公開日:2024-03-06  更新日:2024-04-15

築50年のマンションは買っても大丈夫?リフォームか建て替えかどちらがいい?

築50年のマンションは買っても大丈夫?リフォームの可否や建て替えの可能性について

 

「条件に合う中古マンションを見つけたが築50年近くて心配」「今住んでいるマンションが築50年でリフォームと住み替えを迷っている」という方もいるでしょう。

 

そこで、今回は“築50年のマンション”について、その実態や寿命、建て替えの条件を詳しく解説します。

 

築40〜50年のリフォーム事例も紹介しますので、マイホーム計画の参考にしてください。

 

この記事のポイント
・築50年近いマンション戸数は、年々増え続けています。
・古いマンションを建て替える際には、いくつもの条件が揃わなくては実現しません。
築50年のマンションの実態や寿命、建て替え条件を詳しく解説します。

 

■ 築50年の中古マンションはどのくらいある?

 

築50年の中古マンションはどのくらいある?

 

築50年を超えるマンションは、国内に「20万戸以上」現存しているとされています(2021年時点)。

 

国土交通省の調査によると、その数は2026年末に「60万戸以上」、2031年に「115万戸以上」に増えると推測されているのです。(参考:国土交通省|マンションに関する統計・データ等

 

ちなみに、2022年時点で築40年以上のマンションが「約125.7万戸」存在しており、その数は10年後には「約2.1倍」、20年後に「約3.5倍」になる見込みです。

 

そのため、既にマンション暮らしをしている方や、これから中古マンションを買う方にとって、築50年マンションでの生活は決して人ごとではありません。

 

実際、首都圏における在庫中古マンションのうち、築31年を超えている物件は45.5%(18,688戸)にも上り、築50年近い物件は決っして少なくありません(2022年時点)。(参考:公益財団法人東日本不動産流通機構|レインズデータライブラリー

 

 

■ マンションの寿命|築50年のマンションはどのくらい住める?

 

マンションの寿命|築50年のマンションはどのくらい住める?

 

これから中古マンションを購入する方はもちろん、今既にマンションを所有している方が気になるのは、「マンションは築何年まで住めるのか」という点ですよね。

 

マンションの“税法における”耐用年数は、47年です。(参考:国税庁|よくある質問|耐用年数(建物/建物附属設備)

 

敢えて“税法における”と書いたのには理由があり、この耐用年数は実際の寿命とは異なります。

 

2013年に国土交通省の資料によると、国内のマンション期待寿命は「68年」とされています。(参考:国土交通省|中古住宅の流通促進・活用に関する研究会

 

つまり、税法で減価償却できる年数は「47年」ですが、実際にはさらに平均で10年程度暮らし続けられるということです。

 

さらに、鉄筋コンクリート造のマンションは、構造の経年劣化を加味しても適切な改修をすれば、理論上「150年」は住み続けられるというデータもあります。(参考:国土交通省|中古住宅の流通促進・活用に関する研究会

 

ただし、現存する最古の鉄筋コンクリート造建築物であるKN日本大通ビルでも築113年(1911年建築)で、マンションの建設棟数が急増したのは1963年前後なので、築61年程度なのが現状です。

 

そのため、マンションの寿命が「60年を超えて150年程度」というのは、あくまでも楽観的なデータに基づく年数です。

 

〈おすすめコラム〉

中古マンションには何年住める?長く住めるマンションの特徴と探し方

 

ワンストップリノベーションについてはこちら

 

▶︎物件探し・資金計画からリノベーションまで“ワンストップ”で相談したい方はちらから

 

 

■ マンションが建て替えになる5つの条件

 

マンションが建て替えになる5つの条件

 

マンションは理論上150年以上の寿命が期待できると言っても、それは材質における空論に過ぎません。

 

マンションの建て替え時期を左右するポイントとして、以下の5点が挙げられます。

 

  • ・これまで長期修繕計画に基づいた適切な改修が継続的に行われてきたかどうか
  • ・耐震改修が行われているかどうか
  • ・築60年未満かどうか
  • ・「建て替えコスト≧大規模修繕工事コスト」であるかどうか(修繕工事の方が上回れば建て替えに)
  • ・地域にとっての存在価値があるかどうか

 

構造上の耐力に加え、この5つの条件が揃っていて、初めてマンションは存続し続けます。

 

逆に言えば、条件がどれか欠けていれば、建て替え計画が持ち上がる可能性は高いということです。

 

では、国内におけるマンション建て替え件数を見てみましょう。

 

マンション建て替えの実績は、2004〜2023年で累計282件(約23,000戸)です。

 

