SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

YOMIMONO
読み物

2021-04-22 

リノベでつくった使いやすいキッチン実例集|東京・千葉のおしゃれな間取り

おしゃれで使いやすいキッチン

 

食事やおやつの用意、食器の後片付けなど、使う頻度が高いキッチンの使いやすさは住まいの中でも重要度の高いポイント。

 

収納たっぷりで使いやすいレイアウトのキッチンは、負担を軽減して毎日の家事を楽しい時間にしてくれます♪

 

今回はリノベーションでつくった、使いやすいキッチンの間取りをピックアップしてご紹介します。

 

使いやすいキッチンをつくるためのコツも解説しますので、理想のキッチン空間を目指す方はぜひチェックしてみてください♪

 


目次

■そのキッチン、実は使いにくいかも…?

■リノベでつくった使いやすいキッチン実例

■使いやすいキッチン間取りをつくるコツ


 

■そのキッチン、実は使いにくいかも…?

 

キッチンの引き出しキャビネット

 

毎日何気なく使っているキッチンですが、高さやレイアウトがあわず、使い方の工夫で乗り切っているという方も多いですよね。

 

新築のマンションや戸建てに最初からついているキッチンは多くの人に合うよう設計されているので、体やお料理スタイルに合わないことも…。

 

リフォームやリノベーションで自分好みのキッチンをつくると、あまりの使いやすさにビックリする方も少なくありません。

 

もしキッチン交換のタイミングが来ているなら、単純に同じ形で入れ替えるだけでなく、理想の使いやすいレイアウトを考えてみましょう♪

 

■リノベでつくった使いやすいキッチン実例

 

使う方にピッタリ合わせてつくった、理想的なキッチンリノベーション実例をご紹介します。

 

収納・動線・デザインなど、いろいろなポイントに注目してみましょう。

 

写真下のリンク先にはお住まい全体の写真もありますので、気になるキッチンがあったらチェックしてみてくださいね♪

 


使いやすい二列型キッチン

事例を見る:Case106「Happy Family Home」

 

使いやすさ、デザインともにこだわった、おしゃれな二列型キッチンです。

 

二つのキャビネットに十分な収納を確保し、目線の高さでサッと物が取れるオープン棚と吊り下げフックを設置。

 

広いワークトップの二列型キッチン

事例を見る:Case106「Happy Family Home」

 

2つのキャビネットをずらすことで、コンロ・シンク・冷蔵庫のワークトライアングルもバランスよく仕上がりました。

 


動線効率の良いペニンシュラキッチン

事例を見る:Case98「マンチェスター・テイスト」

 

ペニンシュラキッチンのカウンターをダイニングテーブル替わりにして、効率良く食事をとれる便利なレイアウトです。

 

ダイニングテーブル替わりになるペニンシュラキッチン

事例を見る:Case98「マンチェスター・テイスト」

 

リビングに対して縦置きのキッチン配置は、回り込むことなく効率良い動線を描くことができます。

 

コンロ横のオープン棚

事例を見る:Case98「マンチェスター・テイスト」

 

吊戸棚がない代わりにコンロ横のオープン棚を設け、調味料やお皿をサッと取り出せるようになっています。

 


L型レイアウトの独立キッチン

事例を見る:Case97「クラシカル&リラックス」

 

お料理にこだわる本格派の方には、収納をたっぷり作りやすい独立キッチンレイアウトもオススメです。

 

L型キッチンを壁いっぱいに配置し、たっぷり作業スペースも確保。

 

ダイニングから見た独立キッチン

事例を見る:Case97「クラシカル&リラックス」

 

独立キッチンはリビングとダイニングにニオイが広がりにくく、油や水撥ねの影響が少ないのも魅力的です。

 


回遊性の高い二列型キッチン

事例を見る:Case95「2つのロフトがある家」

 

ぐるりと一周できるアイランドキッチンの回遊性と、作業効率に優れる2列型キッチンのメリットを組み合わせたレイアウトです。

 

左右どちらからでも出入りできるため、複数人でのお料理にもピッタリ♪

 

収納たっぷりの使いやすいキッチンキャビネット

事例を見る:Case95「2つのロフトがある家」

 

キャビネットにたっぷり収納力があるため、吊戸棚やカップボードがなくても使い勝手はバッチリです。

 


オープンレイアウトのL型キッチン

事例を見る:Case92「シンプル&ナチュラル」

 

作業効率の高いL型キッチンの対面レイアウトと、便利なパントリーの組み合わせです。

 

対面配置のL型キッチン

事例を見る:Case92「シンプル&ナチュラル」

 

シンク側は対面キッチンの開放感があり、壁に面したコンロは油はねを抑えることができるのが良いですね♪

 

大きなパントリーの内部

事例を見る:Case92「シンプル&ナチュラル」

 

パントリーは常温の食材と食器をたっぷり収納でき、キッチンが片付いて効率的なお料理が可能。

 

さわやかなブルーの壁は、キッチンのおしゃれなアクセントにもなっています♪

 


使いやすい壁付けキッチンとカウンター

事例を見る:Case76「幸せのほっこりLDK」

 

シンプルな壁付けキッチンも、ちょっとした工夫でとっても使いやすくなります♪

 

ダイニング側のカウンターはワークトップになり、二列型キッチンのように振り返りながらお料理がこなせます。

 

家電も収納できるキッチンカウンター

事例を見る:Case76「幸せのほっこりLDK」

 

電子レンジや炊飯器、ポットなどの調理家電の収納スペースにもなり、キッチンがスッキリ片付くのもメリット♪

 

生活感が見えない壁付けキッチン

事例を見る:Case76「幸せのほっこりLDK」

 

カウンターがキッチンの目隠しにもなり、生活感をうまく隠してくれるのも素敵です。

 

デザインリノベデザインリノベについて詳しくみる

 

■使いやすいキッチン間取りをつくるコツ

 

・高さを自分に合わせる

 

ワークトップの高さを確認

 

キッチンのワークトップが低すぎると首や肩が痛くなり、高すぎると力が入りにくくケガをしやすくなってしまいます。

 

キッチン選びの際は、必ず自分の身長に合わせたワークトップの高さを確認しましょう。

 

使いやすいキッチンの高さは「身長 ÷ 2 + 5cm」と言われていますが、これはあくまで目安の数字。

 

必ず実物のキッチンに立ってみて、洗い物や食材のカット、鍋降りなど実際の作業をシミュレーションしてみましょう。

 

ショールームで確認するときは、普段はいているスリッパやまな板の高さを控え、なるべくリアルな状況をつくってみてください。

 

・ワークトライアングルを確認する

 

コンロ・シンク・冷蔵庫のワークトライアングル

 

キッチン・冷蔵庫・シンクの三点を結ぶ線を「ワークトライアングル」と呼び、バランスよく配置する作業効率がアップします。

 

例えば冷蔵庫とシンクが遠いと、食材を取り出して洗うまでの移動距離が増えてしまいますよね。

 

距離が近すぎても使いにくくなっていまいますが、振り返ってサッと作業できるスペースが理想的です。

 

特にワークトライアングルが長くなりやすいI型キッチンは、冷蔵庫の配置を工夫してみましょう。

 

・LDK全体の動線を考える

 

動線効率の良いLDK

 

キッチン内だけでなくダイニングテーブルやリビングのソファなど、全体の動線効率も考えるとさらに使いやすく仕上がります。

 

お料理の配膳や食器下げ、食事やソファでの談笑中に飲み物を取りに行くときなど、いろいろな動線をシミュレーションしてみましょう。

 

特にダイニングテーブルの配置はキッチンとセットで考えることが大切です。

 

お買い物から帰ってきたときの玄関から冷蔵庫までの動線なども考えると、さらに家事ラクキッチンになりますよ♪

 

・収納量を確保する

 

収納たっぷりのL型キッチン

 

キッチンの収納量と配置は、使いやすさに直結する重要なポイント。

 

特に素早く物を出し入れできる目線の高さに収納を充実させると、お料理効率がアップします。

 

調理器具や調味料など使用頻度の高いアイテムは、扉のないオープン収納にするとサッと使えて便利です。

 

おしゃれなアイテムでそろえれば、キッチンのアクセントにすることもできます。

 

正面だけでなく背面、左右の壁も使って、十分な収納量を使いやすく配置してみましょう。

 

・ワークスペースを広くつくる

 

広いワークトップのペニンシュラキッチン

 

食材の下ごしらえや一時置き場など多目的に使うワークスペースに余裕があると、いろいろな作業を同時進行して効率良くお料理できます。

 

キッチン本体のカウンターだけでなく、カップボードのカウンターなども活用すると広いワークスペースになります。

 

・いらないものを捨てる

キッチンの引き出し

 

いまのキッチンを新しく作り変える際は、まず必要のないものを整理するところから始めましょう。

 

使わないアイテムがあると良く使うアイテムを取り出しにくいですし、余計な収納スペースが必要になってしまいます。

 

しばらく使っていない物やなくても問題ない物、コンパクトなアイテムに買い替えられる物など、整理整頓の良い機会にしてみましょう。

 

・調理家電の置き場とコンセントを確保する

 

キッチンの調理家電置き場

 

お料理に欠かせない炊飯器・電子レンジなどの調理家電の配置も、使いやすさに直結する要素です。

 

邪魔にならずすぐに使えるよう、しっかり場所を確保してあげましょう。

 

コンセントが足りずに延長コードを使うことが無いよう、必要な数を確保するのも忘れずに。

 

■おしゃれで便利なキッチン間取りアイデア

 

・パントリー

 

大きなキッチンパントリー

 

キッチンと隣接するパントリースペースは、収納力と使いやすさを大きくアップしてくれる人気の間取りです。

 

食器や調理器具、常温の食材や調味料のストックなどをしまえて、必要な時にサッと取り出せるためお料理効率が良くなります。

 

キャビネット収納に余裕がでるため、普段使いのアイテムが出し入れしやすくなるのも効率化につながるポイント。

 

1畳前後のコンパクトなパントリーでもかなり使い勝手が変わりますので、マンションでも積極的に検討してみましょう。

 

・対面カウンター

 

対面キッチンのカウンター

 

I型・ペニンシュラ型・アイランド型キッチンの対面レイアウトでは、ダイニングカウンター替わりに使えるカウンターも便利です。

 

配膳や食器を下げるときの一時置き場、朝食やおやつなど軽食をこなすテーブル、バー気分でお酒を楽しむなど使い方はさまざま♪

 

カウンターの見せ方やスツールとの組み合わせで、LDKをおしゃれに演出できるのも魅力的です。

 

・回遊性の高いレイアウト

 

回遊性の高いアイランドキッチン

 

ぐるりと一周できるアイランドキッチンは、作業内容に合わせて最短ルートを選べる効率の良いレイアウトです。

 

I型キッチンも3方向に壁をつくることで、アイランドキッチンと同じような回遊性を持たせることができます。

 

少し広いスペースが必要になりますが、LDKの床面積に余裕があるなら検討してみましょう。

 

■まとめ:使いやすいキッチンで毎日のお料理を楽しく・効率的に♪

 

毎日の食事を支えるキッチンの使いやすさは、家事の負担や住まいの満足度に大きく関わります。

 

お料理スタイルに合わせたキッチンレイアウトを考えて、食事の支度も楽しくこなしちゃいましょう♪

 

私たちSHUKEN Reはライフスタイルに合わせたリノベプランで、理想の使いやすいキッチン作りをお手伝いしています。

 

ほかにもたくさんの素敵なキッチン事例をご紹介していますので、こちらもぜひチェックしていってください♪

 

【キッチンリノベ実例一覧】

 

東京世田谷のショップ、千葉浦安の本店と、オンラインでも相談を受け付けています。

 

住まいづくり大好きな私たちスタッフと一緒に、ワイワイ盛り上がりながらキッチンのことを考えてみましょう♪

 

 

【EVENT一覧】

 

【オンライン相談】

 

SHUKEN Reのスタッフ

【私たちについて】

 

このコラムを見た人におすすめ


・対面キッチンで必ず検討したい「フラット」or「造作対面」、それぞれの特徴を解説

・サブウェイタイルでカフェ風のおしゃれなキッチンに変身!【東京・千葉のリノベーション実例付き】

・リノベでつくる可愛いキッチン特集♪東京・千葉のおしゃれキッチン実例

・理想のダイニングキッチンレイアウトをつくる|東京・千葉のおしゃれリノベ実例


デザインリノベデザインリノベについて詳しくみる

監修者情報

SHUKEN Re 編集部

SHUKEN Re 編集部

1998年創業の株式会社秀建を母体とし、住宅のリノベーションに特化して素敵な暮らしをご提案。グループ会社とのアライアンスにより、商業施設・公共工事・再生エネルギー・不動産・造作家具まで多岐に渡るご相談を承り、その実績をベースに、高いデザイン力と安心の施工力をご提供しています。

この住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

詳しいプロフィールはこちら