SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

YOMIMONO
読み物

2020-11-05 

縦長リビング×壁付けキッチンのおしゃれ間取り|東京のリノベ事例

おしゃれな壁付けキッチン

 

キッチンのリフォーム・リノベーションでは開放的なオープンキッチンが人気ですが、スタンダードな壁付けキッチンも忘れてはいけません。

 

縦長リビングと省スペースな壁付けキッチンは、すっきりおしゃれな空間づくりにとてもおすすめです。

 

今回はおしゃれな壁付けキッチンの間取り事例をピックアップし、おしゃれに仕上げるテクニックを解説します。

 

キッチンリノベでは対面レイアウトやオープンキッチンだけでなく、ぜひ壁付けキッチンも一緒に検討してみましょう。

 


目次
■リノベーションであえて壁付けキッチンを選ぶ理由
■縦長リビング×壁付けキッチンのリノベ間取り事例
■壁付けキッチン検討時の注意ポイント
■壁付けキッチンのオシャレテクニック


 

 

■リノベーションであえて壁付けキッチンを選ぶ理由

 

壁付けキッチンの間取り

 

壁付けのI型キッチンと聞くと、「古い間取り」「デザイン的につまらない」というイメージを受けるかもしれません。

 

日本の住宅で標準仕様的に使われてきた壁付けキッチンですが、最近流行りの対面レイアウトとくらべてたくさんのメリットがあります。

 

・省スペース

 

壁に沿って配置するI型キッチンは、通路を設ける必要がなく省スペースな点が大きなメリット。

 

アイランドキッチンや対面キッチンの場合、十分な通路幅を確保しないと使いにくくなってしまいます。

 

通路のいらない壁付けレイアウトなら床面積の消費が少なく、リビングに圧迫感が生まれません。

 

リビングに広い居住スペースを確保したいケースや、オープンキッチンだとかえって使いにくいケースでは、壁付けキッチンを選ぶメリットも大きいです。

 

・キッチンがよく見えておしゃれ

 

壁付け配置のキッチンは、リビングから良く見えるケースが多いためおしゃれに仕上げやすいのも意外なメリット。

 

「おしゃれなキッチン」を考えると対面レイアウトのオープンキッチンをイメージする方が多いですが、カウンターでリビングから見えないことも多いです。

 

壁付けキッチンはリビングから正面が見えるため、扉のカラーや照明にこだわってあげるととてもよく映えます。

 

最近は大手メーカーのキッチンもおしゃれなラインナップが多く、造作キッチンでデザインにこだわることもできます。

 

おしゃれなキッチン空間に仕上げたいなら、ぜひ一つの選択肢として壁付けキッチンも検討してみてください♪

 

・収納量を確保しやすい

 

壁付けキッチンは吊戸棚をつけても圧迫感が出にくく、収納量を確保しやすいのも大きなメリットです。

 

アイランドやペニンシュラなどの対面レイアウトでは、吊戸棚をつけてしまうと魅力の一つである解放感がなくなってしまいます。

 

キッチン自体も壁に沿って大きなサイズを選びやすく、キャビネット自体の収納量も作りやすいです。

 

たくさんのアイテムがあるキッチンは収納不足が悩みに挙がりやすいため、壁付けレイアウトの収納力はとても魅力。

 

お料理が趣味な方、お子さんが居てたくさんの食事を作る方は、壁付けレイアウトのメリットが大きくおすすめです。

 

・ニオイが広がりにくい

 

コンロの前がふさがれている壁付けキッチンレイアウトは、リビングにお料理のニオイが広がりにくいのもgoodポイント。

 

煙や水蒸気は壁に沿って立ちあがる性質があるため、正面に大きな壁があると効率的な換気につながります。

 

お魚やガーリックなど、ニオイが強いお料理をすることが多い方は、対面レイアウトより壁付けの方がいいかもしれません。

 

・ダイニングテーブルとの距離が近い

 

キッチンから近い場所にダイニングテーブルを配置することができるため、配膳効率が良いのもメリットです。

 

対面レイアウトだとキッチンを回り込む必要がありますが、振り返ってサッとお皿を並べることができます。

 

家族が多くたくさんのお料理を作る場合も、家事負担を軽減することができます。

 

■縦長リビング×壁付けキッチンのリノベ間取り事例

 

実際のリノベーションで仕上げた、おしゃれな壁付けキッチンレイアウトの写真をピックアップしました。

 

縦長リビングとの組み合わせや使い勝手にも注目してみてください。

 

壁付けキッチンのLDK

 

キッチン・食器棚・冷蔵庫を壁に沿って配置した、無駄のないレイアウトです。

 

扉と壁タイルのカラーをホワイトに統一しているため、壁になじんでリビングからスッキリ見えるのがデザインの特徴。

 

キッチンと冷蔵庫

 

部屋の形を利用したワークトップを背面に設けているため、2列型キッチンのように効率良くお料理することができます。

 

 

 

 

 

壁付けキッチンの間取り

 

壁付けキッチンの扉と壁パネルをブラックに統一した、スタイリッシュなデザインです。

 

ライティングされたキッチンは、LDKのおしゃれなアクセントとしても機能しています。

 

仕上がったお料理をサッと並べられる位置にダイニングテーブルがあるのも、とても効率的♪

 

 

 

 

 

カウンター付きの壁付けキッチン

 

シンプルなI型壁付けキッチンの背面には、大型の造作ワークカウンターを設置。

 

リビングから生活感が見えにくくなり、広いワークトップで振り返りながら効率良くお料理もこなせるレイアウトです。

 

キッチンが見えないLDK

 

特にキッチンが見えやすい縦長リビングレイアウトをスッキリ見せたいなら、さりげなく隠してくれるおすすめの間取りです。

 

 

 

 

壁付けキッチンの間取り

 

非常にシンプルな縦長リビングの解放感はそのままに、キッチンの利便性を高めるカウンターを配置。

 

2段になったカウンターは調理家電や食材を置いてもリビングから見えず、急な来客があっても慌てて片付けることがありません。

 

縦長リビング

 

カウンターの左右に動線を設けているため、最短距離で効率良く動けるのもさりげない工夫。

 

 

 

 

 

レンガ床の壁付けキッチン

 

キッチンにあえて段差をつけたレンガ床を設け、一つなぎのLDK空間の中で緩やかにゾーニング。

 

フローリングのように水はねや油汚れを気にせずに済むため、マットを敷かずにお掃除手間を軽減できます。

 

シンプルな壁付けキッチンも、レンガ床との組み合わせでとてもおしゃれに仕上がりました。

 

 

 

■壁付けキッチン検討時の注意ポイント

 

壁付けキッチンの間取り

 

スタンダードな壁付けキッチンレイアウトですが、使いやすく仕上げるためには細かな部分への注意が必要です。

 

・床の水はね

 

一つなぎのLDK空間に壁付けキッチンを配置する場合、床の水はねや油汚れには注意が必要です。

 

床面をフローリングで統一する場合、水はねが蓄積するとしみや汚れが目立つケースもあります。

 

キッチンマットを敷いたり頻繁にお掃除したりするのが難しい場合、キッチン部分だけ床材を変えるのがおすすめ。

 

水・油に強いクッションフロアはもちろん、デザインにこだわりたいならタイルやレンガ床も素敵です。

 

キッチンの扉材と組み合わせておしゃれな空間に仕上げることもできますので、リビングの景観を損なうこともありません。

 

・ワークスペースの広さ

 

シンプルな壁付けキッチンは、幅によってワークスペースが不足することもあるため注意しましょう。

 

最近のシステムキッチンはシンクが大型化しているため、同じキッチン幅でもワークスペースが減ってしまうケースもあります。

 

いざ使い始めたら作業しにくいということも考えられますので、必ずワークスペースのサイズを確認しましょう。

 

ワークスペースが減ってしまう場合は、カウンターとして使える収納を造作して補填する方法があります。

 

カウンターの設置が難しい場合は、造作キッチンやオーダーキッチンでワークスペースを確保するのも一つの手段。

 

・調理家電の配置

 

壁付けのI型キッチンには電子レンジやポットなどの調理家電スペースを設けるのが難しいため、置き場所をしっかり考えましょう。

 

市販のキャスター付きキャビネットを活用する方法もありますが、できれば定位置に収納したほうが使いやすくキレイに収まります。

 

上でご紹介したカウンターの上下にスペースを設けると、振り返ってすぐ使えるため便利です。

 

キッチンのすぐ隣にパントリースペースを設け、その中に入れてしまう方法もあります。

 

■壁付けキッチンのオシャレテクニック

 

おしゃれな壁付けキッチンの間取り

 

シンプルな壁付けキッチンですが、ちょっとしたテクニックでおしゃれに仕上げることができます。

 

・壁仕上げにこだわる

 

キッチン本体のデザインに加えて、リビングからよく見える壁のカラーと材質にこだわるととてもおしゃれに仕上がります。

 

最近はツルツルのキッチンパネルが主流ですが、オリジナリティの高いタイル仕上げもおすすめです。

 

好みに合わせて豊富なデザインから選べるため、パッと見た瞬間に「おしゃれだな」と感じるインパクトをプラスできます。

 

・照明にこだわる

 

日中でも照明をつけることが多いキッチンは、ライティングにこだわることでグッとおしゃれ度がアップします。

 

手元を照らす明るさを確保しつつ、補助照明などをつかって扉や壁をおしゃれに照らしてみましょう。

 

モデルルームで見かけるような高級感を出すことができるため、費用対効果の大きい工夫です。

 

・キッチンカウンターをつくる

 

キッチンとリビングの間にカウンターをつくって、対面レイアウトのような見た目に仕上げるのも定番おしゃれテクニック。

 

リビングから見えるキッチンの印象を調整しやすく、使い勝手も向上する一石二鳥の間取りです。

 

少し広いスペースが必要になりますが、LDKに余裕があるなら選択肢の一つに加えたい間取りですね。

 

■まとめ:おしゃれで使いやすい壁付けキッチンリノベーション♪

 

ちょっと古いイメージのある壁付けキッチンですが、ちょっとした工夫でとってもおしゃれに仕上がります♪

 

省スペースで使い勝手よくすることもできますので、キッチンリノベの選択肢としてぜひ検討してみてください。

 

SHUKEN Reはたくさんのキッチンリノベをお手伝いしてきた経験をもとに、お客様のご要望をヒアリングしてピッタリなプランをご提案します。

 

SHUKEN Reのスタッフ

 

【私たちについて】

 

女性目線の使いやすさ、LDK全体のデザインなど妥協しない間取りづくりで、理想のキッチンに仕上げましょう。

 

千葉県浦安市の本店と、東京都世田谷区のリノベショップでは、造作キッチンの間取りを体感いただけます。

 

いまのキッチンのお悩みなどもご相談いただけますので、お気軽に遊びに来てくださいね♪

 

【店舗一覧】

【オンライン相談会の詳細はコチラ

 

このコラムを見た人におすすめ


理想の間取りをかなえる造作キッチン|システムキッチンとの違い

収納たっぷりの家事ラクオープンキッチンをつくる|東京・千葉のリノベーション実例

パントリーのあるキッチンリノベ特集|毎日の料理をおしゃれに楽しく♪

おしゃれなカウンターキッチンで楽しくお料理♪|東京・千葉のリノベ事例

家事動線リノベでスッキリ暮らそう|時短&家事ラクテクニック事例

リノベで検討したい、人気の間取り