2022年時点のマンション総戸数が約694.3万戸なのに対して、少ない印象ですよね。

 

実は、マンションの建て替えはそう簡単ではありません。

 

なぜなら、マンションを建て替えるためには、区分所有者数の4/5以上かつ議決権の4/5の賛成を得なくてはいけないからです。(建物の区分所有等に関する法律」第62条

 

また、前段階で建物劣化の状況調査・建て替え案の検討・所有者の同意・資金調達など多くのステップを踏まなくてはならず、最低でも10年程度かかり、20年かかったケースもあります。

 

場合によっては、区分所有者がそれぞれ1,000万円以上の自己負担金を用意しなくてはいけない可能性もあります。

 

このように、マンション建て替えのハードルはかなり高いのが現状です。

 

そのため、多くの管理組合は築40〜50年であれば、できるだけ建て替えせずに、大規模修繕を行なって維持し続ける方針を進めています。

 

ポイント

築50年近いマンションでも、きちんとメンテナンスされてきた物件は、この先何年も住み続けられます。

既に中古マンションを所有している方は、管理組合へ今後の修繕計画について確認してください。

そして、これから中古マンションを購入する方は、これまでの共用部修繕履歴と今後の計画、修繕積立金の貯蓄額を事前にチェックしておくことをおすすめします。

修繕計画を今後も実行できる資金があるかどうかは重要なポイントです。

 

〈おすすめコラム〉

ビルの建て替え年数はどれくらい?耐用年数を過ぎたビルの建て替え・リノベーション費用相場

 

 

■ 築40〜50年のマンションリノベーション事例

 

好立地の新築マンションや築浅中古マンションは数が限られます。

 

一方、築40年を超えて築50年近い物件は、在庫数が多くリーズナブルな点が魅力です。

 

“SHUKEN Re”では、リノベーションに適したマンション探しからリノベーションまでを、数多くお手伝いしてきました。

 

その中の一部を紹介します。

 

 

【築51年】

 

築51年マンションのリノベーション事例

 

工期 80日
家族構成 ご夫婦
エリア 東京都目黒区
年代 50代
物件種別 マンションリノベーション
築年数 51年
間取り 3LDK + WIC + パントリー+ ワークスペース
広さ 108㎡
リノベーション費用 1900万円

 

こちらは、20年間ご夫婦で暮らしてきた戸建住宅からの住み替えをお手伝いした事例です。

 

階段の上り下りに負担を感じるようになったのがきっかけとのことです。

 

東京目黒区という日本でもトッププラスの好立地にある築51年のマンションをリノベーションしました。

 

築51年マンションのリノベーション事例

 

コンパクトながらも圧迫感を感じさせない間取りと、古いマンションならではのレトロ感がポイントです。

 

築年数が経った物件を選び購入費用を抑えた代わりに、ゴージャスな輸入壁紙を採用するなど、お二人のセンスとこだわりが詰まっています。

 

▶︎リノベーションの“リアル”が分かるお客様インタービューはこちらから

 

 

【築49年】

 

築49年マンションのリノベーション事例

 

工期 90日
家族構成 ご夫婦+ワンちゃん2匹
エリア 千葉県市川市
年代 50代
物件種別 マンションリノベーション
築年数 49年
間取り 1LDK+ワークスペース
広さ 55㎡
リノベーション費用 約1200万円

 

こちらのお客様は、駅近の便利な立地のマンションにお住まいでしたが、以前の間取りでは”住みにくさ”を感じられていました。

 

そこで、水回りの位置から間取りまで大きく変えるフルリノベーションをご決断!

 

リノベーション後は、広くなったLDを2匹のワンちゃんが元気に走り回っているようです。

 

趣味の空間まで作り、暮らしを楽しめる住まいに生まれ変わりました。

 

築49年マンションのリノベーション事例

 

年季の入った構造躯体を剥き出しにして、ステンレスキッチンやサブウェイタイル、ラスティックなフローリングと合わせて、スタイリッシュな空間にまとめました。

 

デザイン性と住み心地を両立させたリノベーションに、ご満足いただいています。

 

▶︎リノベーションの“リアル”が分かるお客様インタービューはこちらから

 

 

【築43年】

 

築43年マンションのリノベーション事例

 

工期 60日
家族構成 ご夫婦+猫ちゃん2匹
エリア 東京都
年代 40代
物件種別 マンションリノベーション
築年数 43年
間取り 1LDK + WIC + SIC + パントリー
広さ 61㎡

 

こちらの事例は、2匹の猫ちゃんたちのために、ペットを飼える築43年のマンションを購入されたお客様です。

 

リビングと洋室の間には室内窓を設置し、キャットウォークや猫トンネルも作って、新築マンションでは得られない楽しい間取りに仕上げました。

 

ポイントとして採用した真鍮やタイルもお客様のご提案です。

 

作り込みすぎないシンプルなデザインの中にも、素材感で現れるおしゃれさが漂います。

 

築43年マンションのリノベーション事例

 

キッチンと浴室は、最初からご要望のメーカーとブランドが決まっていたので、それらを軸に予算内で理想的なプランが実現できるようにご提案しました。

 

在宅ワークのための仕事場や、玄関ホールにつながる広い土間スペースなど、こだわりの詰まった事例です。

 

▶︎リノベーションの“リアル”が分かるお客様インタビューはこちらから

 

 

リノベーション施工事例のバナー

 

▶︎SHUKEN Reのリノベーション事例集

 

 

■ 築50年のマンションを買うか迷った際のチェックポイント

 

築50年のマンションを買うか迷った際のチェックポイント

 

「築50年のマンションを買った方がいいのかやめた方がいいのか」は、物件によって異なります。

 

購入するか迷っている方は、まずは下のポイントからチェックしてみましょう。

 

  • 築60年を超えていない
    (大規模修繕費用が建て替え費用を上回る可能性も)
  • 既に建て替え計画が持ち上がっていない
    (計画中だと10年程度で建て替えになる可能性も)
  • 定期的にきちんと大規模修繕が行われている
  • (行われていないと劣化が進んでいる可能性も)
  • 過去に耐震改修が行われている
    (旧耐震基準マンションでも改修されていれば安心して住める)
  • 今後10〜20年住めるマンションを探している
    (30年、40年と住み続けるライフプランでない方は、築50年でも問題が少ない)
  • 物件価格を抑えてリノベーションにお金をかけたい
    (築50年近い物件は好立地でもリーズナブル)
  • 住宅ローンを組まず、できるだけ自己資金で購入したい
    (築50年のマンションは融資を受けにくいため、自己資金が基本)
  • 立地や利便性を優先させたい
    (好立地な場所は新築・築浅物件選択肢が少なく、あっても高価)

 

これらの条件を踏まえ、築50年近いマンションを買うかどうか決めましょう。

 

ただし、これまでの修繕履歴やリノベーション費用を踏まえて物件を探すのは簡単ではありません。

 

そのため、物件探しの段階からリノベーション会社に相談するとリノベ向き物件の見極めや、トータルの予算を含めた計画が立てやすくなるためおすすめです。

 

 

ワンストップリノベーションについてはこちら

 

▶︎中古マンションの物件探しから始める“ワンストップリノベーション”

 

 

■ まとめ:築50年中古マンションを買う際はプロに相談を

 

築50年近い中古マンションでも、これまでのメンテナンス状況によっては、これから先何十年も暮らし続けることは十分可能です。

 

ただし、あくまでもこれまで定期的にお手入れされてきたことが最低条件です。

 

そのため、これから築年数の経っているマンションを買う方は、建築知識のあるプロに相談することが欠かせません。

 

また、既に古いマンションにお住まいの方も、これから何年住みたいかライフプランに合わせたリノベーションを提案できる会社がおすすめです。

 

東京・千葉・神奈川で「快適なマンション暮らしを手に入れたい」という方は、多数の施工実績のあるSHUKEN Reへお気軽にお問い合わせください。

 

3つのご相談窓口

ご検討のステップに合わせて
3つのコースからご相談を承っております。

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    対応エリアを事前にチェック

    ※資料請求の方は対応エリア内のお客様に限らせていただきます。
    上記エリア外の方は一度ご相談ください

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    メイン事例集

    別冊セレクト資料

    ご興味のあるリノベ資料を2点まで
    お選びください。
    メインの「リノベ事例集」と同封のうえ
    郵送いたします。

    対応エリア・注意事項を
    事前にチェック

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    【注意事項】
    • ・工期の目安:初回ご相談より 7-8 か月
    • ・住みながらの工事は承っておりません。
    • ・エリア外での工事は承っておりません。
    • 1情報入力
    • 2送信完了
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(税込み)必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください


    来店希望日時

    営業時間:9-18時
    定休日:水・木・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)(税込み)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください

    物件探しのご相談は青山店もしくはオンラインで承っております。


    来店希望日時

    営業時間:10-18時
    定休日:火・水・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき、下記すべての項目に同意できる場合にご送信ください。




    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら
    コンテンツ制作ポリシー