SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

YOMIMONO
読み物

2021-02-13 

使いやすいオープンクローゼットの間取り|おしゃれな収納リノベーション実例

おしゃれなオープンクローゼット

 

洋服やシューズが見えるオープンクローゼットは、おしゃれリノベーションで定番の収納テクニックです。

 

今回は実際のおしゃれなオープンクローゼットの事例を見ながら、メリット・デメリット両面をご紹介していきます。

 

デメリットにしっかり対策して使いやすく仕上げるコツも解説しますので、間取りづくりの参考にしてみてください。

 


目次

■オープンクローゼットとはどんな収納?

■オープンクローゼットのリノベーション実例

■オープンクローゼットのメリット

■オープンクローゼットのデメリットと対策

■使いやすいオープンクローゼットの作り方


 

■オープンクローゼットとはどんな収納?

 

寝室の広いオープンクローゼット

 

オープンクローゼットは、扉を付けず中のアイテムが見える状態の収納レイアウトです。

 

アパレルショップのようにおしゃれに仕上げることができ、お部屋のアクセントとして機能するのが特徴です。

 

出し入れしやすいなど使い勝手の面でも優秀なため、収納上手を目指す方にもピッタリ。

 

設置や使いこなしが難しい上級者向けのイメージが強い間取りですが、上手に採り入れてみましょう。

 

■オープンクローゼットのリノベーション実例

 

実際におしゃれで使いやすいオープンクローゼットをつくったリノベーション実例をピックアップしました。

 

それぞれの詳細ページには、住まい全体の間取り図と写真も掲載していますので、気になるおうちはぜひチェックしてみてください。

 


キッチン隣のオープンクローゼット

事例を見る:Case95「2つのロフトがある家」

 

キッチンを挟んでリビングとつながる空間に、大きなオープンクローゼットを設置。

 

シンプルなカーテンで自然に存在感を隠し、生活感をなくしています。

 

ハンガーパイプを引き出せるオープンクローゼット

事例を見る:Case95「2つのロフトがある家」

 

縦に引き出せるパイプハンガーで、家族一人ひとりの使い分けもばっちり。

 


オープンクローゼットを2つ作った寝室

事例を見る:Case63「今まで、イマ、これから」

 

寝室の中に夫婦それぞれのオープンクローゼットをつくり、お互いのアイテムを分けて管理できるようにしました。

 

使いやすいオープンクローゼット

事例を見る:Case63「今まで、イマ、これから」

 

ハンガーパイプと棚板のシンプルな造りで、ボックスを活用してカスタマイズできるようになっています。

 

カーテン用のパイプも設置し、目隠しカーテンもスッキリつけることができます。

 

 


デスク隣のオープンクローゼット

事例を見る:Case58「ぐるり一周」

 

回遊性の高い間取りとオープンクローゼットを組み合わせ、効率の良い暮らしができるレイアウトです。

 

オープンクローゼット隣の書斎

事例を見る:Case58「ぐるり一周」

 

寝室とリビングの間にあるため、起床から着替え、食事など最短ルートで朝の準備をこなせるのが特徴的。

 

デザインリノベ

デザインリノベについて詳しくみる

 

■オープンクローゼットのメリット

 

大きなオープンクローゼット

 

・出し入れが楽ちん

 

扉のないオープンクローゼットは、洋服を出し入れするときのアクションが減るため効率的に使いこなせます。

 

扉の開け閉めは意識しなければ気にならないレベルの手間ですが、小さな積み重ねが家事ラクにつながります。

 

引き戸のように左右どちらかがふさがることもないため、間口全体をスムーズに使いこなせるのも大きなメリット。

 

中の物が見えやすいので、今日着ていく服をサッと選びやすいのもgoodポイントです。

 

・費用を節約できる

 

扉を付けないということは、材料費・工賃を節約できるということでもあります。

 

一つのクローゼットに対して扉の材料費はパーセンテージが大きいため、省略することでかなりコストを削減できます。

 

扉の車輪や取り付け金具などが摩耗したときのメンテナンスがいらないので、将来の維持費用もかかりません。

 

・通気性が良い

 

一般的な押し入れやクローゼットは湿気が溜まりやすく、市販の除湿剤などを使うことも多いですよね。

 

扉のないオープンな収納は通気性が良く、湿気やカビの被害を受けにくいのも大きなメリット。

 

気密性が良く結露発生しやすいマンションでは、オープンクローゼットの通気性は特にうれしいポイントですね。

 

・おしゃれなアクセントになる

 

オープンクローゼットは中の洋服やアイテムをおしゃれに整理すれば、ショップのような遊び心のあるアクセントにもなります。

 

扉でスッキリ仕上げるのも良いですが、扉を付けないことでデザインバリエーションが増えるのもメリット。

 

シンプルなお部屋にもうひとつアクセントが欲しいときなど、選択肢の一つとして検討するのもおすすめです。

 

■オープンクローゼットのデメリットと対策

 

収納力のあるオープンクローゼット

 

・中にホコリが溜まる

 

オープンクローゼットはホコリをシャットアウトすることができないため、人の出入りが多い場所だとどうしてもホコリが溜まりやすくなります。

 

【対策】⇒床面をオープンにする

 

ホコリは主に床にたまりますので、収納アイテムを下に置かないレイアウトにすればサッと掃除機やワイパーをかけることができます。

 

寝室やリビングなどホコリが気になる場所では、ハンガーパイプや可動棚を設置して、床面をオープンにしてみましょう。

 

・散らかると生活感が丸見え

 

視線を遮るものが無いオープンクローゼットは、中が散らかると空間全体が雑多な印象になってしまいます。

 

リビングにファミリークローゼットを設ける場合は、来客時に慌てて片付けることになるケースも。

 

【対策】⇒間取り配置に工夫してさりげなく隠す

 

リビングや廊下などお客さんの目に触れる可能性があるオープンクローゼットは、配置に工夫してさりげなく視線を遮るのが良いでしょう。

 

扉を付けず出入り口に袖壁を設けるハーフオープンの間取りにするだけでも、見た目の印象が大きく変わります。

 

出入り口を二つ設けてウォークスルーにするなど、フルオープンにこだわらず色々なレイアウトを考えてみましょう。

 

■使いやすいオープンクローゼットの作り方

 

・細かく区切りすぎない

 

シンプルなオープンクローゼット

 

使いやすい収納づくりでは、棚板や間仕切りを細かく作り込みすぎないのがコツです。

 

入れるものに合わせてきっちりつくりすぎると、ライフスタイルの変化に対応しにくくなってしまいます。

 

洋服やカバンなどのアイテムは、買い替えによってサイズや量が変わる可能性があります。

 

基本的な棚やハンガーパイプなどシンプルに作り、ボックスなどでカスタマイズできるようにしておきましょう。

 

・家族ごとにスペースを分ける

 

家族のスペースを分けたオープンクローゼット

 

夫婦のクローゼットや家族共有のクローゼットを考えるときは、一人ずつのスペースを分けられるようにしましょう。

 

家族のアイテムが混ざると出し入れが不便ですし、雑多な印象が出ておしゃれに見えなくなってしまいます。

 

アイテムのサイズやテイストがそろっていると、アパレルショップのようにおしゃれに見せることができます。

 

無駄なスペースがなくなり収納空間の有効活用にもつながりますので、できるだけ一人ずつのスペースに分けてみてください。

 

■まとめ:オープンクローゼットでおしゃれに収納力アップ♪

 

使い勝手が良くおしゃれなオープンクローゼットは、現代のおすすめ収納レイアウト。

 

リノベーションを検討するときは、ぜひ選択肢の一つとして考えてみてください。

 

わたしたちSHUKEN Reは、お客様のライフスタイルに合わせたオーダーメイドリノベで、ピッタリの収納プランをご提案します。

 

ここでご紹介した以外にもたくさんの収納リノベーション事例がありますので、ぜひ参考にチェックしてみてくださいね♪

 

【家具・収納事例一覧】

 

千葉県浦安の本店・東京都世田谷区のリノベショップのほか、ご自宅からご利用いただけるオンライン相談もご用意しています。

 

どんなお悩み・相談にもお応えいたしますので、お気軽に参加してみてください。

 

【EVENT一覧】

 

【オンライン相談】

 

SHUKEN Reのスタッフ

【私たちについて】

 

このコラムを見た人におすすめ


・リノベでつくる造作棚実例♪間取り別におしゃれで便利な収納づくり【東京・千葉】

・マンションの収納不足はリノベで解決♪おしゃれで便利な収納間取り実例

・リビングクロークで快適おうち時間♪おしゃれで便利なリノベ実例集【東京・千葉】

・おしゃれ&快適なリビング間仕切りの間取り|千葉・東京のリノベ事例集


デザインリノベ

デザインリノベについて詳しくみる

監修者情報

SHUKEN Re 編集部

SHUKEN Re 編集部

1998年創業の株式会社秀建を母体とし、住宅のリノベーションに特化して素敵な暮らしをご提案。グループ会社とのアライアンスにより、商業施設・公共工事・再生エネルギー・不動産・造作家具まで多岐に渡るご相談を承り、その実績をベースに、高いデザイン力と安心の施工力をご提供しています。

この住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

詳しいプロフィールはこちら