公開日:2023-11-29 

マンション一棟買いのメリット・デメリット|区分投資とどっちが狙い目?

マンション一棟買いのメリット・デメリット

 

この記事では、マンション一棟買いと区分買いで迷っている方に向けて、メリット・デメリットを詳しく解説します。

 

マンション一棟買いには、収益性や経営自由度が高いなどさまざまなメリットがあります。

 

ただし、物件価格や修繕費用が高額になるなど、注意すべきデメリットも存在します。

 

マンション一棟買いの良い部分・注意すべき部分をしっかり把握し、ご自身に合う選択ができるようにしましょう。

 

この記事のポイント
・マンション一棟買いは区分買いより高い利回りと収益性が期待でき、投資家として事業拡大を目指している方に向いています。
・経営に資金や時間を割けない方、あくまで副業として不動産投資をしたい方は、区分マンションの方が向いている可能性があります。

 

■マンション一棟買いのメリット

 

マンション一棟をまるごと購入してオーナーになると、次のようにさまざまなメリットがあります。

 

 

空室期間中も家賃収入が途絶えない

 

複数戸の一棟マンション

 

マンション一棟買いで複数の部屋を所有すると、空室期間中の家賃収入がゼロにならないのが大きなメリットです。

 

区分マンション一部屋だけ購入する場合、退去後に次の入居者が決まるまでの期間は家賃収入がゼロになります。

 

一棟マンションなら空室が出てもほかの部屋の収入でカバーできるので、ランニングコストの支払いやローン返済が滞る心配が少ないです。

 

 

収益性や利回りが高い

 

利回りが高い一棟マンション

 

物件ごとにばらつきはありますが、区分マンションより一棟マンションの方が利回りは高い傾向があります。

 

一棟マンションは部屋数が多い分利幅も大きくなるので、投資金額を早期回収しやすいというわけです。

 

収益性や利回りの高さから、投資家として成功している方は一棟マンション・アパートを選ぶことが多いと言われています。

 

 

空室対策しやすい

 

一棟マンションをリノベーションで空室対策

 

マンション一棟の所有権があると、築年数が経ったときの空室対策をしやすいのも大きなメリットです。

 

区分マンション買いの場合、リフォーム・リノベーションできるのは専有部分のみで、外観や共用部分は自由に改修できません。

 

部屋のみリノベーションしても、外観が古いと入居者が集まらない可能性があります。

 

マンション一棟買いの場合は、オーナーが建物全体を自由に改修できるため、空室対策の自由度が高くなります。

 

築年数が経って賃料相場や入居率が低下した場合も、一棟リノベーションで新築同様の収益性を取り戻すことが可能です。

 

〈関連コラム〉

一棟リノベーションのメリット・デメリット|費用相場と事例も紹介

 

 

修繕計画をコントロールできる

 

一棟マンションの大規模修繕

 

区分マンションは修繕計画が住民全体の意向に左右されますが、一棟マンションはオーナー自身で内容やタイミングをコントロールできるのも特徴です。

 

区分マンションは、積立修繕金の値上げや大規模修繕に反対意見が多いと、適切なメンテナンスができず建物の状態が悪化し資産価値が低下する可能性があります。

 

一棟マンションの修繕計画はオーナーの一存で決められるため、建物を良い状態にキープしやすいのです。

 

また、依頼先の選定や工事内容も自由に決められるため、コストパフォーマンスの良いメンテナンスができるのも大きなメリットです。

 

 

土地の所有権も得られる

 

マンション一棟買いでは、建物と同時に土地の所有権が丸ごと手に入るのもメリットと言えます。

 

区分マンションの場合土地の所有権は住民全体で共有状態となるため、自由な売却や活用はできず、資産価値は低くなります。

 

マンション一棟買いなら土地全体の所有権を得られるため、資産価値が高くなり将来の転用など選択肢が広がるのもメリット。

 

 

レバレッジ効果が大きい

 

収益性の高い一棟マンション

 

一棟マンションの経営が軌道に乗れば、大きなレバレッジ効果が得られるのも魅力的なポイントです。

 

前述したように一棟マンションは収益性が高いため、金融機関からの担保評価も高くなる傾向があり、融資を引きやすくなります。

 

一棟マンションを担保にして買い増ししたり、より収益性の高い物件に買い替えたり、区分マンションより大きなレバレッジ効果でさらなる事業拡大も狙えます。

 

 

■マンション一棟買いのデメリット

 

一棟マンションのデメリット

 

マンション一棟買いのデメリットも、1つずつしっかり把握しておきましょう。

 

 

物件価格が高い

 

一棟マンションは区分マンションより物件価格が高く、失敗したときの損害が大きくなるのがデメリット。

 

戸数によっては億単位の初期費用がかかるため、必要な自己資金や借入額が高額になります。

 

物件価格が高額だと税金や仲介手数料も高くなるので、総額の負担も大きくなることが多いです。

 

万が一経営に失敗して投資回収できなかった場合、多額の負債を背負うことになります。

 

 

空室が重なると資金繰りが苦しい

 

複数の部屋から家賃収入が得られる一方、空室のタイミングが重なると資金繰りが苦しくなるのもマンション一棟買いのデメリット。

 

マンション一棟買いはローン返済額やランニングコストが高くなるので、家賃収入が減少して赤字転落したときの負担は大きいです。

 

築年数が経つほど入居率は低下していくため、デメリットとリスクも大きくなっていきます。

 

 

災害リスクを分散できない

 

一棟マンションの災害リスクイメージ

 

マンション一棟買いは資産が一か所に集中するため、大きな災害発生時のリスクを分散できないのもデメリット。

 

万が一投資回収期間中に災害でマンションを失った場合、負債だけが残ってしまいます。

 

マンション全体だと修繕費用も高額になりますし、工事期間中の家賃収入も途絶えるのでかなり負担が大きいです。

 

マンションを一棟買いするときは、災害に備えて地震保険や火災保険に加入するのが一般的。

 

火災保険は退去時の原状回復に使える可能性があり、戸数の多いマンション経営をサポートしてくれる一面も。

 

〈関連コラム〉

火災保険が退去時の原状回復に使える?不動産オーナー必見の新基礎知識

 

 

売却が難しい

 

前述したように一棟マンションは区分マンションより高額になるため、売却が難しいのも大きなデメリット。

 

買い手が見つかりにくいので、赤字で手放そうとしても時間がかかり、損害が大きくなる可能性があります。

 

早めに売却するために値下げせざるを得ないケースも多く、出口戦略を立てるのが難しいです。

 

 

■マンション一棟買い・区分買いどっちが向いている?

 

ここまで見てきたメリット・デメリットを踏まえて、マンション一棟買いが向いている人、区分買いが向いている人の特徴をそれぞれまとめておきましょう。

 

 

マンション一棟買いが向いている人

 

マンション一棟買いが向いている人

 

  • 年収が高く自己資金に余裕がある
  • 投資や経営について勉強する時間がある
  • 投資家として事業を拡大していきたい

 

上記にあてはまる方は、区分買いより一棟買いの方が向いている可能性が高いです。

 

年収が高く余裕がある方は、空室率の上昇や賃料相場の低下などにも対応し、失敗リスクを軽減しやすいです。

 

不動産投資初心者の方でも、勉強や経営計画に十分な時間を割くことができれば、成功する可能性は高くなるでしょう。

 

副業ではなく、投資家として賃貸経営をどんどん拡大していきたい方も、リターンが大きい一棟買いが向いています。

 

 

マンション区分買いが向いている人

 

マンション区分買いが向いている人

 

  • リスクを抑えて不動産投資を実践してみたい
  • 副業としてできる範囲で経営したい
  • 子育てやマイホーム取得など大きな出費の可能性がある

 

これから不動産投資を始めてみようと考えていて、なるべくリスクを抑えたい方は区分買いでスモールスタートする方がいいかもしれません。

 

あくまで副業として取り組む場合、経営の手間や考えることが少ない区分マンションの方が負担は少ないでしょう。

 

お子さんの進学やマイホーム取得など、プライベートで大きな出費を控えている方も、流動性の高い区分マンションの方がいざというときに売却しやすいので安心ですね。

 

 

■中古マンション一棟買い+リノベーションがねらい目?

 

中古マンションの一棟リノベーション事例

 

マンション一棟買いのデメリットやリスクを抑え、メリットを最大化するなら、中古物件+リノベーションの組み合わせがおすすめです。

 

中古マンションで購入費用を抑えれば、一棟リノベーションで新築より費用を抑えて収益性の高い物件を手に入れることができます。

 

中古マンションは件数が豊富で、立地条件の良い物件を見つけやすいのも経営面のメリット。

 

マンション一棟リノベーションのメリットや費用については、こちらのコラムも参考にしてみてください。

 

〈関連コラム〉

一棟リノベーションのメリット・デメリット|費用相場と事例も紹介

 

shuken reの一棟リノベーション

 

東京・千葉・神奈川の首都圏エリアで一棟マンションを検討する際は、住宅改修のプロフェッショナルSHUKEN Reにご相談ください。

 

多くの実績で培ったノウハウをもとに、リノベーションでマンションの収益性や集客力を高めるサポートをいたします。

 

購入を検討している物件のリノベーション相談なども、お気軽にお声がけください。

 

▼SHUKEN Reの一棟リノベーションはこちら

3つのご相談窓口

ご検討のステップに合わせて
3つのコースからご相談を承っております。

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    対応エリアを事前にチェック

    ※資料請求の方は対応エリア内のお客様に限らせていただきます。
    上記エリア外の方は一度ご相談ください

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    メイン事例集

    別冊セレクト資料

    ご興味のあるリノベ資料を2点まで
    お選びください。
    メインの「リノベ事例集」と同封のうえ
    郵送いたします。

    対応エリアを事前にチェック

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    • 1情報入力
    • 2送信完了
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(税込み)必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください


    来店希望日時

    営業時間:9-18時
    定休日:水・木・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)(税込み)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください

    物件探しのご相談は恵比寿店もしくはオンラインで承っております。
    移転に伴い、【恵比寿店】のご予約は2024年2月29日(木)まで、【青山店】のご予約は2024年3月22日(金)からとなります。


    来店希望日時

    営業時間:10-18時
    定休日:火・水・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき、下記すべての項目に同意できる場合にご送信ください。




    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら
    コンテンツ制作ポリシー