SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

YOMIMONO
読み物

2020-10-26 

ホテルライクなリビングで素敵な毎日|照明にもこだわるリビングリノベ事例

シンプルでホテルライクなリビング

 

リノベーションで人気の高い、ホテルのようなオシャレリビング、あこがれますよね。

 

優雅な非日常感を楽しめるホテルライクな内装は、住まいの中心になるリビングと相性ピッタリ。

 

今回はリノベーションでつくったホテルライクなリビングの実例写真をもとに、おしゃれな仕上げ方や快適な空間づくりについて考えてみます。

 

 

■人気の高いホテルライクテイスト

 

モダンスタイルのホテルライクなリビング

 

リビングデザインで人気のホテルライクテイストは、上品かつ普遍的な仕上がりで長く愛せるのが一番の魅力ポイント。

 

目を引くアクセントだけでおしゃれに見せるのではなく、素材や照明など全体の統一感で素敵な空間を演出するのが特徴です。

 

高級感があるため費用が掛かるイメージはありますが、ちょっとした工夫でホテル風に仕上げることも難しくありません。

 

リノベーションやリフォームでリビングの間取りを考えるとき、ぜひホテル風のデザインも検討してみてください。

 

 

■ホテルライクなリビングリノベ事例

 

実際にリノベーションでつくった、おしゃれなホテルライクリビングをピックアップしてご紹介します。

 

リビング以外の写真も詳細ページにありますので、気になるお家はぜひチェックしてみてください。

 


事例①

事例を見る:Case129「シャープ&シックに」

 

木目の優しい雰囲気とスタイリッシュなイメージを両立した、高級ホテルのようなリビングです。

 

事例を見る:Case129「シャープ&シックに」

 

窓からたっぷり差し込む自然光と、ガラス間仕切りによる開放感も素敵な空間づくりのテクニック。

 

事例を見る:Case129「シャープ&シックに」

 


事例②

間仕切りのあるホテルライクなリビング

事例を見る:Case127「子育て後は夫婦ふたりで」

 

ただ広くつくるのではなく、パーテーションでさまざまな過ごし方ができる工夫をしたホテル風リビングです。

 

事例を見る:Case127「子育て後は夫婦ふたりで」

 

ワークスペースは半個室のような雰囲気で、リビングと程よい距離感をキープしつつ集中できる環境に。

 

事例を見る:Case127「子育て後は夫婦ふたりで」

 

 

 


事例③

事例を見る:Case100「ノーブル・ブルックリン」

 

ブルックリンのWythe Hotelをイメージした、インダストリアルな雰囲気がおしゃれなマンションリビングです。

 

コンクリートやアイアンを使いながら、ラフになりすぎないよう上品にまとめているのがホテル風仕上げのポイント♪

 

事例を見る:Case100「ノーブル・ブルックリン」

 

リビングの一角には眺望の良い窓に面したカウンターコーナーを設置。

 

ちょっとした工夫で、遊び心のあるおしゃれな雰囲気になりますね。

 

リノベーション後の間取り図⑤

事例を見る:Case100「ノーブル・ブルックリン」

 

 


事例④

おしゃれなホテルライクリビング

事例を見る:Case64「「ホテルライクな新築風」をあえて、リノベで叶える贅沢」

 

新築マンションではなかなか見られない、リノベーションならではのこだわりホテル風リビング事例です。

 

一段上がったステップフロアや天井に間接照明を仕込み、スポットライトと併せて落ち着きがありつつ非日常感のある空間に。

 

非日常感のあるリビング

事例を見る:Case64「「ホテルライクな新築風」をあえて、リノベで叶える贅沢」

 

床・壁・天井で統一したウッド調仕上げも、高級感と優しくくつろげる雰囲気を演出しています。

 

お家にいる時間が楽しくなる、リゾートホテルのようなリビングに仕上がりました。

 

リノベーション後の間取り図①

事例を見る:Case64「「ホテルライクな新築風」をあえて、リノベで叶える贅沢」

 

 


事例⑤

照明がおしゃれなホテル風リビング

事例を見る:Case66「ピアノと絵画とHOゲージ」

 

天井付けの照明を必要最小限にしたほのかな灯りで、高級感のあるホテルライクな印象を生み出しているリビングです。

 

照度を抑えた中に浮かび上がるソファやダイニングテーブルが、居心地の良い空間を作り出しています。

 

間接照明がおしゃれなリビング

事例を見る:Case66「ピアノと絵画とHOゲージ」

 

テレビ裏の石材アクセントウォールも、間接照明を受けてお部屋の表情に彩りを与えます。

 

趣味と実用性を兼ねたリビングデスクスペース

事例を見る:Case66「ピアノと絵画とHOゲージ」

 

リビングの一角に設けたデスクスペースは、実用性と趣味を両立するスペースに。

 

リノベーション後の間取り図②

事例を見る:Case66「ピアノと絵画とHOゲージ」

 

 


事例⑥

シンプルでスタイリッシュなリビング

事例を見る:Case73「待ち望んだ、その一言」

 

必要最小限のものをまとめたシンプルなリビングは、生活感がなくホテルのドアをくぐったときのスッキリした高級感があります。

 

一面のダークなアクセントウォールも、シンプルだからこそ活きるデザイン。

 

横一面の収納で背の高い家具を置かず、広々した空間をつくっているのも細かいポイントです。

 

ホテル気分が味わえるキッチンカウンター

事例を見る:Case73「待ち望んだ、その一言」

 

キッチンカウンターのスツールに座って、バー気分で夫婦水入らずの時間を過ごすこともできます。

 

リノベーション後の間取り図③

事例を見る:Case73「待ち望んだ、その一言」

 

 


事例⑦

石材がおしゃれなホテル風リビング

事例を見る:Case61「無垢を感じる。陰影を見る。」

 

シンプルな間取りながら照明と素材感にこだわり、ホテルライクな高級感を与えたリビングです。

 

間接照明がおしゃれなリビング

事例を見る:Case61「無垢を感じる。陰影を見る。」

 

テレビ裏の石材アクセントウォールは上品なおしゃれさをプラスし、間接照明で夕食後のひとときも素敵に過ごせます。

 

ダイニングとキッチンにも間接照明

事例を見る:Case61「無垢を感じる。陰影を見る。」

 

おしゃれなカウンターキッチンと背面にも間接照明を仕込み、レストランのようなダイニング空間に。

 

リノベーション後の間取り図④

事例を見る:Case61「無垢を感じる。陰影を見る。」

 

 

デザインリノベ

デザインリノベについて詳しくみる

 

 

■ホテルライクテイストの作り方

 

いきなりおしゃれなホテル風のリビングを作ろうと思っても、一般の方にとってはハードルが高いものです。

 

上品なホテルライクなテイストを作るための基本的なポイントを覚えておきましょう。

 

・生活感を無くす

生活感の無い壁掛けテレビ

 

旅先の素敵なお部屋に通されたときの雰囲気を出すには、リビングから普段の生活感を無くすことが大切です。

 

テーブルや床面に余計なモノを無くし、なるべく最小限のアイテムにとどめるのがホテルライクテイストをつくるコツ。

 

収納をたっぷり作って常にモノがない空間を心がけ、おしゃれな非日常感を演出しましょう。

 

扇風機やストーブといった季節家電も生活感が見えやすくなるため、お部屋自体の快適性を高めることでスッキリさせるとよりオシャレに見えます。

 

関連コラム

 

 

・リビングを広げる

玄関入ってすぐリビングの間取り

 

本物のホテルのような雰囲気を目指すなら、リビングを物理的に広げることも検討してみてください。

 

他のお部屋との兼ね合いがあり難しくても、アイデア次第でリビングを広げることは可能です。

 

例えば玄関とリビングを直接つなげば、ホールと廊下の分広い空間をつくることができます。

 

他の部屋を犠牲にせず広いリビングをつくれるので、ひとつのアイデアとして検討してみてください。

 

関連コラム

 

 

・無駄な装飾を省く

シンプルなリビング

 

ゴージャスなホテルのお部屋も、よく観察してみると造り自体は意外にシンプルなことが多いです。

 

お部屋の形自体は無駄な装飾を省きシンプルにして、素材やカラーのチョイスにこだわるのがホテル風リビングのおしゃれな仕上げ方。

 

お部屋のデザインを考えるとついいろいろな要素を盛り込みたくなりますが、ぐっとこらえて「ちょっと足りないかな」くらいのイメージで取り組んでみてください。

 

間取り自体はシンプルにすることで、照明や石材などのアクセントがより際立っておしゃれに仕上がりますよ♪

 

関連コラム

 

 

・余白を見せる

 

リビングのどこかに余白をつくり、床面積以上の広さ・開放感を演出するのもホテルライクな部屋づくりのコツです。

 

スペースを広く使うのはちょっともったいない気もしますが、上の写真のように床面を広く見せるとグッと魅力的な印象に♪

 

余白をつくることで、ソファやテーブルなどの家具、アートや観葉植物を引き立てる効果も狙えます。

 

 

・照明にこだわる

照明がおしゃれなリビング

 

上品なホテルの雰囲気を演出するなら、照明の配置や配光にもしっかりこだわりましょう。

 

お部屋全体を均一に明るく照らすのではなく、小型の照明を組み合わせて明暗をつけるとおしゃれな空間に仕上がります。

 

ダウンライトやスポットライトを複数使って、人が居る場所を明るく照らし、それ以外の場所は優しい明るさに抑えるとリラックスできます。

 

光源を直接見せない間接照明も高級感のある照明テクニックなので、天井や床にさりげなく使ってみましょう。

 

関連コラム

 

 

・素材とカラーを統一する

ホワイトにコーディネートした上品なリビング

 

高級感のある大理石や無垢材などを使うことも多いホテルライクテイストですが、リビング全体の素材感とカラーを揃えるとさらにおしゃれな印象に。

 

例えばフローリング・建具・カウンターを同じ素材の無垢材でそろえて、テーブルやチェアなどのインテリアも統一すると全体に高級感が生まれます。

 

天井・壁・床それぞれにゴージャスな素材を使うだけでなく、全体のバランスを考えて調和させてみましょう。

 

関連コラム

 

 

・ミラーアクセントを使う

ミラーを使ったホテル風リビング

 

ちょっと飛び道具的なアクセントとして、リビングの壁や柱にミラーを配置するのも一つのテクニック。

 

お部屋自体が広く見える効果があり、うまく使えばより開放的でおしゃれな空間に仕上がります。

 

余計なモノや光源が写り込まないように工夫する必要はありますが、非日常感を演出できるのでホテル風のリビングを目指すなら検討してみては。

 

 

■ホテルのような快適な空気感にもこだわる

 

シンプルでおしゃれなリビング

 

ホテルライクなリビングづくりではおしゃれなデザインも大切ですが、お部屋の空気を快適に保つことも大切です。

 

旅先で過ごす素敵なホテルのお部屋は、いつでも空調が効いていて心地よいですよね。

 

おしゃれでいつでも快適に過ごせるリビングをつくるためのコツをご紹介します。

 

・調湿作用のある自然素材を使う

 

内窓の快適性

 

珪藻土や無垢フローリングといった調湿作用のある自然素材を使うと、呼吸するのが気持ち良い空間をつくることができます。

 

湿気が多いときは水分を吸い込み、乾燥する日は湿度を吐き出してちょうど良い空気を保ってくれます。

 

ジメジメする梅雨の時期や乾燥しやすい冬場など、一年中快適な空気で過ごしやすいリビングに♪

 

湿度を適切に保つと、カビやダニの発生が減ることで健康的な生活空間にもつながります。

 

小さなお子さんやアレルギーをお持ちのご家族がいる方も、ぜひ検討してみてください。

 

・断熱性を高める

 

住まいの熱損失

 

一般家庭より規模が大きいホテルは、構造的に断熱性に優れているケースが多いです。

 

お部屋の断熱性能が高いと室内の温度差が少なくなり、控えめのエアコンで適温を保てるため気持ち良く過ごすことができます。

 

自宅のリビングでもホテルのような快適空間を目指すためには、お部屋全体の断熱性を高めることが大切。

 

特に熱損失の大きい窓は、断熱対策する効果が大きいためまず取り組みたいポイントです。

 

窓の断熱対策としてはペアガラスへの交換が一般的ですが、さらに断熱性能が高い内窓の設置もおすすめ。

 

 

内窓の断熱性能

 

今の窓の内側に新しい窓をサッとつけるだけでペアガラスより厚い空気層ができるため、外気の影響を受けにくくなります。

 

 

内窓の防音性能

 

一年中過ごしやすくなるうえ、結露を防いで外の騒音を軽減してくれる効果もありますので、リビングリノベと一緒に取り組むのがおすすめです。

 

※参考:YKKap(かんたんマドリモ 内窓 プラマードU)

 

■まとめ:自由なプラン作りでおしゃれなホテル風リビング♪

 

ホテルライクなリビング

 

旅先の高級ホテルのようなデザインのリビングは、毎日の生活に彩りを与えてくれます。

 

ホテルライクなリビングをイメージ通りに仕上げるためには、自由なプラン作りが欠かせません。

 

リビングリノベーションの際は、私たち施工店の提案力と柔軟な対応力に注目してみてください。

 

施工事例のバナー

 

SHUKEN Reはお施主様のイメージをお伺いし、細かいオーダープランで理想をカタチにしていきます。

 

たくさんのリビングリノベーションを手掛けてきたスタッフが、おしゃれで使いやすいリビングプランをご提案しますので、どんなご要望もお聞かせください。

 

SHUKEN Reのスタッフ

【私たちについて】

 

千葉県浦安市の本店と東京都世田谷区のショップでは、居心地の良い空間を体感いただきながらお打ち合わせが可能です。

 

ご自宅・職場どこからでもご利用いただけるオンライン相談も、ぜひお気軽にご利用ください。

 

【EVENT一覧】

【店舗一覧】

【オンライン相談会の詳細はコチラ

 

このコラムを見た人におすすめ


・10畳のリビングダイニング実例|マンションの正方形や縦長の部屋のおしゃれなレイアウト

・タイル壁がおしゃれなリビングリノベ事例♪内装にタイルを使うメリット・デメリット

・リビングクロークで快適おうち時間♪おしゃれで便利なリノベ実例集【東京・千葉】

・令和のくつろげるリビングづくり|おしゃれなリビングリノベーション【東京・千葉】


デザインリノベ

デザインリノベについて詳しくみる

リノベ事例集の請求

施工エリアを事前にチェック
東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

SHUKEN Reのリフォームブックや
イベントのご案内をお送りいたします。


    施工エリアを事前にチェック
    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市
    神奈川県 横浜市・川崎市
    千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    お名前必須


    ふりがな必須


    電話番号必須

    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須


    ご住所必須


    ご年代必須


    ご検討内容必須


    リノベーションご検討先必須


    リノベーションご検討先の ご住所


    個別相談必須


    リノベーションご検討の物件種類必須


    リノベーション完了ご希望時期必須


    ご予算必須


    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください
    ショップページをみる


    来店希望日時

    ※水木祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須


    個別相談必須


    リノベーションご検討の物件種類必須


    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須


    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)必須


    気になる物件


    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください →ショップページをみる


    来店希望日時

    ※火水祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    その他アンケート項目

    お時間あればお答えください。(所要時間:30秒)

    何の媒体でSHUKEN Reを
    見たことがありますか(複数選択可)


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき同意できる場合に、ご送信ください。

    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    1998年創業の株式会社秀建を母体とし、住宅のリノベーションに特化して素敵な暮らしをご提案。グループ会社とのアライアンスにより、商業施設・公共工事・再生エネルギー・不動産・造作家具まで多岐に渡るご相談を承り、その実績をベースに、高いデザイン力と安心の施工力をご提供しています。

    この住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら