2022-12-06 

犬と暮らす家のリフォームアイデア♪おしゃれな間取り実例も紹介

犬と暮らす家のリフォーム事例 リビングのチワワ

 

ワンちゃんと一緒に暮らすご家族は多いですが、初めて飼う方は「今の家のままで大丈夫かな?」と心配もありますよね。

 

今回は私たち人間とワンちゃんが一緒に楽しく暮らすためのリフォームアイデアをたくさん紹介します。

 

後半では犬と暮らす家のリフォーム事例も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

この記事のポイント
・ワンちゃんの習性や好きなことに合わせた間取りで、ストレスやケガを防ぎましょう。
・マンションを犬と暮らす家にリフォームするポイントも解説します。

 

■人も犬も過ごしやすい家を作ろう♪

 

リフォーム後のマンションでくつろぐダックスフント

 

最近はワンちゃんもお家の中で一緒に暮らすのが当たり前になりましたが、私たち人間と犬では過ごしやすい環境が違います。

 

犬と暮らす家を考える前に、まずはワンちゃんの好きなことや苦手なことを知っておきましょう。

 

□犬の好きなことや場所
  • 運動やお散歩
  • モノを集めてしまっておく
  • 落ち着ける暗くて狭い場所

 

ダイニングで飼い主と遊ぶ犬

 

大型犬から小型犬まで、ワンちゃんは基本的に走り回ったりお散歩したりするのが大好き♪

 

いろいろなモノに興味を持ち、拾って自分のテリトリーに持って帰ることも多いです。

 

オオカミにルーツを持つワンちゃんは、巣穴のような暗くて狭い場所でリラックスするのも特徴。

 

□犬の苦手なこと
  • 大きな音や光の変化
  • 香水やタバコなど人工的なニオイ
  • 蒸し暑い場所
  • 一人での留守番

 

昔から人間と近い距離で暮らしてきたワンちゃんですが、自然界にない大きな音や光、人工的な強いニオイは苦手です。

 

また犬は体温調整が得意ではないので、夏の蒸し暑い環境だと熱中症になってしまうことも。

 

群れで暮らす習性があるので、一人で留守番すると寂しがる子も多いようです。

 

二匹のフレンチブルドッグと暮らす家のリフォーム

 

こうしたワンちゃんの好きなこと・苦手なことは、犬と暮らす家を作るための大切なヒントになります。

 

犬種によって性格が違うこともあるので、これから迎える予定のワンちゃんについて調べてみるのもおすすめです。

 

 

■犬と暮らす家のリフォームアイデア

 

 

滑りにくい床材に変える

 

滑りにくい犬用フローリング

 

住まいの大部分を占めるフローリングは、ワンちゃんが滑りにくい素材やコーティングのものに変えましょう。

 

犬は本来地面に爪を立てて走ったり歩いたりするため、ツルツルしたフローリングではうまく歩けません。

 

フローリングが滑ると体に負担がかかり、股関節の脱臼や椎間板ヘルニアなどの原因となることがあります。

 

犬用フローリングの例

 

犬用のフローリングは、滑りにくいコーティングや耐水・防キズ機能などもセットで備えています。

 

またパインやヒノキといった柔らかい無垢材を、無塗装で使うのも滑りにくくワンちゃんに優しいアイデア。

 

 

外からの情報をコントロール

 

聴力が高いワンちゃんは外からの情報に敏感なため、音と視界をコントロールするのも大切なポイント。

 

電車や車など人工的な音がうるさい環境なら、ペアガラスや二重サッシで静かな環境を作ってあげましょう。

 

外を人やほかのワンちゃんが通るような状況なら、外の様子を観察できる窓があるとストレスを緩和しやすいです。

 

窓の外の変化を見せてあげると退屈しにくくなるので、お留守番が多いご家庭にもおすすめのアイデアです。

 

 

ひとりになれるスペースを確保

 

群れで過ごす習性のあるワンちゃんですが、落ち着いてひとりになれる自分のテリトリーも確保してあげましょう。

 

ワンちゃんは暗くて狭い場所が好きなので、収納の間や壁に囲まれた場所を隠れ家にするのがおすすめです。

 

夏場でもひんやり涼める玄関タイルや土間にワンちゃんスペースをつくるのも良いですね。

 

リビングや廊下など人が行き来する場所から少し離れた環境に、専用スペースをつくってあげてください。

 

犬との暮らしの事例バナー

 

 

好きな場所に行ける動線づくり

 

犬用のペットドア

 

リビングで家族みんなと過ごしたり、隠れ家でひとり落ち着いたり、ワンちゃんが自分で好きな場所に行ける動線も採り入れたいアイデアです。

 

移動範囲が広がると運動不足解消にもなり、ストレス予防効果も期待できます。

 

お部屋の間にドアがあって分断される場合は、ワンちゃん用の出入り口を付ければ自由に行き来できるようになります。

 

ただしサイズが合わないと挟まったり怪我をしたりする恐れがあるので、犬種や体格に合わせて選びましょう。

 

 

危険な場所は入れないようにする

 

犬にとって危険なキッチンスペース

 

自由に移動できる動線を作りつつ、犬にとって危ない場所は入れないようにすることも大切です。

 

刃物や食べてはいけないモノがあるキッチン、おぼれる可能性がある浴室などは、自分で入れないようにしましょう。

 

階段の上り下りでケガをすることもあるので、ペットゲートなども活用して移動範囲を制限してください。

 

 

運動できるスペースづくり

 

中型~大型犬と一緒に暮らす場合は、屋内でも思いきり運動できるスペースも検討しましょう。

 

体が大きいワンちゃんは必要な運動量も多くなるので、お散歩だけだとストレスが溜まってしまうこともあります。

 

外に出る心配がない中庭やフェンスの内側にドッグランがあると、お家でもたっぷり運動することができます。

 

ドッグランが難しい場合は、回遊動線を作ってお家の中をぐるぐる走れるようにするのも一つのアイデア。

 

 

スムーズにお手入れできる場所

 

お散歩から帰ってきて足を洗ったり、グルーミングをしたりする場所を用意しておくのもおすすめのワンちゃんリフォームです。

 

玄関の近くに水栓があると、お散歩で泥だらけになってもそのまま足を洗えて効率的♪

 

外の水場が難しい場合、玄関から洗面所に直行できる動線があると便利です。

 

 

ニオイや汚れが付きにくい内装を選ぶ

 

ワンちゃんと一緒に生活していると、ニオイや汚れが気になることもあるので内装材で対策しましょう。

 

フローリングは前述したようなワンちゃん用のものを選ぶと、汚れやオシッコが染みこみにくくニオイの対策にもなります。

 

ワンちゃんは壁に寄りかかって過ごすことが多いので、汚れ防止コーティングされたクロスを選ぶのがおすすめです。

 

消臭作用のあるクロスや珪藻土を内装に使うのも人気のアイデアです。

 

犬との暮らしの事例バナー

 

 

断熱リフォームで人も犬も快適に

 

前述したようにワンちゃんは暑さに弱く、エアコンの効いた環境に慣れると寒さで風邪を引いてしまうことも少なくありません。

 

窓や壁の断熱リフォームを行うと、外気の影響を受けにくくワンちゃんも私たち人間も快適な環境を作れます。

 

冷暖房効率が良くなり光熱費節約にもつながるので、ワンちゃんがお留守番することが多いご家庭には特におすすめです。

 

断熱リフォームはこちらのコラムで詳しく解説しています。

 

【関連コラム】

 

 

抜け毛のお掃除をしやすい間取りに

 

犬の抜け毛の掃除をしやすいシンプルなリビング

 

犬種によっては季節の変わり目に抜け毛がたくさん出ることもあるので、お掃除のことも考えた間取りを採り入れましょう。

 

例えば段差がない広い間取りにすれば、ロボット掃除機にお掃除を任せることができます。

 

カーペットは毛が絡んでお掃除が大変なので、フローリングにした方が負担は軽減しやすいです。

 

収納をしっかり作って床面にモノを置かないようにして、抜け毛が溜まらないようにするのもおすすめです。

 

ペットリノベのバナー

ペットリノベについて詳しくみる

 

 

■マンションでも犬と暮らす家は作れる?

 

リフォームしたマンションで過ごす犬と家族

 

庭が無く増築もできないマンションはハードルが高そうですが、工夫次第で犬と快適に暮らす家は作れます。

 

これから中古マンションを購入する予定の方は、管理規約でペットが禁止されていないかチェックしてから選びましょう。

 

また間取り変更しやすい構造のマンションを選ぶことで、リフォームの自由度がアップし今回ご紹介したアイデアを採り入れやすくなります。

 

リフォーム会社と一緒にマンションを探す「ワンストップリノベーション」を活用すると、犬と暮らす家を実現しやすいのでおすすめです。

 

SHUKEN Reではワンちゃんとの生活を見据えたマンション選び、リフォームプランのご提案もお手伝いしています。

 

ワンストップリノベのバナー

ワンストップリノベについて詳しくみる

 

 

■犬と暮らす家の間取り実例

 

 

実例①

 

フレンチブルドッグと暮らす家のリフォーム リビング

 

2匹のフレンチブルドッグと暮らすご自宅マンションを、みんなが過ごしやすい住まいにリノベーション。

 

犬と暮らす家のリフォーム キッチン
犬と暮らす家のリフォーム カップボード

 

キッチンは引き出しキャビネットとカップボードで収納量を確保し、ワンちゃんにとって危険な食べ物や器具をきちんとしまえます。

 

犬と暮らす家のリフォーム ブルドッグ専用スペース

 

風通しの良い場所にワンちゃん専用のスペースも確保し、程よい距離感で生活できるように工夫しています。

 

 

実例②

 

犬と暮らす家のリフォーム リビングでくつろぐ

 

3匹のワンちゃんと暮らすためのマンションを、文字通り「Dogs First」にリノベーション。

 

犬が滑りにくい足場板

 

床材には滑りにくく汚れが目立たない足場板をチョイスし、ワンちゃんが思いきり走り回れる空間に。

 

犬用の日向ぼっこスペース

 

窓も断熱リフォームし、自然光たっぷりの窓際で気持ちよくお昼寝できる場所になりました。

 

 

■まとめ

 

今ワンちゃんと暮らしている方、これから迎える方は、楽しく快適に犬と暮らすためのリフォームを検討してみてください。

 

ワンちゃんのための環境を整えることで、家族としての絆が深まりさらに楽しい生活につながりますよ♪

 

東京・神奈川・千葉エリアで犬と暮らす家づくりをご検討の際は、私たちSHUKEN Reにご相談ください。

 

ワンちゃんとの家づくりをお手伝いした豊富なノウハウがありますので、どんなご要望にもしっかりお応えします。

 

 

物件の購入+リノベのリノベーション個別相談会バナー

今住んでいる家のリノベーション個別相談会バナー

購入した家のリノベーション個別相談会バナー

 

ワンストップリノベのバナー

ワンストップリノベについて詳しくみる

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    施工エリアを事前にチェック
    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください
    ショップページをみる


    来店希望日時

    ※水木祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください →ショップページをみる


    来店希望日時

    ※火水祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    その他アンケート項目
    お時間あればお答えください。(所要時間:30秒)

    何の媒体でSHUKEN Reを
    見たことがありますか(複数選択可)

    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき同意できる場合に、ご送信ください。

    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら