SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

YOMIMONO
読み物

2021-10-20 

アクセントクロスでおしゃれ&安眠できる寝室に|色や素材の選び方、施工例など紹介

アクセントクロスのある寝室

 

寝室をおしゃれで安眠できる部屋にするために、アクセントクロスを採用するという方法が人気です。

 

でもいざ選ぶとなると、「どの面に貼る?」、「何色がいいの?」、「柄物を選んで失敗しない?」と不安もあることと思います。

 

そこで今回は寝室のアクセントクロスについて、選び方や注意点を詳しくお話しします。

 

ブルー、グリーン、グレイなど色別の施工例も紹介するので、ぜひ参考になさって下さい。

 

■おしゃれで安眠できる寝室づくり|アクセントクロス選びで失敗しない3つのポイント

 

 

おしゃれな寝室のアクセントクロス選びで、失敗しないポイントは3つです。

 

知っておくと、他の部屋のクロス選びにも役立ちます。

 

・1. 寝室全体のテイストを決める

 

ますはどのテイストにするかを決めることで、ブレずにおしゃれな寝室づくりができます。

 

  • ナチュラル:自然素材を使うイメージ
  • 北欧風:柔らかな色味のイメージ
  • リゾート風:日差しが降り注ぐ部屋に観葉植物などにぎやかなイメージ
  • 和風:畳、ふすま、障子など。和風レトロ、大正レトロもアリ
  • ホテルライク:落ち着いた色味でスッキリしているイメージ
  • ヴィンテージ:使用感のある家具、建具など
  • インダストリアル:工業デザインを使った武骨なイメージ
  • レトロ:色あせが味を出しているイメージ  など

 

【関連記事】⇒レトロな家に住む|昭和レトロ、大正レトロ、洋風レトロのおしゃれな家づくり事例

 

テイストを決めれば、カーテンや家具選びも失敗しにくくなりますよ。

 

・2. 安眠に適した色・柄を選ぶ

 

次に安眠するための環境づくりとして、寝室に合うアクセントクロスの色・柄を決めましょう。

 

特定の好きな色が無い場合は、安眠に適していると言われる色を選ぶのがおすすめです。

 

  • ブルー、ネイビー:心が静まる
  • グリーン、ブラウンなどのアースカラー:健康をイメージ
  • 淡いピンク:安心感を感じる
  • グレー:大人の落ち着き
  • ベージュ:清潔
  • :上品 など

 

一方で以下のような色は寝室に向かないとされています。

 

  • :神経が興奮する
  • 黄、オレンジ:活気を感じる
  • :強さを感じる一方で、精神状態によっては不安を強める など

 

部屋ごとに違うアクセントクロスを選んで楽しみたい場合は、「部屋の役割に合う色がある」ことを覚えておくといいでしょう。

 

またクロスの柄選びで迷ったら、視線を流しやすい縦のストライプ、自然を感じさせる植物・花柄などが飽きにくいのでおすすめです。

 

・3. アクセントクロスの面積&配置も大切

 

 

アクセントクロスの色や柄によっては、面積が大きすぎると圧迫感を感じることがあります。

 

そこで、アクセントクロスを取り入れる面積は2〜3割程度を目安にしてみて下さい。

 

壁のどの面にアクセントクロスを貼るかも迷うと思いますが、以下のようなパターンがあります。

 

  • 天井:横になったとき、目に入る
  • 枕側の壁1面、足元側の壁1面:アクセントクロスの色を間接的に感じられる
  • 横になったときの左右2面:左右どちらに寝返りを打っても、アクセントクロスが目に入る
  • 窓からの日差しが当たる場所:色の濃淡が楽しめる

 

ただし紹介した3つのポイントは、あくまでも一般的な例です。

 

明確な好みがある場合は、紹介した心理効果などを参考にしながら、好きなデザインを取り入れて下さい。

 

【関連記事】⇒人気のアクセントクロスでおしゃれな部屋に|失敗しない選び方、部屋別の事例紹介

 

■寝室に合うアクセントクロスの機能性

 

クロスには、さまざまな機能がついています。

 

カタログを見るときは、ぜひ機能性にも注目して下さい。

 

寝室に合うクロスの主な機能は、以下の3つです。

 

  • ・抗アレルゲン
  • ・消臭
  • ・吸放湿

 

■寝室のアクセントクロス施工例を紹介

 

アクセントクロスを決めるときは、実例をたくさん見ることでイメージが固まります。

 

寝室のアクセントクロス実例を、色別にチェックしましょう。

 

・ブルー、ネイビー

 

まずは寝室に取り入れる色として人気の、ブルー、ネイビーの事例を紹介します。

 

淡いパステルカラーの水色と観葉植物がマッチして、浄化された空間というイメージです。

 

事例を見る:case025「躯体現し+ステンレスキッチン=ザッツハード!」

 

水色でもトーンをおさえた色味にすると、シックな空間になります。

 

事例を見る:case108「Collage House」

 

さらに深い色味のネイビーでまとめた寝室です。

 

アクセントクロスの面積が大きくて、空間に重みがありますね。

 

事例を見る:case100「ノーブル・ブルックリン」

 

こちらは家具や内装の好みとマッチする、ヴィンテージな雰囲気のブルーです。

 

事例を見る:case082 「ねこの願いも叶えた家」

 

・グリーン、ブラウンなどのアースカラー

 

アースカラーも、寝室に取り入れる色として人気です。

 

パリの屋根裏部屋のような雰囲気の寝室に、アンティークなリーフ柄の世界観がマッチしています。

 

事例を見る:case067「家中に詰め込んだ好きのかたち」

 

抜け感のある、薄いグリーンのアクセントクロスです。

 

植物がないのに、深呼吸したくなりますね。

 

事例を見る:case050 「昭和レトロな懐かしさとお洒落感」

 

グリーンとグレーがミックスした色味です。

 

こっくりしたホテルライクな空間で、静かな時間が過ごせそうです。

 

事例を見る:case054「アンティーク×都会的MIXインテリア」

 

・グレー

 

北欧のデザインが好きな方に人気のグレーです。

 

【関連記事】⇒アクセントクロスで北欧のナチュラルな部屋づくり|事例から失敗しない選び方を紹介

 

部屋の一部に取り入れるだけでも、北欧のお家のような雰囲気を表現できます。

 

事例を見る:case114「暮らしやすさもおしゃれさも」

 

こちらはリビングと一間続きの寝室です。

 

渋いグレーが、空間に奥行きを持たせています。

 

事例を見る:case112「じぶん価値の家」

 

柔らかなグレーで統一された寝室です。

 

窓から入る日差しで濃淡が生まれ、一日の始まり、終わりどちらもイメージできます。

 

事例を見る:case109「憧れのホワイトキッチン」

 

こちらは紫がかったモダンなグレーです。

 

紫には癒やしの効果もあると言われているので、こんなアクセントクロスのお部屋で瞑想するのも良さそうです。

 

事例を見る:case060 「ネコと日向ぼっこ」

 

・紫

 

紫は大人っぽくて上品イメージがあります。ピンク寄りの柔らかな色味を選べば、子供部屋にもピッタリです。

 

事例を見る:case078「COLORFUL × STYLISH」

 

■まとめ:アクセントクロスで寝室で過ごす時間の質を上げよう

 

寝室は長い時間を過ごす場所なので、大好きなデザインで仕上げたいですよね。

 

今回ご紹介したアクセントクロスの選び方や施工例を参考に、ぜひ世界に一つだけの安らげる空間づくりをして下さい。

 

「本当にこの色でいい?」、「もっとおしゃれなアクセントクロスがあるのでは?」と感じたら、デザイン性を重視して提案してくれるプロに相談するのがおすすめです。

 

SHUKEN Reは、デザイン性にこだわって自社施工で質の高いリノベーションを提供しています。

 

さまざまなテイストの家づくりを提案できるので、ぜひご活用下さい。

 

家の雰囲気に合う造作キッチン・造作家具の製作も好評で、家づくりが大好きなプランナーが、インテリアも含めて提案いたします。

 

造作キッチン

Onlyone Kitchenについて詳しくみる

 

「まだリノベーションを決意していないけど、話だけ聞いてみたい」という場合でも、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

リノベーションは家をおしゃれにつくりなおすだけでなく、快適性もアップさせます。

 

【WORKS一覧】

 

千葉、東京のショップで、専門知識を持った頼れるプランナーに直接ご相談下さい。

 

【店舗一覧】

 

また、オンラインでのご相談も可能です。

 

【EVENT一覧】

 

【オンライン相談】

 

SHUKEN Reのスタッフ

【私たちについて】

 

このコラムを見た人におすすめ


・マンションの暗い部屋に光を取りこむ間取りテクニック|明るいリノベ実例

・おうち時間が楽しくなる♪秘密基地のような家の作り方

・こだわり建具のおしゃれリノベーション事例集♪造作建具の魅力


デザインリノベデザインリノベについて詳しくみる

 

リノベ事例集の請求

施工エリアを事前にチェック
東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

SHUKEN Reのリフォームブックや
イベントのご案内をお送りいたします。


施工エリアを事前にチェック
東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市
神奈川県 横浜市・川崎市
千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

お名前必須


ふりがな必須


電話番号必須

日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

メールアドレス必須


ご住所必須


ご年代必須


リノベーションご検討先必須


リノベーションご検討先の ご住所


リノベ相談必須


リノベーションご検討の物件種類必須


リノベーション完了ご希望時期必須


ご予算必須


ご来店希望店舗

ご希望の店舗をお選びください
ショップページをみる


来店希望日時

※水木祝日以外・10-18時

第1希望
時間帯
第2希望
時間帯
第3希望
時間帯

ご自由に入力ください


その他アンケート項目

お時間あればお答えください。(所要時間:30秒)

何の媒体でSHUKEN Reを
見たことがありますか(複数選択可)


ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき同意できる場合に、ご送信ください。

監修者情報

SHUKEN Re 編集部

SHUKEN Re 編集部

1998年創業の株式会社秀建を母体とし、住宅のリノベーションに特化して素敵な暮らしをご提案。グループ会社とのアライアンスにより、商業施設・公共工事・再生エネルギー・不動産・造作家具まで多岐に渡るご相談を承り、その実績をベースに、高いデザイン力と安心の施工力をご提供しています。

この住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

詳しいプロフィールはこちら