公開日:2023-03-11  更新日:2023-04-07

マンションリノベーションの後悔事例11選から学ぶ!成功の秘訣をプロが解説

マンションリノベーションの後悔事例

 

都心部を中心に、中古マンションを購入してお好みに合わせリノベーションする方が増えています!

 

しかし、残念なことに住み始めてから後悔してしまうケースも少なくありません。

 

そこで今回は、よくある後悔例とその対策を紹介します。

 

これから中古マンション購入を検討する方や、ご自宅をリノベーションしたいという方は、ぜひ参考にしてください。

 

この記事のポイント
・リノベーション市場が拡大している一方で、後悔してしまう方も増えています。
・物件選びや間取り計画など様々なステップでポイントを押さえれば、後悔せずにリノベーションを実現できます。
・“SHUKEN Re”では、物件探しからローン相談、リノベーションの設計・施工、アフターメンテナンスまでを専門スタッフがサポートするワンストップリノベをご用意しています。

 

■ リノベーションの市場拡大と共に後悔する人が増えている?

 

リノベーションのトラブル増加

 

リノベーションの市場は、年々拡大しており、2023年には約6.6兆円規模にまで拡大することが予想されています。

 

しかし、一方でリノベーションに対して後悔や失敗と感じてしまう方が増えているのも事実です。

 

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターには、施工会社や工事の仕上がりに対する不満の声が多く寄せられており、その件数は市場拡大とともに増加の一途をたどっています。

 

リノベーショントラブルの相談件数

(引用:公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター

 

問い合わせ内容は、施工会社とのトラブルや施工不良、見積もりへの疑念など様々ですが、中には事前に注意点を把握しておくことで防げることも多いです。

 

リノベーションを成功させるためには、よくある後悔例・失敗例からその対策を知っておくことが肝心!

 

あなたの理想を叶えるためにも、ぜひポイントを事前に把握しておきましょう。

 

〈関連コラム〉

リノベーションのブログ体験談で失敗&後悔しない!

リノベーションの後悔を防ぐ方法|ブログや見学会を活用

「リノベーションをやめた方がいい」という人の後悔した理由は?思わぬ“落とし穴”と対策を紹介

 

〈人気コラム〉

10畳のリビングダイニング実例|マンションの正方形や縦長の部屋のおしゃれなレイアウト

おしゃれな洗面所レイアウト23選|1畳〜3畳の収納方法、間取りの工夫を解説

リビングダイニング照明のおしゃれな実例|2つ以上を組み合わせる選び方、配置など紹介

ファミリークローゼットを“後悔”する人の理由は?失敗しないための間取りづくりから事例まで徹底解説

築40年の中古住宅は何年住めるか|スケルトンリフォーム・リノベ事例

 

 

■ マンションリノベーションの後悔事例とその解決方法11選

 

リノベーション後悔事例と対策

 

では、中古マンションをリノベーションする際、どのような後悔&失敗例があるのでしょうか。

 

ここでは、よくありがちなケース11例と、その対策を詳しく見ていきましょう。

 

 

●「理想のプランが実現しなかった」

 

マンションの専有部分内であれば、思い通りにリノベーションできると思われがちですが、実はそうとも言い切れません。

 

天井を見上げれば太い梁型が走っていますし、部屋の隅に柱型や配管スペースがあることも多く、それらは共用部分扱いとなり、移動することはもちろん、一切手を付けてはいけないのです。

 

また築年数の古いマンションですと、間仕切り壁の一部も構造体となっており、そちらも移動できないこともあります。

 

そのため、いざリノベーション工事を始めてみると、思うような間取りが実現できない可能性もゼロではありません。

 

後悔しないための対策ポイント
「広々としたLDK」など、理想のイメージが固まっている場合は、物件探しの段階でリノベーションの専門家からアドバイスを受けましょう。

 

 

 

 

●「収納量が足りなかった」

 

一見きれいで思い通りにリノベーションできたと思っても、いざ住み始めてみると収納量が足らず、物が室内に溢れてしまうというケースもあります。

 

生活感のないすっきりとした生活をイメージしている方にとっては、大きな後悔となってしまうでしょう。

 

後悔しないための対策ポイント
住み替えと併せて“断捨離”することも重要ですが、生活に必要な荷物の量を把握した上で将来を見据えて収納計画を検討することがポイントです。
ウォークインクローゼットやパントリー、ファミリークローゼットなどレパートリー豊富な提案をしてくれるリノベーション会社へ相談しましょう。

 

 

●「家族構成や生活の変化に対応できず使いづらい」

 

住み始めた当初は快適でも、お子さんの誕生や成長、リモートワークなど、家族構成やライフスタイルの変化に対応できず、住みづらくなってしまうこともあるでしょう。

 

リノベーションの計画は、10年後、20年後の生活も踏まえることが重要!

 

あなたの要望や理想にしっかりと耳を傾けてくれる会社を選びましょう。

 

後悔しないための対策ポイント
間取りを検討する前に、ご家族で人生計画についてじっくり話し合いましょう。
それを踏まえて、ある程度フレキシブルに間取り変更できるようにしておくのがおすすめです。
空間をドアやカーテンで区切っておけば、部屋数を変えたい時にも大掛かりな工事が必要ありません。

 

 

●「要望を詰め込みすぎて予算オーバーに」

 

リノベーションを後悔しないためのポイント

 

リノベーションのプランニングを始めると、つい「あれもこれも」と要望をたくさん取り入れたくなりますが、結局最終的に予算オーバーとなって、優先順位の高かった工事を諦めなくてはいけなくなることもあります。

 

リノベーションは着工後にやむを得ない追加工事が発生することもしばしば。

 

解体し始めてから隠れていた部分の劣化が見つかることや、プランを変更しなくてはならなくなることは少なくありません。

 

また、中古マンション購入資金とリノベーション資金のトータル予算を把握していないと、結局大幅な予算オーバーになってしまうことも多いです。

 

後悔しないための対策ポイント
必ず総工事費の10〜15%程度は「予備費」を準備しておきましょう。
また、物件探しの段階からリノベーション計画を並行して始めることも重要です。

 

ワンストップリノベ

▶︎ワンストップリノベについて詳しくみる

 

 

●「予算を気にするあまり理想とは遠いインテリアに」

 

「予算はなく、いくらでも費用をかけられる」という方はごく稀でしょう。

 

ほとんどの方は、必ず予算があるはずです。

 

ただし、予算を気にするあまり理想とかけ離れてしまえば、せっかく大きな費用をかけても満足できません。

 

リノベーションの工事には、「絶対やらなければいけないこと」と「仕様変更によって金額を調整できること」がありますし、同時施工することでコストをコンパクトにできることも多いため、これらについて施工会社からしっかりと説明を受けましょう。

 

後悔しないための対策ポイント
複数のプランで見積もりをとりましょう。
明細の詳細を提示してくれる会社なら、工事の優先順位がつけやすく、予算に併せて内容を調節しやすいです。

 

 

●「完成した部屋がイメージと違う」

 

リノベーションは新築マンションのようにモデルルームがある訳ではないため、どうしても出来上がってからイメージと違うと感じてしまうこともあります。

 

特に、広さ感やサイズ感を一般の方が図面から想像することは難しいでしょう。

 

後悔しないための対策ポイント
イメージパース(完成図)などの資料を用意してくれる会社を選びましょう。
また、現地で広さを都度確認するなど、こまめな現場打ち合わせをすることもおすすめです。
工程表を作成してもらい、工事の進み具合を見ながら、ぜひ現場へを訪れてみてください。

 

 

●「オール電化にできなかった・最新設備機器が入れられなかった」

 

「せっかくリノベーションするのだからオール電化にしたい」「高性能な最新設備機器を導入したい」という方も多いでしょう。

 

しかし、残念ながら築年数の古いマンションでは、それが叶わないこともあります。

 

問題となるのが、「電気容量」です。

 

マンションは棟全体で電気容量が決められており、各世帯の容量上限が設けられています。

 

古いマンションですと、「30Aまでしか上げられない」ということも少なくありません。

 

これではオール電化はおろか、電化製品の多い現代の生活にはフィットしない可能性もあります。

 

後悔しないための対策ポイント
購入前にどこまで電気容量が上げられるか確認しましょう。

 

 

●「インターネット速度が遅く家で仕事が捗らない」

 

ご自宅でリモートワークする方にとって、インターネットの回線速度は重要なポイントですよね。

 

しかし、マンションによってはインターネット回線の種類が限られており、ご自身で光ケーブルなどの引き込みができません。

 

また、古いマンションは回線自体が古く、速度に影響してしまうこともあります。

 

メールのやり取りなどテキスト通信のみであれば1Mbps程度でも十分ですが、一般的なWebページの閲覧でも10Mbps、高画質の動画を見たりオンライン会議をする場合は、30Mbpsは必要です。

 

また、容量の大きなデータを送る場合も、回線速度によってかかる時間が異なります。

 

後悔しないための対策ポイント
購入前に、引き込まれているインターネット回線の種類を確認しましょう。
また、築20年を超えるマンションの場合は、回線の更新がされているかもチェックポイントです。

 

 

●「リノベーション後に水漏れが発生」

 

稀にあるのが、リノベーション後に水漏れが発覚するケースです。

 

これでは、せっかく取り替えた設備配管や、きれいにした内装材が台無しになってしまいます。

 

原因は、給水管や排水管の老朽化です。

 

配管の寿命は15〜20年程度のものが多いので、築20年を超えるマンションの場合は特に気をつけましょう。

 

後悔しないための対策ポイント
設備機器だけを交換するのではなく、その下の配管も更新することをおすすめします。
ただし、既に配管が取り替えられている場合もあるので、売主にその点を確認しておくとよいでしょう。

 

〈関連コラム〉
中古マンションは配管リノベーションが必要|寿命のリスクを解説

 

 

●「リノベーションしたのに長くは住めないことが発覚」

 

マンションのリノベーション

 

せっかくフルリノベーションするなら、その先10年、20年と長く住み続けたいですよね。

 

しかし、1981年5月以前に建てられた「旧耐震基準」のマンションですと、既に建て替え計画が持ち上がっている可能性もあります。

 

マンション建て替え件数

(引用:国土交通省

 

また、共用部の老朽化で修繕積立金とは別に高額な修繕一時金を支払わなくてはならなかったり、急に月々支払う修繕積立金が値上げされたりするケースもゼロではありません。

 

後悔しないための対策ポイント
建築時期が1981年6月以後の「新耐震基準」であるマンションから物件探しをしてみましょう。
また、必ず大規模修繕履歴を確認し、共用部も必要なメンテナンスが行われているかを確認することも欠かせません。

 

 

●「リノベーションがご近所トラブルに発展」

 

マンションは戸建住宅よりもさらに近くに住んでいる方への配慮が欠かせません。

 

残念ながら、リノベーション前には関係が良好だったにも関わらず、工事をきっかけにトラブルに発展することもあるのです。

 

“騒音などはお互い様”と思わず、迷惑をかけてしまうことを前提に考えましょう。

 

フルリノベーションの際は、解体音で両隣・上下の部屋に迷惑をかけたり、材料の搬入で共用廊下を塞いでしまったりしないように気をつける必要があります。

 

後悔しないための対策ポイント
工事前の近隣挨拶を徹底しましょう。
挨拶の際には工程表も添えて、いつ頃大きな音ができるかも事前に知らせておくことも大切です。
また、工程がずれ込んだり変更されたりした場合も、都度お知らせすることを忘れずに!
こまめに進行を知らせることで、あなたの誠意が伝わり、多少の不便も許してもらえる可能性が高まります。

 

〈人気コラム〉

トイレのアクセントクロス失敗談から学ぶ上手な選び方|おしゃれな施工例を紹介

洗面所・脱衣所のおしゃれな壁紙リノベ実例|アクセントクロスの使い方と機能の選び方

玄関入ってすぐリビングの家|おしゃれなレイアウト実例、目隠しのアイディアを紹介

おしゃれなダイニングカウンターリノベ♪東京・千葉のリノベーション実例

寝室6~8畳の快適なレイアウトとは|おしゃれで動線もいい配置づくりのポイント

 

 

 

■ まとめ:マンションリノベーション成功の鍵はリスクヘッジ!

 

マンションリノベーションを検討する方は年々増えていますが、残念ながら後悔や失敗と感じてしまう方は少なくありません。

 

満足できるリノベーションを実現するためには、原因となるポイントに対して事前に対策を取っておくことが重要です。

 

ただし、初めてマンションリノベーションをする方にとって、完璧にポイントを押さえることは難しいかもしれません。

 

そこでおすすめなのが、物件探しからリノベーションまで丸ごとサポートしてもらえる会社へ相談すること!

 

建築的知識と不動産的知識を持ち合わせた会社に相談することで、快適な住まいが実現できます。

 

〈人気コラム〉

【施工事例】造作洗面台のおしゃれ空間|費用を抑えるコツを紹介

おしゃれなダイニングカウンターリノベ♪東京・千葉のリノベーション実例

壁付けキッチンで狭い間取りを広くリノベ|10~12畳のLDにいいキッチンの作り方【東京・千葉】

 

 

後悔のないマンションリノベーションをご検討中の方はSHUKEN Reへご相談ください

 

マンションリノベーションの会社

 

東京・神奈川・千葉エリアで素敵な家づくりを目指すなら、リノベーション専門店のSHUKEN Reにご相談ください。

 

お客様一人ひとりに合わせたオーダーメイドプランで、もっと素敵に暮らしやすいマイホームづくりをお手伝いします。

 

たくさんのリノベをお手伝いしてきたスタッフがサポートしますので、家づくりのどんなご相談もお気軽にどうぞ。

 

恵比寿・世田谷・浦安の店舗での来店相談のほか、オンライン相談もご用意しています。

 

安心して快適な生活を送れる住まいにリノベーションしたいという方は、ぜひご連絡ください。

 

スタッフ一同お待ちしております。

 

3つのご相談窓口

ご検討のステップに合わせて
3つのコースからご相談を承っております。

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    対応エリアを事前にチェック

    ※資料請求の方は対応エリア内のお客様に限らせていただきます。
    上記エリア外の方は一度ご相談ください

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    メイン事例集

    別冊セレクト資料

    ご興味のあるリノベ資料を2点まで
    お選びください。
    メインの「リノベ事例集」と同封のうえ
    郵送いたします。

    対応エリアを事前にチェック

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    • 1情報入力
    • 2送信完了
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(税込み)必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください


    来店希望日時

    営業時間:9-18時
    定休日:水・木・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)(税込み)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください

    物件探しのご相談は恵比寿店もしくはオンラインで承っております。
    移転に伴い、【恵比寿店】のご予約は2024年2月29日(木)まで、【青山店】のご予約は2024年3月22日(金)からとなります。


    来店希望日時

    営業時間:10-18時
    定休日:火・水・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき、下記すべての項目に同意できる場合にご送信ください。




    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら
    コンテンツ制作ポリシー