】

 

 

■リノベーションのメリット・デメリット

 

 

・メリット

 

新築より安くておしゃれなリノベーション事例

 

リノベーションのメリットとして大きいのは、新築より費用を安く抑えられる点です。

 

中古戸建てやマンションを購入してリノベーションする場合でも、新築の50~70%程度の費用でおしゃれなマイホームを手に入れることができます。

 

新築よりベース物件の数が豊富でエリアも選びやすく、オリジナリティの高いおしゃれなマイホームに仕上げられるのも魅力♪

 

リノベーションのメリットについてはこちらのコラムでも詳しく解説しています。

 

【関連コラム】

 

 

・デメリット

 

物件探しからリノベーションを始める場合、実際に暮らし始めるまである程度時間がかかるのは注意すべきデメリット。

 

また戸建て・マンションどちらの場合も、状態が良くリノベーションに向いている物件を見極める視点も必要になります。

 

特に耐震補強が必要になるとリノベーション費用が高くなるので、築年数や耐震強度のチェックも欠かせません。

 

物件によって住宅ローン減税を受けられないケースもあるなど、税制面のデメリットもあります。

 

リノベーションの注意点やデメリットへの対策は、こちらのコラムも参考にしてみてください。

 

【関連コラム】

 

 

■リノベーションの費用相場は?

 

リノベーションは新築より費用を安く抑えることができるケースが多いです。

 

実際のリノベーションにかかる費用は建物の状態や広さ、選ぶ建材・設備のグレードで大きく変動します。

 

築30年のマンションリノベーション

 

例えば外壁や屋根の塗装が無いマンションは、築30年前後なら費用を予測しやすいです。

 

【関連コラム】

 

築40年の戸建てリノベーション

 

一方築40年前後の戸建て住宅は物件によって状態の差が大きく、リノベーション費用も建物を正確に診断しないと予測が難しいです。

 

【関連コラム】

 

物件種類別にさまざまなリノベーション費用の事例をまとめていますので、こちらも相場の参考にしてみてください。

 

【関連コラム】

 

 

■リノベーションの具体的な進め方

 

おしゃれなマンションリノベーション間取り

 

初めてリノベーションを検討する場合、どのように進めて良いか迷う方が多いと思います。

 

リノベーションの大まかな流れは以下の通りです。

 

  1. ①物件選定~購入
  2. ②現地調査~見積もり
  3. ③契約~着工準備
  4. ④着工~完成

 

特に重要なのは①②のベース物件選びとプラン作りで、どちらもリノベーション費用を左右するので同時進行するのが望ましいです。

 

リノベーションの各工程の詳細についてはこちらのコラムもご覧ください。

 

【関連コラム】

 

また物件探しとプラン作りを一社にまとめて相談できる「ワンストップリノベーション」の会社を選ぶと、手間と費用を節約できます。

 

ワンストップリノベのバナー

ワンストップリノベについて

 

 

■まとめ

 

意味や内容が似ているリフォームとリノベーションですが、目的が異なるため違いをしっかり把握しておきましょう。

 

それぞれの意味をきちんと把握し、理想の住まいづくりにピッタリな選択肢を選んでください。

 

施工事例はこちら

 

東京・千葉・神奈川エリアの住まいづくりは、リノベーション専門店SHUKEN Reにご相談ください。

 

たくさんのリノベーションをお手伝いしてきたノウハウを活かし、お客様にピッタリなプランをご提案いたします。

 

相談会や見学会も随時開催していますので、お気軽にご参加ください♪

 

物件の購入+リノベのリノベーション個別相談会バナー

今住んでいる家のリノベーション個別相談会バナー

購入した家のリノベーション個別相談会バナー

 

ワンストップリノベのバナー

ワンストップリノベについて

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    施工エリアを事前にチェック
    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください
    ショップページをみる


    来店希望日時

    ※水木祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください →ショップページをみる


    来店希望日時

    ※火水祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    その他アンケート項目
    お時間あればお答えください。(所要時間:30秒)

    何の媒体でSHUKEN Reを
    見たことがありますか(複数選択可)

    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき同意できる場合に、ご送信ください。

    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら