SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

YOMIMONO
読み物

2021-04-20 

【間取り図アリ】理想のLDK間取りをつくる♪東京・千葉のおしゃれリノベ事例

おしゃれなLDKの間取り

 

食事にリラックスタイム、お客さんをもてなす応接スペースなど、LDKはたくさんの重要な役割を持っています。

 

家族構成やライフスタイルによって、理想のLDK間取りはさまざま。

 

今回は自由なリノベーションでつくりあげた、理想的なLDK間取りをたくさんご紹介します。

 

縦長・横長などLDKの種類別の特徴やよくある失敗例、おしゃれに仕上げるコツなども解説しますので、住まいづくりの参考にしてください♪

 

■ 理想のLDKをつくるならリノベーション♪

 

オリジナリティの高いLDK

 

住まいの中心であるLDKは、家族構成やライフスタイルに合わせてつくることが大切です。

 

しかし建売の一戸建てや分譲マンションでは間取りが最初から決まっているため、理想的なLDKとズレがあることも少なくありません。

 

自分たちに合わせた理想のLDKを目指すなら、間取りやデザインの自由度が高いリノベーションがおすすめです。

 

自宅LDKの改装をはじめ、最近は中古戸建てやマンションを購入してリノベーションする方も増えてきています。

 

新築住宅にはない自由な住まいづくりで、デザイン・住み心地ともに理想のマイホームを手に入れてみませんか?

 

■ リノベでつくったおしゃれなLDK【間取り図つき】

 

さっそく、リノベーションで実際につくった理想のLDK実例をご紹介します。

 

写真下のリンクページには、寝室や水回りなどLDK以外の写真もたくさんご用意していますので、気になったおうちはぜひチェックしてください♪

 


・1LDK:57㎡

1LDKのリノベーション後間取り図

事例を見る:Case52「デッドスペースのない家」

 

夫婦2人暮らしなら、部屋数を減らして1LDKをつくるのも一つのアイデアです。

 

1LDKならではの広いリビング

事例を見る:Case52「デッドスペースのない家」

 

1部屋減らして広くなったLDKは、窓の数も増えて明るく開放的な間取りになりました。

 

ソファと別にチェアを置くスペースも生まれ、リビング内でそれぞれの過ごし方をすることもできます。

 

生活感が見えないおしゃれなリビング

事例を見る:Case52「デッドスペースのない家」

 

キッチンとリビングがL型配置になり、同じ空間ながら生活感の見えないおしゃれなお部屋になっています。

 

土間コンクリート床のキッチン

事例を見る:Case52「デッドスペースのない家」

 

キッチンの床は玄関から続く土間仕上げで、靴のまま荷物を冷蔵庫に運ぶことができます。

 

夫婦二人暮らしに向いているLDKづくりは、こちらのコラムもどうぞ。

【関連コラム】

 

 


・2LDK:88㎡

リノベーション後の2LDK間取り図

事例を見る:Case107「大人のインダストリアル」

 

2~3人家族なら、お部屋の広さに余裕がある2LDKがおすすめ。

 

大きな窓の明るいLDK

事例を見る:Case107「大人のインダストリアル」

 

大きな窓に面した明るいLDKは、元の和室をつなげて解放感を大幅にアップ♪

 

リビングを見渡せる対面キッチン

事例を見る:Case107「大人のインダストリアル」

 

作業中もリビングの様子が見える対面キッチンですが、コンロ前と立ち上がりの壁で上手に生活感を隠しています。

 

二つのドアがある回遊性の高い間取り

事例を見る:Case107「大人のインダストリアル」

 

LDKから廊下と寝室どちらにも行ける回遊性の高い間取りで、効率的な動線を描けるのも便利です。

 

2LDKの間取りアイデアはこちらでもまとめています。

【関連コラム】

 

 


・3LDK:86㎡

リノベーション後の3LDK間取り図

事例を見る:Case61「無垢を感じる。陰影を見る。」

 

お子さん2人の4人家族なら、「夫婦の寝室+子供部屋×2」の3LDKがピッタリ。

 

広々としたLDK

事例を見る:Case61「無垢を感じる。陰影を見る。」

 

ご夫婦の寝室はあえて壁を設けず、横長リビングの解放感をアップさせています。

 

間接照明がおしゃれなリビング

事例を見る:Case61「無垢を感じる。陰影を見る。」

 

間接照明の落ち着く雰囲気で、おやすみ前のひとときを過ごすスペースにピッタリ♪

 

間接照明がおしゃれなダイニングキッチン

事例を見る:Case61「無垢を感じる。陰影を見る。」

 

対面キッチンも間接照明でおしゃれに演出し、ホテルライクに仕上げています。

 

3LDKの間取り事例はこちらも要チェックです。

【関連コラム】

 

 


・4LDK:75㎡

リノベーション後の4LDK間取り図

事例を見る:Case72「成長を見守る白い家」

 

4人家族でも1部屋余裕がある4LDKは、ライフスタイルの変化に柔軟に対応しやすいのが魅力。

 

ホワイトにまとめた明るいLDK

事例を見る:Case72「成長を見守る白い家」

 

LDKの床面積は確保しにくくなってしまいますが、内装をホワイトに統一して圧迫感なくおしゃれに仕上げました。

 

家具や建具までホワイトに統一したリビングダイニング

事例を見る:Case72「成長を見守る白い家」

 

天井と壁だけでなく、建具やテーブル、テレビボードまでホワイトでトータルコーディネート。

 

リビングの勉強机

事例を見る:Case72「成長を見守る白い家」

 

奥まったリビングデスクは、お子さん2人の勉強スペース。

 

子供部屋に勉強机を置かずコンパクトにまとめて、広いリビングをつくる間取りアイデアです。

 

 

マンションリノベ

マンションリノベについて詳しくみる

 

■ LDKレイアウトの種類

 

一般的な住宅で多いLDKレイアウト4パターンの特徴を解説します。

 

・縦長(I字)

 

縦長リビングの間取り

 

キッチン・ダイニング・リビングを一直線に並べる縦長LDKは、奥行感が出てそれぞれゾーニングしやすいレイアウトです。

 

壁の量が多いので家具を配置しやすいのも縦長LDKのメリット。

 

ただし奥行きがある分移動距離が長くなるため、効率の良い動線を心がける必要があります。

 

【関連コラム】

 

・横長

 

明るい横長リビングの間取り

 

キッチンに対してリビングとダイニングが横並びのレイアウトは、広い間口と大きな窓による開放感が魅力♪

 

キッチンからリビング・ダイニングへの動線効率が良く、窓からの距離も近いので奥まで明るいお部屋をつくりやすい点もメリットです。

 

一方壁の量が少なくなるので、ソファやテレビ、ダイニングテーブルの配置には工夫が求められます。

 

【関連コラム】

 

・正方形

 

正方形リビング

 

縦長と横長の中間的な正方形LDKは、それぞれのメリットを併せ持っている間取りといえます。

 

広い窓と適度な奥行感があり、家具のレイアウト自由度が高いため模様替えしやすい点も魅力的。

 

ただし床面積によっては中途半端な印象になってしまう場合があり、壁との距離が近いと逆に家具配置が難しいケースも。

 

【関連コラム】

 

 

・L型

 

L型リビングの間取り

 

リビング・キッチン・ダイニングをL型に並べたレイアウトは、それぞれのスペースの独立性を確保しやすいのが特徴です。

 

リビングから直接キッチンが見えにくいので、生活感なくリラックスできる空間を作れます。

 

間口が狭いと圧迫感が出やすく、窓配置によっては奥に光が届きにくい点は対策が必要です。

 

【関連コラム】

 

■ LDKの間取りで失敗しやすいポイント

 

おしゃれなLDK空間

 

・キッチンの生活感が見えて落ち着かない

 

アイランド型やペニンシュラ型などオープンキッチンレイアウトでは、リビングからキッチンの生活感が丸見えになってしまうケースも多いです。

 

ソファでくつろいでいるときにシンクの洗い物が目に入ると、せっかくのおしゃれ空間が台無しに…。

 

お客さんをリビングに招く際も、慌ててキッチンを片付けることになりかねません。

 

【対策】⇒パントリーやカップボードで生活感を見せない

 

おしゃれなパントリーとカップボード

 

オープンキッチンの生活感を上手に隠すには、パントリースペースやカップボードで収納力を確保するのが効果的です。

 

吊戸棚のないオープンキッチンは収納力が不足しがちなので、間取りの工夫で補って余計なモノが出ていない状態をキープしましょう。

 

収納たっぷりのキッチンはスッキリ片付くだけでなく、使いやすくお料理効率がアップするのもメリットです。

 

【関連コラム】

 

 

・収納がなくて物が散らかる

 

寝室や居室のクローゼットは確保しても、LDKに収納がなくて困った…というのもよくある失敗パターン。

 

家族みんなが過ごすLDKはいろいろなアイテムが集まりやすく、収納がないとすぐにモノが散らかってしまいます。

 

【対策】⇒間取りのアイデアでリビング収納をつくる

 

畳小上がりの床下収納

 

収納でリビングの居住スペースに圧迫感が出ないよう、いろいろな間取りアイデアを駆使してみましょう。

 

  • ・壁面収納でスッキリおしゃれに仕上げる
  • ・畳小上がりの床下を収納にする
  • ・壁厚を利用して小物入れや本棚をつくる
  • ・窓やドア上などデッドスペースを棚にする

 

アイテムごとに収納する場所が決まっている状況をつくれれば、モノが散乱するのを効率的に防げます。

 

リビングの床面積を削らずに収納をつくるテクニックもたくさんありますので、上手に採り入れてみてください。

【関連コラム】

 

 

・ソファとダイニングテーブル以外に座る場所がない

 

一般的なLDKでは食事はダイニングテーブル、家族の団らんはソファというレイアウトが多いですよね。

 

こうしたレイアウトはお子さんが小さいうちは問題ありませんが、思春期を迎えると座る場所がなく居心地が悪くなる可能性が高いです。

 

【対策】⇒LDK内のパーソナルスペースを確保する

 

畳小上がりのあるリビング

 

家族みんなが快適に過ごせるコミュニケーションLDKを目指すなら、ソファ以外のパーソナルスペースも確保しましょう。

 

リビングの一角に設ける畳小上がりは、チェアなしで気軽に座れるおすすめの間取りです。

 

集中したいときに個室化できるリビング間仕切りも、快適なパーソナルになります。

 

LDKのレイアウトに工夫して、ほどよい距離感にソファやチェアを分散できるようにするのも効果的です。

 

【関連コラム】

 

・冷暖房が効きにくい

 

一つなぎの広いLDKは空気の体積が増えるので、冷暖房効率が悪化しやすいのも要注意ポイントです。

 

広い間取りは窓の数が増えるため、外気の影響を受けやすくなることも原因の一つ。

 

【対策】⇒窓の断熱性をアップ

 

窓の断熱性イメージ

 

暑さや寒さは熱伝導性が高いガラス窓から侵入する割合が大きいので、窓の断熱性をアップすると冷暖房が効きやすくなります。

 

いまのお住まいがシングルガラスの場合、LDK全体をペアガラスにするだけでもかなり冷暖房効率に効果的です。

 

大きな窓や北側で冷気が気になる窓は、さらに断熱性能の高い二重サッシを選ぶのもおすすめ。

 

夏のエアコン、冬の暖房両方効きやすくなり、窓が結露しにくくなるうれしい効果も期待できます。

 

■ LDKをおしゃれに仕上げるコツ

 

・カラーと材質を統一する

 

統一感のあるLDK

 

住まいの中で一番広いLDKはついいろいろなデザインを盛り込みたくなりますが、なるべく統一感を持たせるようにしましょう。

 

フローリングはダーク、窓枠はナチュラル、ドアはパステルカラー、といったように統一感がないと雑多な印象になってしまいます。

 

材質やカラーを変えてアクセントにするのはおしゃれですが、統一したテイストに「チョイ足し」するのがおしゃれに魅せるコツです。

 

