SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

YOMIMONO
読み物

2021-03-21 

おしゃれな対面キッチンレイアウト実例♪写真付きリノベ解説

対面キッチンから見たリビング

 

最近は一つなぎのLDKが主流になったこともあり、対面キッチンのレイアウトを見かけることも多いですよね。

 

今回は実際のおしゃれな対面キッチンの実例を見ながら、基本パターンや注意すべきポイントを解説します。

 

一口に対面キッチンといってもレイアウトはさまざま、こだわるとグッとおしゃれになりますので、ぜひマネしてみてください♪

 


目次

■対面キッチンは工夫次第でもっとおしゃれに♪

■対面キッチンの基本パターン

■リノベでつくったおしゃれな対面キッチン実例

■対面キッチンで人気のおしゃれデザイン

■対面キッチンで注意すべきポイント


 

■対面キッチンは工夫次第でもっとおしゃれに♪

 

アイランドタイプの対面キッチン

 

現代の住まいは対面キッチンの間取りが一般的ですが、流行が始まったころのデザインは単調なパターンが多い印象です。

 

最近は対面キッチンもバリエーションが増え、キッチン自体をおしゃれなアクセントとして活用する間取りも増えています。

 

ちょっとした間取りの工夫でグッとおしゃれ度がアップしますので、これから対面キッチンをつくるならぜひテクニックを採り入れてみてください。

 

キッチンは一度設置したら長く使う設備ですから、見た目・使い勝手どちらにもしっかりこだわりましょう♪

 

■対面キッチンの基本パターン

 

キッチンのキャビネットパターンごとに、対面レイアウトにしたときの特徴を解説していきます。

 

・I型キッチン

 

I型の対面キッチン

 

シンプルなI型キッチンの対面レイアウトは、リビング側に立ち上がり壁を造作するのが基本です。

 

壁の高さを変えることで目隠しにすることができ、リビングやダイニングから生活感が見えないように調整できるのがメリット♪

 

左右どちらかを壁に接地する基本レイアウトのほか、両側から出入りできるアイランド風レイアウトにすることも可能です。

 

コスト、使い勝手、デザインバリエーションともに優秀な万能選手といって良いでしょう。

 

・L型キッチン

 

L型キッチンの対面レイアウト

 

L型キッチンは、壁付けと対面レイアウト両方の特徴を併せ持つのが特徴です。

 

コンロとレンジフードは壁付け配置でニオイの拡散を抑え、シンクはリビングに向けて自然に会話しながら家事をこなすことができます。

 

少し広めの床面積が必要になりますが、その分使い勝手が良く効率的にお料理をこなせるのがL型キッチンの魅力♪

 

・ペニンシュラキッチン

 

リビングから見たペニンシュラキッチン

 

左右どちらかだけ壁に接地するペニンシュラキッチンは、壁なしで対面レイアウトがつくれるおしゃれなタイプです。

 

上の写真のようにカウンターをダイニングテーブルのように使うこともでき、ティータイムや軽食もこなせちゃいます♪

 

キッチン自体がLDKのアクセントにもなるので、デザイン性を求める方におすすめの対面レイアウトです。

 

・アイランドキッチン

 

ホワイトのアイランドキッチン

 

回りをぐるりと一周できるアイランドキッチンは、おしゃれな見た目と家事動線効率の良さが魅力の対面レイアウト。

 

左右どちらからでも出入りできるため複数人でお料理しやすく、友達を集めてのパーティーシーンにも対応できます。

 

設置スペースを考えると少しハードルが高い対面レイアウトですが、キッチンにこだわるならぜひ検討してみてください。

 

・二列型キッチン

 

おしゃれな二列型キッチン

 

シンクとコンロを分けた二列のキャビネット配置で、とても使いやすくおしゃれな対面キッチンです。

 

二列型キッチンの内部

 

振り返るだけでコンロとシンクを使い分けできるので、効率良くお料理をこなすことができます。

 

広いワークトップを確保できるので、いろいろな種類のお料理を同時につくる本格派の方にピッタリ♪

 

■リノベでつくったおしゃれな対面キッチン実例

 

実際にリノベーションでつくった対面キッチンを、LDKのパターン別にピックアップしてご紹介します。

 

使い勝手・デザインのこだわりに注目してみてください♪

 


【縦長リビング×対面キッチン】

対面キッチンの間取り図

事例を見る:Case104「Smart Style」

 

縦長リビングと並行にキッチンを配置して、ダイニングやリビングへのスムーズな動線を確保。

 

対面キッチンのLDK

事例を見る:Case104「Smart Style」

 

キッチンとダイニングテーブルを少しずらすことで、回り込む距離を短くした効率的な配置です。

 

おしゃれな対面ペニンシュラキッチン

事例を見る:Case104「Smart Style」

 

開放感と使い勝手、作業効率を兼ね備えた対面キッチンレイアウトです。

 


 

【横長リビング×対面キッチン】

横長リビングの間取り図

事例を見る:Case92「シンプル&ナチュラル」

 

横長リビングに対して、使いやすいL型キッチンを対面レイアウトしたお住まいです。

 

L型の対面キッチン

事例を見る:Case92「シンプル&ナチュラル」

 

レンジフードをL型の奥に配置し、吊戸棚のないスッキリした見た目に仕上がっています。

 

おしゃれなキッチンパントリー

事例を見る:Case92「シンプル&ナチュラル」

 

奥に食器や調理器具を収納できるパントリースペースも備え、収納力もばっちり確保♪

 

さわやかなLDK

事例を見る:Case92「シンプル&ナチュラル」

 

キッチンからソファ・ダイニングテーブル・廊下にサッと移動できる、無理のない家事動線でとっても使いやすそう。

 


【正方形リビング×対面キッチン】

正方形リビングの間取り図

事例を見る:Case100「ノーブル・ブルックリン」

 

真四角に近いリビングの中心に二列型キッチンを配置した、おしゃれな対面レイアウトです。

 

対面レイアウトの二列型キッチン

事例を見る:Case100「ノーブル・ブルックリン」

 

二つのキャビネットをずらした特徴的なレイアウトで、キッチン自体が空間のおしゃれなアクセントになっています。

 

ダイニングテーブルをシンクキャビネットと横並びにして、配膳効率を良くしているのもgood♪

 

対面キッチンから見えるリビングのテレビ

事例を見る:Case100「ノーブル・ブルックリン」

 

 

■対面キッチンで人気のおしゃれデザイン

 

・スタイリッシュなステンレスキッチン

 

清潔感のあるステンレスキッチン

 

金属のスタイリッシュな質感がおしゃれなステンレスキッチンは、対面レイアウトで人気の素材です。

 

ナチュラルテイストからインダストリアルテイストまで幅広いLDKにマッチする、意外と使い勝手の良いキッチンです。

 

耐久性や清掃性の面でもメリットが大きく、長くキレイに使えるのも人気の理由となっています。

 

コンクリートむき出しのスケルトン天井との相性も良いので、組み合わせてみるのもおすすめ♪

 

・軽食もこなせるカウンター

 

おしゃれなカウンターキッチン

 

カウンターキッチンは見た目のオシャレさはもちろん、朝食やおやつなど軽食もこなせる利便性も備えたデザインです。

 

カフェ風のデザインにしたり、ダイニングバーのように仕上げたり、デザインバリエーションも豊富♪

 

ご夫婦や友人同士、バー気分でお酒を楽しむといった使い方もおしゃれですね。

 

・本物のタイル床

 

タイル床のキッチン

 

水や油はねがあるキッチンの床はビニール製フロアが多いですが、質感・見た目ともに優れる本物のタイル床も人気です。

 

タイルは色柄のバリエーションが豊富なため、キッチンやカップボードとコーディネートしておしゃれなキッチンをつくりやすいのが魅力♪

 

耐久性が高く色あせの心配もないので、長くキレイな状態をキープできるのもタイル床のメリットです。

 

・パントリー

 

使いやすいキッチンパントリー

 

対面キッチンと相性の良いパントリースペースは、デザイン・機能面ともに優秀なレイアウト。

 

上の写真のようにアーチ開口にすれば、おしゃれな印象に仕上げることができます。

 

収納力がアップしてキッチンが散らかりにくくなるので、いつでもスッキリおしゃれな状態をキープできるのもパントリーのメリット♪

 

■対面キッチンで注意すべきポイント

 

ステンレスキッチンの対面配置

 

・収納量

 

開放感やデザイン性を重視して対面キッチンの吊戸棚を無くす場合は、全体の収納量をしっかり確保しましょう。

 

カップボードやパントリースペースなども活用すれば、吊戸棚がなくても十分な収納を確保できます。

 

高い位置の吊戸棚より出し入れしやすいのでデッドスペースにならず、効率的なお料理にもつながります。

 

収納が足りないと、調理器具や調味料が散らかり使い勝手の悪いキッチンになってしまうので注意しましょう。

 

・リビングからの見え方

 

リビング側に向けて配置する対面キッチンは、生活感が見えやすくなる点にも要注意です。

 

特に子育て期のお子さんが居ると授乳やおやつで使う食器が増え、どうしてもシンク回りに生活感が出てしまいます。

 

常にきれいな状態をキープするのが難しい子育て期は、高めのカウンターでリビングからの視線を遮るとおしゃれなLDKになるでしょう。

 

逆に収納をたっぷりつくっていつでもスッキリをキープできるなら、アイランドやペニンシュラキッチンをおしゃれに見せるのも一つの手です。

 

・家事動線

 

対面レイアウトはキッチンを回り込む動線になるため、ダイニングテーブルやリビングへの動線効率はしっかり考えたいところです。

 

家事動線が長い間取りは移動のロスが多く、お料理や配膳の効率が悪く使いにくいキッチンになってしまいます。

 

対面キッチンを考えるときはお料理中の移動動線をしっかりシミュレーションし、ダイニングテーブルやリビングから出入りしやすい配置にしましょう。

 

■まとめ:おしゃれな対面キッチンリノベは、SHUKEN Reにおまかせ♪

 

現代のライフスタイルにマッチする対面キッチンは、ちょっとした工夫でグッとおしゃれで便利な間取りに仕上がります。

 

なんとなく対面にするのではなく、お料理や食事のスタイルに合わせたカスタマイズで、理想のキッチン空間を目指しましょう。

 

わたしたちSHUKEN Reは、オーダーメイドのリノベプランで理想のキッチンづくりを細かくサポート。

 

ここでご紹介した以外にもたくさんの対面キッチンレイアウトを公開していますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

【キッチン事例一覧】

 

千葉県浦安の本店・東京都世田谷のショップでは、実際のキッチンを体感しながら相談して頂くこともできます。

 

オンライン相談もありますので、キッチンリノベについてどんなご相談もお気軽に話してみてください♪

 

【EVENT一覧】

 

【オンライン相談】

 

SHUKEN Reのスタッフ

【私たちについて】

 

このコラムを見た人におすすめ


・対面キッチンで必ず検討したい「フラット」or「造作対面」、それぞれの特徴を解説

・サブウェイタイルでカフェ風のおしゃれなキッチンに変身!【東京・千葉のリノベーション実例付き】

・水回りの間取り変更リノベで家事ラク生活♪東京・千葉のリフォーム実例

・ママに人気の間取りリノベーション|東京の子育て&家事ラクリノベ実例


デザインリノベ

SHUKEN Reのデザインリノベについて詳しくみる