公開日:2024-01-14  更新日:2024-01-17

リノベーション物件探しの基礎知識|選び方のポイントや失敗を防ぐコツ

リノベーション向きの物件の施工事例

 

この記事では、リノベーション前提で物件探しをするときに必要となる基礎知識を分かりやすく解説します。

 

リノベーションのベースとなる、物件の種類や探し方などの基礎知識を覚えておくと、理想の住まいづくりに役立ちます。

 

また、ムダな費用をかけずに理想の間取りやデザインを実現するための、リノベーション向きの物件選びのポイントも解説。

 

リノベーション向き物件を上手に選んで、理想のマイホームを手に入れましょう。

 

この記事のポイント
・リノベーション前提の物件探しは、リフォーム前で間取り変更の自由度が高い中古住宅を選ぶのがおすすめです。
・物件探しの相談先は複数ありますが、リノベーション会社で中古住宅とプランをワンセットで考えるのが理想的です。
・無理のない資金計画を立て、リノベーション費用の相場を把握するのも、物件選びの大切なポイント。

 

■リノベーション物件の選択肢

 

リノベーション物件の選択肢は、大きく分けると次の3つです。

 

物件の種類や状態によってリノベーション内容や予算が左右されるので、違いをしっかり覚えておきましょう。

 

 

1:リノベーション前の物件

 

リノベーション前の中古物件

 

リノベーション前提で物件を探す場合は、前の持ち主が手を加えていない中古住宅を狙うのが基本です。

 

マイホームとしてリノベーションする場合は内装・水回りを一新するので、前の持ち主が暮らしていたそのままの状態でも問題ありません。

 

リフォーム・リノベーション前の物件は、販売価格に工事費用が上乗せされていないため、コストパフォーマンスが高いのです。

 

ただし、最近はリノベーションが人気のため、未改修の中古物件は見つけにくいのが現状です。

 

住みたいエリアでリノベーション前の物件がどうしても見つからないときは、次の簡易リフォーム済みの物件も視野に入れると良いかもしれません。

 

 

2:簡易リフォーム済みの物件

 

簡易リフォーム済みの物件

 

前の持ち主や不動産会社が、売りやすくするために内装や水回りを簡易リフォームしている物件も1つの選択肢です。

 

例えば、ユニットバスがリフォームされている物件でも、水回りを移動しなければそのまま活かせるのでムダになりません。

 

キッチンのリフォーム済み物件の場合、位置を移動して再利用できる可能性もあります。

 

ただし、全面リフォーム済の中古物件は上乗せされている工事費用が大きく、フルリノベーションするとムダになってしまう可能性が高いです。

 

リフォーム済みの箇所とリノベーションプランによっては、コストパフォーマンスが高い選択肢になるかもしれません。

 

 

3:リノベーション済み物件

 

リノベーション済み物件

 

不動産会社が扱うリノベーション済み物件は、購入後にそのまま住みたい方向けの選択肢です。

 

リノベーション済み物件は不動産会社が中古物件を買い取り、おしゃれに改修してから再販する仕組みです。

 

建売住宅や分譲マンションのように実物を見ながら選べて、トータル費用が分かりやすいなど、リノベーション済み物件ならではのメリットもあります。

 

ただし、間取りやデザインをカスタマイズできず、物件価格とリノベーション費用の内訳が分からないため割高な可能性があるといったデメリットも。

 

手間を省いておしゃれなマイホームを手に入れたい方にはおすすめですが、こだわりを実現したい方はリノベーション前提の中古物件を選ぶのが良いでしょう。

 

〈関連コラム〉

中古マンションリノベーション済み物件購入の注意点|メリット・デメリットを詳しく解説

 

 

■リノベーションの物件探し方法

 

リノベーション前の中古マンションの外観

 

実際にリノベーション前提で中古物件を探す方法は次の3パターンです。

 

 

1:不動産ポータルサイトで探す

 

リノベーションを検討し始めた初期段階は、まず不動産ポータルサイトで物件探しの雰囲気をつかむのが良いでしょう。

 

エリアごとに物件リストを見ていけば、大まかな相場や間取りの傾向などが分かるはずです。

 

ポータルサイトだけではリノベーション向きの物件を見つけるのは難しいですが、お手軽に情報収集できるので便利です。

 

 

2:不動産仲介会社で探す

 

リノベーション前提の中古物件探しは、地域の不動産仲介会社に相談するイメージが強いですよね。

 

不動産仲介会社はREINS(レインズ)のような専門の情報網を持っていて、エリア・予算・要望に合わせて物件を探してくれます。

 

ただし、不動産仲介専門の会社は建築知識までカバーしていない可能性があり、リノベーション向きの物件を見極めるのは難しいかもしれません。

 

リノベーションに対応する不動産会社もありますが、プランづくりや工事は協力業者に外注するケースもあります。

 

不動産会社に相談する場合は、リノベーションの実績やノウハウの有無をしっかりチェックする必要があるでしょう。

 

 

3:リノベーション会社で探す

 

リノベーション会社で物件を探す

 

プランづくりと工事を担当するリノベーション会社に、物件探しから相談するのも有力な選択肢です。

 

物件探しから工事まで窓口が1つになるため「ワンストップリノベーション」と呼ばれています。

 

理想のライフスタイルから逆算して物件を選べるので、失敗や予算オーバーを防ぎやすいのがワンストップリノベーションのメリット。

 

マンション・一戸建てどちらの場合も、基本的にはリノベーション会社に物件探しを相談するのがおすすめです。

 

〈関連コラム〉

ワンストップリノベーションとは?

 

物件探しからのワンストップリノベーションはこちらから

ワンストップリノベについて詳しくみる

 

 

■リノベーション向き物件探しのポイント

 

リノベーション向きの中古物件事例

 

中古マンション・一戸建てどちらも、リノベーション向き物件の条件は主に次の3点です。

 

  1. 間取り変更の自由度が高い
  2. メンテナンス・管理状態が良好
  3. 新耐震基準を満たしている

 

中古物件は構造によって間取り変更の自由度が異なり、制限が少ない方がリノベーションに向いています。

 

中古マンションならラーメン構造、中古一戸建てなら木造軸組み構造といったように、リノベーション向きの構造の物件を選びましょう。

 

〈関連コラム〉

中古物件購入時に注意すべき見極めポイント

 

また、メンテナンスが行き届いている物件は、余計な補修費用がかかりにくいのでリノベーション向きです。

 

新耐震基準を満たしている物件も、耐震補強工事が不要なので余計な出費を抑えてリノベーションにコストを集中できます。

 

こちらのコラムでもリノベーション向き物件の特徴を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

〈関連コラム〉

中古マンションを買うなら築何年が狙い目?リノベーション前提の物件選び

 

 

■失敗しないリノベーション物件探しのコツ

 

おしゃれな中古戸建て物件リノベーション事例

 

実際にリノベーション物件を探す際は、次の3つのコツを覚えて失敗を防ぎましょう。

 

 

内装や水回りの見た目にこだわらない

 

リノベーション前提の中古物件を内見するときは、壁紙やフローリング、水回り設備などの見た目に惑わされないように注意しましょう。

 

内装や水回りがキレイだと良い印象が残りますが、フルリノベーションではあまり関係ありません。

 

見た目に惑わされてしまうと、リノベーション向きではない物件を選んでしまい、プランづくりに制限が出る可能性も。

 

リノベーションで改装する部分は考えず、間取りやメンテナンス状態など本質的な部分をチェックしましょう。

 

 

最初に無理のない資金計画を立てる

 

物件選びを始める前に、ローン借り入れも含めて無理のない資金計画を立てることも失敗を防ぐコツです。

 

トータル予算が分からない状態だと、いくらぐらいの物件を購入できるのか分かりません。

 

なるべく早い段階で正確な資金計画を立てることで、物件選びやプランづくりの精度が高くなり失敗を防げるのです。

 

中古物件価格とリノベーション費用の総額は、年収をベースに年収倍率・返済負担率などの指標で考えるのが一般的。

 

こちらのコラムで資金計画の考え方を掘り下げていますので、ぜひ参考にしてください。

 

〈関連コラム〉

中古物件購入で住宅ローンはどれくらい借りられる?目安額や月々の返済額はどのくらい?

 

 

リノベーション費用相場を把握する

 

物件探しと平行して、リノベーションの費用相場を把握しておくことも大切です。

 

リノベーションの相場を知らないと中古物件との費用バランスが分からず、予算オーバーするリスクが高くなります。

 

物件の状態や構造でリノベーション費用は変動しますが、延床面積からある程度の相場は予想できます。

 

こちらのコラムでリノベーション費用相場を詳しく解説しています。

 

〈関連コラム〉

リノベーション費用の相場は?プロが教える業者選びと費用を抑えるコツ

 

 

■理想のリノベーション計画は物件探しにこだわろう

 

物件探しにこだわったリノベーション事例

 

物件選びはリノベーションの最初の一歩であり、予算・デザイン・間取りを大きく左右する重要なポイントです。

 

リノベーション向きの物件を上手に選べれば、予算を抑えつつおしゃれで暮らしやすいマイホームをつくれます。

 

逆に、リノベーションに適していない物件を選ぶと、余計な費用がかかり理想の間取りをつくれないことも。

 

物件は単体で考えるのではなく、完成形となる理想のライフスタイルから逆算して探すと失敗を防ぐことができます。

 

これから物件を探す方は、信頼できる施工会社を見つけて「ワンストップリノベーション」で相談してみてください。

 

SHUKEN Reは、東京・千葉・神奈川の首都圏エリアで、物件探しからリノベーションまでワンストップ体制でお手伝いする専門店です。

 

リノベーションのことならなんでもご相談いただけますので、物件探しや住宅ローン計画などどんなこともお気軽にお声掛けください。

3つのご相談窓口

ご検討のステップに合わせて
3つのコースからご相談を承っております。

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    対応エリアを事前にチェック

    ※資料請求の方は対応エリア内のお客様に限らせていただきます。
    上記エリア外の方は一度ご相談ください

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    メイン事例集

    別冊セレクト資料

    ご興味のあるリノベ資料を2点まで
    お選びください。
    メインの「リノベ事例集」と同封のうえ
    郵送いたします。

    対応エリアを事前にチェック

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    • 1情報入力
    • 2送信完了
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(税込み)必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください


    来店希望日時

    営業時間:9-18時
    定休日:水・木・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)(税込み)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください

    物件探しのご相談は恵比寿店もしくはオンラインで承っております。
    移転に伴い、【恵比寿店】のご予約は2024年2月29日(木)まで、【青山店】のご予約は2024年3月22日(金)からとなります。


    来店希望日時

    営業時間:10-18時
    定休日:火・水・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき、下記すべての項目に同意できる場合にご送信ください。




    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら
    コンテンツ制作ポリシー