SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

YOMIMONO
読み物

2020-12-26 

マンションにおすすめ!玄関土間を活かしたリノベーション|江東区・東京都内のリノベーション実例

土間キッチンのあるマンション

 

今マンションのリノベーション手法で人気の一つが「玄関土間」です。

 

玄関を土間空間として拡張することで、靴の着脱や家の中と外の境界としてだけではなく様々な用途に使用できる便利な空間になります。

 

今回は日本に昔からあるマルチな空間「土間」をうまく取り入れたマンションリノベーションについて解説したいと思います。

 

「マンションに土間ってどうなるのかイメージがわかない」
という方も必見ですよ♪

 

■ 玄関土間ってどんな場所?

 

土間とは簡単に言うと靴を履いたまま活動できる室内の空間のことです。

 

床材を貼らずに土足で上がれる地面やコンクリートなどで仕上げられます。

 

昔の日本の家は、玄関をくぐって居間などの居室に行くまでの間が土間になっていました。

 

古民家の土間

 

元々は、外で農作業や漁業などを行うための支度や用具置き場兼手入れ場、屋内の作業場、小売業などの商店として、さらには炊事を行う場所など多目的に使われていました。

 

プライベートな居室と外の中間的な位置づけで、ご近所とのコミュニケーションの場としても重宝されるなど、土間は家の中と外を結ぶ昔の家にはなくてはならない空間だったんですね。

 

時代が進むにつれ、住宅の洋風化も進み、新しく建てる住宅に土間を採用することは少なくなっていきましたが、最近では、アウトドアな趣味を持つ人や、住宅兼アトリエ、店舗などの住まい方をする人を中心に「土間」の良さが見直されています。

 

■ 土間のメリット

 

・清掃性が良い

 

現代の土間は、床材は砂や土に限らず、玄関の延長のようなコンクリートや石、タイル仕上げも多く採用されています。

 

タイルは汚れても水とブラシですすいだり磨くことができるので、お手入れが簡単というメリットがあります。

 

逆に、昔ながらのたたき(三和土)仕上げは、赤土や砂利に漆喰などを混ぜて練り上げたものを塗り敷き詰めます。

 

水を透過するため、水がついたとしても自然に乾きやすく室内のフローリングなどよりはお手入れが楽です。

 

表面は固まっているのでほうきなどで掃いて掃除することができます。

 

カフェのような土間ダイニングキッチン

事例を見る:Case4「忙しい二人は休日はハンモックで癒される」

 

・住宅兼店舗ではオンオフの線引きにも

 

将来的にマンションの一角を店舗やアトリエとして使いたいときは、店舗として想定するスペースを初めから土足で歩ける半屋外仕様にしておくといいかもしれません。

 

例えば、リビングやキッチンを使って料理教室を開きたいので、玄関周りはもちろん、廊下、リビング、キッチンまでを土間仕上げにしたというケースもあります。

 

マンションを住宅兼店舗にする場合は、土間があることで、「土間部分は店舗やスタジオ=家の中の公共スペース」「それ以外はプライベートのスペース」と、お客様にはっきり線引きを示すことができます。

 

また、ご自身にとっても、仕事とプライベートの切り替えにも役立ちそうですよね。

 

・外の汚れがついたものを置ける

 

キャンプ用品やカー用品、自転車やベビーカーなど、家の中に収納するには汚れが気になるものは結構ありますよね。

 

とはいえ、マンションでは駐車場や駐輪場のスペースは限られており、個人用の屋外空間である庭もありません。

 

また外に置いておくと盗難が心配、家族の在宅を知られて不安、という人も多いと思います。

 

このようなケースに、広い玄関土間空間が大活躍します。

 

ベビーカーの収納にも便利な玄関土間収納

事例を見る:Case67「家中に詰め込んだ好きのかたち」

 

■ 土間を作る場所とそれぞれのメリット

 

・玄関

 

土間空間を作る場所としてもっともポピュラーなのは、玄関の延長として作る土間です。

 

最近では玄関土間を広げてシューズクローゼットをつける事例が増えています。

 

シューズクロークは、靴の収納だけでなく、自転車やベビーカー、アウトドアグッズや工具類など汚れやニオイが気になるものの収納場所にもぴったりです。

 

自転車やトランクをしまえる玄関土間収納

事例を見る:Case56「“好き”を並べてすっきり暮らす」

 

リノベーションでは、土間のシューズクローク内の造作棚や窓、扉などもすべてオリジナルで作ることができるので、自分だけの使いやすい収納場所を実現できます。

 

マンションリノベ

マンションリノベについて詳しくみる

 

・土間キッチン

 

最近増えているのが、キッチンをタイル仕上げにする事例です。

 

タイルはフローリングよりもお手入れが簡単で、水だけでなくキッチンにつきものの油汚れにも強いところがメリットです。

 

玄関からキッチンまで土間をつなげれば、買い物帰りの食材の収納やゴミ出しもスムーズ。

 

まるで海外のマンションやレストランの厨房のようなおしゃれで機能的なキッチンになりますよ。

 

さらに、玄関から入ってすぐを土間キッチンにすれば、専用スペースとしての玄関自体をなくすことができます。

 

狭くて寒いという印象のマンションの玄関が、ドアを開けるとすぐに広い空間が見える開放的なおうちに大変身します。

 

玄関から直通で土足のまま使う土間キッチン

玄関とキッチンがひと続きの土間

事例を見る:Case52「デッドスペースのない家」

 

・リビングの一部やバルコニー前の空間

 

マンションで土間を作りたい人におすすめなのが、リビングの近くにあることが多いバルコニー前の空間です。

 

マンションではプライバシーが気になり「ほとんどバルコニーには出ない」という人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、バルコニー前を土間にすることで、まるでサンルームのようなアウトドアリビングとして使うことができるように。

 

視線を気にせず、バルコニーからの光や風を感じながら過ごせる空間が出来上がります。

 

キッチンやリビングを土間にする場合は、土間とそれ以外の部分の床レベル(高さ)を変えると空間にメリハリができます。

 

土間部分の高さを少し下げることで、低い玄関框のような段差ができ、土間の掃除がしやすくなります。

 

土間ダイニングキッチンの足元間接照明

事例を見る:Case64「ホテルライクな新築風」をあえて、リノベで叶える贅沢」

 

最近は、段差部分に間接照明を入れる事例も増えています。

 

足元の間接照明は段差部分でも優しい光で安全を守ってくれるでしょう。

 

・玄関~洗面所・脱衣所

 

自転車やサーフィン、キャンプなど、アウトドアな趣味をお持ちの方なら、「外から帰ったら家をなるべく汚さずにシャワーまで行きたい」と思ったことのある人も多いのではないでしょうか。

 

そんな人におすすめなのが、浴室や脱衣所と玄関を近づける間取りにして、玄関からすぐに直接脱衣所に入れる土間を設けるパターンです。

 

広めの玄関と土間収納を組み合わせて、
帰宅 → 荷物の整理 → 洗面脱衣所 → シャワーまたは浴室の動線をスムーズにすることがポイントです。

 

■ マンションリノベーションで土間をつくる際の注意点

 

・足元の冷え対策

 

マンションに土間を採用するときは、土間以外の部分と温度差ができることに注意しましょう。

 

土間に使うタイルや石、コンクリートは、フローリングと比べると断熱性が低い素材のため、冬場は特に外気の影響を受けて冷えやすくなります。

 

特にキッチンやリビングに採用すると底冷えが気になる可能性もあるので、個別に暖房器具を設置したり床暖房を入れたりするなど工夫する必要があるかもしれません。

 

■ まとめ

 

昔の日本人にとって土間空間は、まさに生活の中心でした。

 

現代では、土間は素材や機能が多様化し、「土間=おしゃれ」というイメージを持つ人も多くなっています。

 

現代のマンションでも、土間空間をうまく活用することで「自分にとってのここちよい空間」を実現している方がたくさんいます。

 

今回ご紹介した土間のメリットや注意点、実例を参考に、素敵な土間空間を実現してくださいね♪

 

■江東区・都内で土間を取り入れたマンションリノベーションはSHUKEN Reにお任せください

 

私たちSHUKEN Reは、お客様のご要望に合わせたオーダープランのリノベーションを得意としています。

 

デザインや設備など、どんなご要望も私たちスタッフにお話いただければ、イメージづくりをお手伝いさせていただきます。

 

今回ご紹介した「土間を上手に取り入れたマンションリノベーション」をしたいというご要望も、デザインや建材選びはもちろん、ライフスタイルに合わせた使いやすい設備づくりなど柔軟に対応します。

 

【EVENT一覧】

 

SHUKEN Reのスタッフ

【私たちについて】

 

東京の世田谷と千葉の浦安には、造作キッチンのデザインも体感いただけるショップもご用意しています。

 

興味のある方は、ぜひ遊びに来てくださいね♪

 

【店舗一覧】

【オンライン相談会の詳細はコチラ

 

このコラムを見た人におすすめ


世田谷区でおしゃれなリノベーション|昭和レトロ・モダンな空間づくり

おしゃれで便利なリビング小上がりの魅力|畳のあるリノベーション事例【東京・千葉】

自宅でバー気分のおしゃれリノベーション|東京・千葉の間取り事例

おしゃれで清潔なタイル床のキッチン|東京・千葉のリノベーション事例

玄関がスッキリ片付くシューズクロークの間取り|千葉県のリノベーション事例


マンションリノベ

マンションリノベについて詳しくみる

リノベ事例集の請求

施工エリアを事前にチェック
東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

SHUKEN Reのリフォームブックや
イベントのご案内をお送りいたします。


    施工エリアを事前にチェック
    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市
    神奈川県 横浜市・川崎市
    千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    お名前必須


    ふりがな必須


    電話番号必須

    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須


    ご住所必須


    ご年代必須


    ご検討内容必須


    リノベーションご検討先必須


    リノベーションご検討先の ご住所


    個別相談必須


    リノベーションご検討の物件種類必須


    リノベーション完了ご希望時期必須


    ご予算必須


    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください
    ショップページをみる


    来店希望日時

    ※水木祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須


    個別相談必須


    リノベーションご検討の物件種類必須


    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須


    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)必須


    気になる物件


    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください →ショップページをみる


    来店希望日時

    ※火水祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    その他アンケート項目

    お時間あればお答えください。(所要時間:30秒)

    何の媒体でSHUKEN Reを
    見たことがありますか(複数選択可)


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき同意できる場合に、ご送信ください。

    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    1998年創業の株式会社秀建を母体とし、住宅のリノベーションに特化して素敵な暮らしをご提案。グループ会社とのアライアンスにより、商業施設・公共工事・再生エネルギー・不動産・造作家具まで多岐に渡るご相談を承り、その実績をベースに、高いデザイン力と安心の施工力をご提供しています。

    この住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら