2023-02-06 

マンションリノベーションに自然素材を!おすすめ素材や事例写真を紹介

自然素材を取り入れたマンションリノベーション

 

「自然素材の家」と聞くと、木造住宅を連想する方が多いかもしれませんが、鉄筋コンクリート造などのマンションにも自然素材は取り入れられます!

 

そこで、今回はマンションリノベーションをする際におすすめの自然素材を紹介します。

 

私たち“SHUKEN Re”が手掛けてきた事例写真も交えて解説しますので、「ナチュラルな部屋にしたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

 

この記事のポイント
・マンションリノベーションに「自然素材」を取り入れると、デザイン面・快適面・健康面でのメリットが得られます。
・自然素材から作られた建築材料は様々で、理想の間取り・インテリアデザインに合わせてお選びいただけます。
・“SHUKEN Re”では、物件探しからローン相談、リノベーションの設計・施工、アフターメンテナンスまでをまとめてお任せいただけるワンストップリノベーションをご用意しています。

 

■ “自然素材”はマンションリノベーションにも!メリット・デメリットは?

 

天然木材を取り入れた板張り天井

 

「都会での生活に自然な雰囲気を取り入れたい」「体に優しい自然素材に囲まれて暮らしたい」そんな方におすすめなのが、“自然素材”。

 

自然素材とは、合成化学物質をそれほど使っていない天然由来の材料から作られている建築材料を指しますが、取り入れる前に知っておくべきメリット・デメリットがあります。

 

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

 

メリット

 

  • ・落ち着いたデザインや質感が表現できる
  • ・調湿機能や消臭機能などを持つものがある
  • ・シックハウス症候群や化学物質過敏症を引き起こす化学物質の量が少ない
  • ・SDGs(持続可能な開発目標)達成に貢献できる

 

自然素材を取り入れたい方の多くは、「温かみ」や「ナチュラルな風合い」を求める方も多いでしょう。

 

自然由来である故の優しい風合いや質感は、人工物に囲まれた近代の生活に落ち着きや居心地の良さをプラスしてくれます。

 

また、漆喰など素材自体に調湿効果や消臭効果を持つものも多く、快適面でのメリットも注目されています。

 

そして、住む人の健康被害を引き起こす建築資材に含まれる化学物質が少ないため、シックハウス症候群や化学物質過敏症に悩まされている方にとっても、心強い味方と言えるでしょう。

 

近年、国を挙げてアピールしているのが「木材利用によるSDGs」です。

 

日本は、その国土の2/3程度を森林が占めており、その資源を永続的に活用・維持するための取り組みとして、「内装の木質化」が推し進められています。

 

自然素材を使うことは環境保護と相反すると思われる方もいらっしゃいますが、森林については定期的に伐採・植林を繰り返すことで、生き生きと永続し続けられると言われています。(参考:林野庁|我が国の森林の循環利用とSDGsとの関係

 

ポイント
「内装の木質化」は、心理面・身体面・衛生面・経済面など様々なメリットがあるとされており、住宅のみならず学校や病院、オフィス、商業施設などの建物へ採用されています。
(参考:林野庁|内装木質化した建物事例とその効果

 

 

デメリット

 

  • ・コストが割高
  • ・見た目にばらつきがある
  • ・汚れやキズがつきやすい
  • ・経年変化しやすい

 

メリットが注目されがちですが、リノベーションに自然素材を取り入れる前に、十分理解しておかなくてはいけない注意点もあります。

 

まず、自然素材のものはコストが高めであるという点です。

 

確かに、限られた自然資源から作られるため、人工的な材料から大量生産される工業製品と比べると、どうしても値が張ってしまいます。

 

また、自然素材は温度や湿度によって施工時の扱い方が異なり、熟練した経験と技が必要です。

 

そのため、一日に施工できる面積は限られ、工事費も高くなってしまう可能性は否めません。

 

しかし、その分得られるメリットは大きいため、ご予算に応じて自然素材と人工的な素材のバランスを考えることが肝心と言えるでしょう。

 

ここで知っておくべき点が、「無垢材の色ムラ」です。

 

木目や節の位置がランダムなのは当然ですし、色ムラは必ずあります。

 

また、自然素材にこだわればこだわるほど、人工的なコーティングは施されておらず、日焼けなどの経年変化や汚れ・キズが付くリスクは避けられません。

 

しかし、それらを“味わい”として楽しめれば、きっと愛着の湧く居心地のいい住まいになるはずです。

 

ポイント
経年変化や汚れ・キズを“味わい”として捉えられる方にとっては、自然素材を用いたリノベーションは、使い込んでいくうちに表情が変わるため、時の流れが感じられておすすめです。
逆に、細かな汚れ・キズが気になる方や、クリーンでムラのないデザインがお好きな方には、あまりおすすめできません。

 

〈人気コラム〉
10畳のリビングダイニング実例|マンションの正方形や縦長の部屋のおしゃれなレイアウト

おしゃれな洗面所レイアウト23選|1畳〜3畳の収納方法、間取りの工夫を解説

リビングダイニング照明のおしゃれな実例|2つ以上を組み合わせる選び方、配置など紹介

寝室6~8畳の快適なレイアウトとは|おしゃれで動線もいい配置づくりのポイント

 

 

■ マンションリノベーションに取り入れられる“自然素材”は?

 

マンションリノベーションの李でもけいこさんちリスク・注意点・デメリット

 

では、マンションリノベーションにおすすめの“自然素材”とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

 

ここでは、主要なものについて特徴やポイントをそれぞれ解説します。

 

 

● 無垢フローリング材

 

マンションリノベーションのリスク

 

リノベーションに取り入れやすい自然素材の代表格とも言えるのが、「無垢フローリング材」です。

 

無垢材のみから作られているものだけではなく、表面材にだけ無垢材が取り入れられている挽板フローリング・突板フローリングなどもあります。

 

ひと昔前までは、無垢フローリング材は熱の影響を受けやすく、床暖房の上には施工できないとされてきましたが、最近は特殊加工された「床暖対応タイプ」もあります。

 

ポイント
マンションリノベーションの場合は、必ず遮音性のあるフローリング材を選ぶか、フローリング材の下に遮音マットを敷き込みましょう。
また、管理規約によって、遮音等級の最低レベルが決められていることもあるため、事前の確認が必須です。

 

 

● 漆喰・珪藻土・シラスなどの塗り壁材

 

珪藻土の塗り壁

(引用:四国化成

 

日本に古来から伝わる「漆喰」や、二酸化珪素を含んだ「珪藻土」、火山噴出物を主成分とした「シラス壁」など、自然由来の塗り壁材は多数あります。

 

これらのメリットは、細かな凹凸のある構造であるため、湿気や匂い成分を抱え込む働きがあるという点です。

 

そのため、調湿や消臭・脱臭を目的に、自然素材の塗り壁材を採用する方も少なくありません。

 

左官職人が手作業で作り上げる、自然なテクスチャーや風合いは、インテリアに高級感をプラスしてくれるでしょう。

 

ポイント
壁紙のように簡単に部分補修はできませんが、各メーカーでタッチアップ材や補修キットを用意しています。
「全く目立たなくなる」という訳にはいきませんが、万が一汚れやキズがついた場合でも、小面積であればご自身でメンテナンスできます。

 

 

● 板張り天井・板張り壁

 

ダイナミックで高級感漂う板張り天井

 

トレンドなのが、「板張り天井」や「板張り壁」です。

 

昔から住宅へ取り入れられてきた手法ですが、最近はデザイン的な観点から、たくさんの方よりご要望いただきます。

 

フローリングと木目を合わせてトータルコーディネイトしてみたり、一部の天井や壁だけ板張りにしてインテリアのアクセントにしたりするのがおすすめ!

 

ホワイトを基調としたシンプルなインテリアでも、一部に板張りを取り入れるだけで、グンとおしゃれなお部屋に生まれ変わります。

 

ポイント
板張り天井や板張り壁を取り入れる際の“鉄則”は、フローリングと木目や色味を合わせることです。
まとまりのあるデザインに仕上がります。
ただし、狭い部屋や天井高の低い部屋に取り入れると、圧迫感を強調してしまう恐れがあるため、気を付けましょう。

 

 

● 石材・レンガ・自然素材由来のタイル

 

レンガを取り入れたインダストリアルスタイル

 

板張り壁と同様にアクセントウォールとして人気なのが、石材・レンガ・タイル材です。

 

単調になりがちなインテリアデザインに、個性をプラスできます。

 

写真のようにビンテージ風レンガを取り入れれば、インダストリアルな雰囲気になりますし、大理石を選べばゴージャスな印象のお部屋に仕上がります。

 

そして、最近人気なのが“機能性壁タイル”です。

 

漆喰壁などと同じような調湿機能・消臭機能を持つ自然由来のタイル材を採用すれば、デザイン的におしゃれなだけではなく、その空間の居心地もより良いものにできます。

 

自然素材から作られた壁タイル材

(引用:INAX|エコカラット

 

 

● 自然由来の塗料・ワックス

 

塗装・無垢フローリングの組み合わせたナチュラルな印象に

 

シックハウス症候群や化学物質過敏症の人が増えている中、古くから使われてきた自然素材の塗料・ワックスへの注目が高まっています。

 

自然素材にとことんこだわりたい方は、ぜひ仕上げ材についてもじっくり検討してみましょう。

 

自然素材から作られた塗料・ワックス材の代表は以下の通りです。

 

【柿渋(かきしぶ)】

熟れていない柿を絞った液体を発酵・熟成した着色塗料で、オイルステインのように木目を生かした仕上がりにしたい場合におすすめです。

着色できるだけではなく、防虫・防水・防腐・抗菌効果もあります。

 

【バターミルクペイント】

牛乳に含まれるたんぱく質が主成分の水性塗料で、人や動物に健康被害を及ぼすVOC(揮発性有機化合物)が一切含まれていません。

通常のペンキなどと同じように使われます。

 

【蜜蝋ワックス・自然由来のオイルワックス】

蜜蝋(ミツバチの巣を溶かして不純物を取り除いたもの)や亜麻仁油、荏胡麻の油、桐油、ひまわり油などを主成分とした床材用ワックスがあります。

日焼けや乾燥などから表面を保護したり艶出ししたりするために使われ、化学物質から作られたワックスと比べるとナチュラルな光沢感が素敵です。

ただし、化学物質由来のワックスよりもこまめな塗り替えが必要となります。

 

 

〈人気コラム〉

トイレのアクセントクロス失敗談から学ぶ上手な選び方|おしゃれな施工例を紹介

洗面所・脱衣所のおしゃれな壁紙リノベ実例|アクセントクロスの使い方と機能の選び方

玄関入ってすぐリビングの家|おしゃれなレイアウト実例、目隠しのアイディアを紹介

ファミリークローゼットを“後悔”する人の理由は?失敗しないための間取りづくりから事例まで徹底解説

 

 

● 畳

 

畳を取り入れた自然素材リノベーション

 

日本の住宅建築とは切っても切り離せない「い草」ですが、最近は和室を作るご家庭は減っており、その魅力を知らない方も多いかもしれません。

 

しかし、実はい草には調湿機能や空気清浄効果があり、独特な香りは体をリラックスさせ、心を落ち着ける効果があるとも言われています。

 

「和室は使いづらい」という方におすすめなのが、写真のような“小上がり”スペースです。

 

フローリングの部屋ですと床に座ってくつろぎにくいですが、小上がりを作れば、お子さんの遊び場としてや、ちょっとゴロリとくつろぐ場所として活躍します。

 

小上がりを確保するスペースがない場合は、フローリングに直接置ける薄い“敷き畳”を取り入れてみても良いでしょう。

 

ポイント
小上がりを作れば、その下を収納スペースとして使うこともできますので、家具を置きづらい間取りのお宅にもおすすめです。

 

 

● 自然素材クロス

 

網代クロス

(引用:SANGETSU|SP2868

 

施工面やコスト面、お手入れ面から、ビニールクロスが主流ですが、自然素材を使った壁紙もあります。

 

和紙や布製のクロスだけではなく、最近は籐・網代(あじろ)・木質から作られた商品も増えています。

 

これらは全面に施工するというよりも、天井やアクセントクロスに取り入れるのがおすすめです。

 

“本物”ならではの質感によって、お部屋に高級感が加わります。

 

ポイント
ビニールクロスのように表面を水拭きできないものもありますので、採用する場合はお手入れ方法についても十分確認してください。

 

 

● 造作家具

 

板張り壁と統一感のある造作家具

 

ウッドインテリアにこだわりたい方におすすめなのが、造作家具です。

 

造作家具とは、間取りやインテリアデザインに合わせて、イチから設計・デザインするオーダーメイド家具のこと!

 

スペースに合わせてプランニングするため、中途半端なデッドスペースができませんし、しまいたいもの・置きたいものに合わせて棚板や引き出しを作ることができます。

 

市販の既製家具と異なり、材料を全て選べる点もポイントです。

 

フローリングなどと色や木目を揃えられるため、統一感のあるお部屋にしたい方は、ぜひ造作家具をプランに取り入れてみましょう。

 

ポイント
私たち“SHUKEN Re”では、造作家具の設計施工も全て自社で行なっています。
収納計画を見直したい方も、ぜひお気軽にご相談ください!

 

〈関連コラム〉

「造作家具」で自分らしいリノベを実現♪【千葉・東京のリノベーション実例付き】

 

ワンストップリノベ

ワンストップリノベについて詳しくみる

 

〈人気コラム〉

ファミリークローゼットを“後悔”する人の理由は?失敗しないための間取りづくりから事例まで徹底解説

おしゃれなダイニングカウンターリノベ♪東京・千葉のリノベーション実例

壁付けキッチンで狭い間取りを広くリノベ|10~12畳のLDにいいキッチンの作り方【東京・千葉】

築40年の中古住宅は何年住めるか|スケルトンリフォーム・リノベ事例

 

 

■ まとめ:自然素材を取り入れてナチュラルで落ち着きのある空間に

 

自然素材から作られた建築材料は、そのリアルなテクスチャーからもたらされるナチュラルで落ち着きのある風合いが一番の魅力ですが、その他にも調湿機能や消臭機能を持つものもあります。

 

そのため、見た目だけではなく快適面から取り入れる方も少なくありません。

 

また、地球環境問題の解決へ貢献できるという利点も忘れてはいけません。

 

木材をふんだんに使った内装にすることは、SDGs実現へ寄与できます。

 

「快適でおしゃれな家にしたい」「健康的に暮らせるようにリノベーションしたい」「地球に優しい住まいにしたい」という方は、まず私たち“SHUKEN Re”へご相談を!

 

豊富な知識と経験を持った専門スタッフが、あなたのリノベーション計画をお手伝いいたします。

 

施工事例では、築年数の古い物件でもきれいに蘇った事例を多数ご覧いただけますので、お住まいの価値を維持・向上したい方は、ぜひ参考にしてください。

 

〈人気コラム〉

【施工事例】造作洗面台のおしゃれ空間|費用を抑えるコツを紹介

おしゃれなダイニングカウンターリノベ♪東京・千葉のリノベーション実例

 

 

 

■ 自然素材と取り入れたマンションリノベーションはSHUKEN Reへご相談ください

 

マンションリノベーションはSHUKEN Reへ

 

東京・神奈川・千葉エリアで素敵な家づくりを目指すなら、リノベーション専門店のSHUKEN Reにご相談ください。

 

お客様一人ひとりに合わせたオーダーメイドプランで、もっと素敵に暮らしやすいマイホームづくりをお手伝いします。

 

たくさんのリノベをお手伝いしてきたスタッフがサポートしますので、家づくりのどんなご相談もお気軽にどうぞ。

 

恵比寿・世田谷・浦安の店舗での来店相談のほか、オンライン相談もご用意しています。

 

安心して快適な生活を送れる住まいにリノベーションしたいという方は、ぜひご連絡ください。

 

スタッフ一同お待ちしております。

 

ワンストップリノベ

ワンストップリノベについて詳しくみる

 

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    施工エリアを事前にチェック
    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください
    ショップページをみる


    来店希望日時

    ※水木祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください →ショップページをみる


    来店希望日時

    ※火水祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    その他アンケート項目
    お時間あればお答えください。(所要時間:30秒)

    何の媒体でSHUKEN Reを
    見たことがありますか(複数選択可)

    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき同意できる場合に、ご送信ください。

    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら