SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

YOMIMONO
読み物

2021-01-03 

本物のインダストリアル部屋ならリノベーション|東京・千葉のおしゃれ施工実例写真

インダストリアルなダイニングキッチン

 

個性的でおしゃれなデザインが男女問わず人気の、インダストリアルテイストのお部屋をご紹介します。

 

リノベーションで作った本物インダストリアルデザインのお部屋を見ながら、おしゃれに仕上げるコツをチェックしましょう。

 

インダストリアルテイストが好きな方はもちろん、どんなデザインなのか調べたい方もぜひ参考にしてくださいね。

 


目次

■インダストリアルってどんなデザイン?

■DIYとリノベーションの違い

■リノベで作った本物のインダストリアル部屋実例

■インダストリアル部屋をおしゃれに仕上げるコツ


 

■インダストリアルってどんなデザイン?

 

インダストリアルテイストのお部屋

 

英語で「工業的」という意味を持つインダストリアルは、言葉の通り工場や宿舎のような武骨なインテリアのことを指します。

 

配線やダクト、コンクリートの下地などをむき出しにしたラフな内装仕上げは、おしゃれなアパレルショップやバーなどでも良く見かけますよね。

 

「男前インテリア」と呼ばれることもあり男性的なイメージが強いですが、ナチュラルテイストとの相性も悪くありません。

 

最近はいろいろなデザインに派生していますので、好みのインダストリアルデザインを探してみましょう。

 

■DIYとリノベーションの違い

 

インダストリアルテイストのLDK

 

インダストリアルテイストは年々人気が高まっていて、模様替えで手軽にDIYする方も増えています。

 

ソファやテーブルなどのインテリアでもインダストリアルテイストは作れますが、本物のデザインを求めるならリノベーションがおすすめ。

 

本来天井裏に隠れているコンクリート下地や配線ダクトを露出させると、後付け感のないリアルな仕上がりになるのがリノベの特徴です。

 

実際に解体してみないとどのような仕上がりになるか分からないのも、リノベーションの面白いところ。

 

これから挑戦するなら模様替えで試してみて、「物足りないな」と感じたらリノベーションしてみるのがおすすめです。

 

■リノベで作った本物のインダストリアル部屋実例

 

実際のリノベーションで作ったインダストリアル部屋を見ていきましょう。

 

それぞれの間取り図とすまい全体の写真も詳細ページに用意していますので、気になるお部屋があったらぜひチェックしてくださいね♪

 


インダストリアルなLDK

事例を見る:Case85「キレイ目インダストリアル」

 

コンクリート天井や配線ダクトと、ホワイトの上品な内装でバランスを取ったお部屋です。

 

金属やコンクリートの冷たさがなく、あたたかな印象もある万人受けするデザインに仕上げました。

 

バックヤード的なイメージの居室もつくり、遊び心もたっぷり♪

 

コンクリートむき出しのインダストリアル部屋

事例を見る:Case85「キレイ目インダストリアル」

 


ベニヤとコンクリートのインダストリアルリビング

事例を見る:Case79「部屋の中に箱」

 

コンクリート・鉄・ベニヤと工業的な質感の材料を使いながら、全体の統一感でスッキリ見えるLDK空間です。

 

インダストリアルなキッチン

事例を見る:Case79「部屋の中に箱」

 

木目が均一なシナ合板を壁に使っているため、荒々しさが抑えられているのが上品に見えるポイント。

 

工業的なイメージと対照的なグリーンを配置するのも、インダストリアルデザインをおしゃれに見せるコツです。

 

おしゃれな観葉植物

事例を見る:Case79「部屋の中に箱」

 


カッコいいインダストリアルLDK

事例を見る:Case30「趣味に囲まれて暮らす家」

 

ボンド跡のあるラフなコンクリート天井と、ナチュラルな木目の対比が素敵なインダストリアル部屋です。

 

カウンターキッチンの棚に並ぶボトルや雑貨が、おしゃれなダイニングバーのような雰囲気に。

 

おしゃれなインダストリアルキッチン

事例を見る:Case30「趣味に囲まれて暮らす家」

 


コンクリート床のインダストリアルLDK

事例を見る:Case4「忙しい二人は休日はハンモックで癒される」

 

コンクリート床とステンレスキッチンの組み合わせで、プロ仕様の厨房のようなラフなLDK空間に。

 

ビンテージ感のあるリビングのフローリングも、インダストリアルテイストにピッタリ。

 

ハンモックのあるインダストリアルリビング

事例を見る:Case4「忙しい二人は休日はハンモックで癒される」

 


キレイ目インダストリアルリビング

事例を見る:Case52「デッドスペースのない家」

 

ヘリンボーン床とホワイトに塗装したコンクリート天井で、冷たい印象を抑えた暖かみのあるインダストリアル部屋です。

 

裸電球の天井

事例を見る:Case52「デッドスペースのない家」

 

むき出しの天井配線には裸電球を組み合わせ、懐かしく暖かみのある印象に。

 

コンクリート床のキッチン

事例を見る:Case52「デッドスペースのない家」

 

玄関からキッチンまではラフなコンクリート床続きにして、デザインと利便性を両立させています。

 

コンクリート床の玄関

事例を見る:Case52「デッドスペースのない家」

 

ワンストップリノベ

ワンストップリノベについて詳しくみる

 

■インダストリアル部屋をおしゃれに仕上げるコツ

 

・照明にこだわる

 

おしゃれなインダストリアル部屋

 

天井下地と配線を露出させることが多いインダストリアル部屋は、ダクトレール照明との相性が抜群。

 

元々商業施設で使われていたダクトレールは工業的なイメージが強く、インダストリアルデザインをよりおしゃれに見せてくれます。

 

スポットライトやペンダントライトなど、ラフなイメージに合う照明器具探しも楽しみましょう。

 

・木と組み合わせる

 

木の質感があるインダストリアルリビング

 

インダストリアルデザインに欠かせない要素の一つが、優しい木の質感です。

 

工業的な内装には、どちらかというと木目の強いラフな床やテーブルがマッチします。

 

フローリングやテーブル、棚板などの木目とカラーを揃えると統一感が出てグッとおしゃれ度がアップ♪

 

木のカラーや範囲でお部屋の明るさやテイストも変えられますので、バランスをいろいろ考えてみましょう。

 

・レンガと組み合わせる

 

レンガ壁のインダストリアル部屋

 

昔の工場に使われていたレンガ壁も、インダストリアルデザインで定番の仕上げテクニック。

 

レンガはアイアンやウッドデザインとの相性も良く、ビンテージ感が好きな方におすすめです。

 

写真のように全面に配置するのも良いですが、全体のバランスを考えてピンポイントで使うこともできます。

 

・ラフなドアと組み合わせる

 

インダストリアルテイストのラフな仕上げのドア

 

昔の映画に出てくるようなラフな仕上げのドアも、インダストリアル部屋を引き立ててくれるおすすめデザインです。

 

あえてムラのあるペンキ仕上げや武骨なベニヤ仕上げなど、昔の工場っぽいドアは非常にマッチしておしゃれです。

 

ビンテージ塗装の室内ドア

 

上の写真右側のドアのように、キズや塗装剥がれを再現したビンテージ塗装も素敵ですね。

 

框と呼ばれる表面の凹凸やドアハンドルにもこだわり、ビンテージ感のあるドアに仕上げてみましょう。

 

・インテリアとトータルコーディネートする

 

インダストリアルテイストのコーディネート

 

インダストリアル部屋は、ソファやテーブルなどのインテリアまでトータルコーディネートするとよりおしゃれに仕上がります。

 

木とアイアンを組み合わせたテーブルや重厚感のあるソファなど、ビンテージ感のある家具と組み合わせるのが効果的♪

 

事例でもご紹介したように上品なキレイ目テイストや思い切りラフなテイストなど、さまざまなバリエーションがあります。

 

好みのインダストリアルテイストを見つけて、家具のコーディネートも楽しみましょう♪

 

・観葉植物を置く

 

インダストリアル部屋の観葉植物

 

鉄やコンクリートなど無機質なイメージのインダストリアル部屋は、対照的なグリーンを配置すると非常に映えるのでおすすめ♪

 

お部屋の一角に観葉植物を置いたり、ダクトに吊るしたり、いろいろな場所にワンポイントの緑をプラスしてみてください。

 

■まとめ:おしゃれなインダストリアルリノベもSHUKEN Reにおまかせ♪

 

インパクトのあるインダストリアルデザインは、世界に一つだけのオリジナル部屋作りを目指す方におすすめ♪

 

本来見せないダクトや配線もアクセントとして活用し、よりおしゃれなお部屋に仕上げちゃいましょう。

 

私たちSHUKEN Reは多くのリノベをお手伝いしてきたノウハウを活用し、お客様にピッタリのデザインをご提案します。

 

ここではご紹介しきれないたくさんのインダストリアル部屋も公開していますので、こちらもぜひご覧ください。

 

【WORKS】

 

持ち家のリノベーション・中古リノベーションどちらも大歓迎ですので、いつでも相談してくださいね♪

 

お家づくりが大好きなスタッフが、ワイワイ楽しみながらお客様のイメージづくりをサポートします。

 

【EVENT一覧】

 

SHUKEN Reのスタッフ

【私たちについて】

 

 

このコラムを見た人におすすめ


・ダクトレール照明でおしゃれなリノベーション|メリット・デメリットとデザインのコツ

令和の書斎はリビングにつくる|東京・千葉のおしゃれなリノベーション実例

・内装リノベーション事例からおしゃれテクニックを盗もう|東京・千葉の画像集

・古い団地もリノベーションでおしゃれに変身|おすすめ間取り事例

・【事例特集】おしゃれなリビングの間取りアイデア

・デザインリノベーションとは?メリット・デメリットを知ろう


ワンストップリノベ

ワンストップリノベについて詳しくみる

監修者情報

SHUKEN Re 編集部

SHUKEN Re 編集部

1998年創業の株式会社秀建を母体とし、住宅のリノベーションに特化して素敵な暮らしをご提案。グループ会社とのアライアンスにより、商業施設・公共工事・再生エネルギー・不動産・造作家具まで多岐に渡るご相談を承り、その実績をベースに、高いデザイン力と安心の施工力をご提供しています。

この住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

詳しいプロフィールはこちら