まずはベースとなるテイストをしっかりと決め、材質やカラーを統一するところから始めましょう。

 

・ライティングにこだわる

 

おしゃれなライティングのLDK

 

おしゃれに仕上げた内装は、ライティングプランでさらに素敵な印象に魅せることができます。

 

ただ必要な明るさを確保するだけでなく、こだわりのライティングでおしゃれなイメージを目指してみましょう。

 

間接照明やスポットライトで明暗を付けたLDKは、豪華なホテルや高級レストランのようになりますよ♪

 

【関連コラム】

 

 

・家具の配置も同時に考える

 

家具やインテリアとトータルコーディネートしたLDK

 

素敵なお部屋は、組み合わせるソファやテーブルとのトータルコーディネートでさらに輝きます♪

 

間取りや内装デザインを考えるのと同時に、そこに置く家具も考えてみましょう。

 

ご自身でピッタリなインテリアを見つけるのが難しい場合は、私たちプランナーにぜひご相談ください。

 

お部屋作りのプロ目線で、素敵なインテリアコーディネートをお手伝いさせていただきます♪

 

■ まとめ:リノベーションで理想のLDKを作ってみましょう♪

 

いまのお住まいやこれから探している物件の間取りがしっくりこないときは、自由なリノベーションで理想のLDKを考えてみませんか?

 

住まいの主役であるLDKにこだわると、グッと満足度の高いマイホームになりますよ♪

 

理想のLDKで効率良く、おしゃれなライフスタイルを実現して、家族みんなで楽しく過ごしましょう。

 

私たちSHUKEN Reは、東京・千葉エリアを中心に理想の住まいづくりリノベをお手伝いしています。

 

ここではご紹介しきれないたくさんのLDK間取りも公開していますので、こちらもぜひご覧ください。

 

施工事例のバナー

 

東京世田谷のショップと千葉浦安の本店、さらにオンラインでのご相談も受け付けています。

 

住まいづくりだからとあまり構えすぎず、お家づくりが大好きなスタッフと一緒にワイワイ理想の間取りを考えてみましょう♪

 

【オンライン相談】

 

【EVENT一覧】

 

SHUKEN Reのスタッフ

【私たちについて】

 

このコラムを見た人におすすめ


・リノベーションでシンプルなリビングをつくるメリット|東京・千葉のリビング写真事例

・タイル壁がおしゃれなリビングリノベ事例♪内装にタイルを使うメリット・デメリット

・リビングクロークで快適おうち時間♪おしゃれで便利なリノベ実例集【東京・千葉】

・令和のくつろげるリビングづくり|おしゃれなリビングリノベーション【東京・千葉】


マンションリノベ

マンションリノベについて詳しくみる

リノベ事例集の請求

施工エリアを事前にチェック
東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

SHUKEN Reのリフォームブックや
イベントのご案内をお送りいたします。


    施工エリアを事前にチェック
    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市
    神奈川県 横浜市・川崎市
    千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    お名前必須


    ふりがな必須


    電話番号必須

    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須


    ご住所必須


    ご年代必須


    ご検討内容必須


    リノベーションご検討先必須


    リノベーションご検討先の ご住所


    個別相談必須


    リノベーションご検討の物件種類必須


    リノベーション完了ご希望時期必須


    ご予算必須


    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください
    ショップページをみる


    来店希望日時

    ※水木祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須


    個別相談必須


    リノベーションご検討の物件種類必須


    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須


    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)必須


    気になる物件


    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください →ショップページをみる


    来店希望日時

    ※火水祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    その他アンケート項目

    お時間あればお答えください。(所要時間:30秒)

    何の媒体でSHUKEN Reを
    見たことがありますか(複数選択可)


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき同意できる場合に、ご送信ください。

    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    1998年創業の株式会社秀建を母体とし、住宅のリノベーションに特化して素敵な暮らしをご提案。グループ会社とのアライアンスにより、商業施設・公共工事・再生エネルギー・不動産・造作家具まで多岐に渡るご相談を承り、その実績をベースに、高いデザイン力と安心の施工力をご提供しています。

    この住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら