公開日:2022-07-21  更新日:2023-04-06

玄関の広さとおすすめ動線|2畳からでも広く使える機能的な玄関リノベ実例

趣味室のようなおしゃれな玄関スペース

 

リノベーションするなら「玄関の広さやデザインを思い切って変更したい」「玄関からの動線機能を高めたい」など、住まいの第一印象を決める玄関エリアは、よりおしゃれに仕上げたいですよね。

 

玄関での滞在時間は他の空間と比べて短いかもしれませんが、毎日出入りする場所として重要な空間でもあります。

 

今回は、そんな玄関の広さや機能性を左右する間取りの取り方や動線づくりのポイントを解説します。

 

2畳からでも失敗しないおすすめのアイデアや実例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

この記事のポイント

・リノベーション後のライフスタイルや家族構成に合わせた「玄関」の広さ目安をご紹介します。
・平均的な広い玄関と狭い玄関の違いを参考にしてみましょう。
・2畳からでも失敗しない、動線のいいおすすめ「玄関」間取りを実例で見てみましょう。

 

■リノベーション「玄関」にちょうどいい広さとは

 

大人モダンなホテルライク玄関

事例を見る:Case55「空間を広げる!室内窓活用術」

 

リノベーションするなら、玄関はどれくらいの広さにするべきでしょうか?

 

間取り変更をお考えなら、その時期や将来を見据えたご家族のライフスタイルや家族構成をベースに、まずは一般的な広さの目安を参考にしてみましょう。

 

 

・2人暮らしのケース

 

近年の新築住宅やリフォーム・リノベーションで採用される標準的な玄関の広さは約3畳(約5.47㎡)と言われています。

 

例えば、新築戸建てを建てる世帯の多くが親子3~4人家族であるということを考えると、2人暮らしの戸建てやマンションのリノベーション時には、約1.5~2畳以上で検討するのがちょうどいいかもしれません。

 

2人分の靴や外出アイテムを収納する、壁付けの棚や靴箱を選んでも窮屈に感じない程度の広さです。

 

 

・3~4人家族のケース

 

土間1畳+玄関ホール1畳+収納1畳の標準的な3畳程度の広さが理想的です。

 

間口1.35m以上×奥行き1.2m以上ある方がいいでしょう。

 

約3畳の玄関スペースが確保しづらい場合でも間口を約1.6m以上取ることで、ゆとりある空間を演出することができます。

 

また、シューズクロークを設けるなら、通り抜け可能なウォークスルータイプで「通路兼収納」スタイルにすると便利です。

 

 

・5人以上・来客が多いケース

 

親子5人以上のご家族や来客の多いご家庭の場合は、約4畳以上の玄関を確保しておくのがいいでしょう。

 

ご家族やお客様が玄関で混雑するのを避けるために、日常用と来客用の動線を分ける間取りも人気です。

 

例えば、日常用はシューズクロークやファミリークローゼットを経由する動線で、収納も兼ねた機能的なスペースとして確保しておけば、来客用動線をいつでもキレイな状態にしておくことができるのでおすすめです。

 

マンションリノベ

マンションリノベについて詳しくみる

 

 

■広い「玄関」間取りの特徴

 

収納に便利なシューズクロークのある広い玄関

事例を見る:Case122「回遊=幸せのかたち」

 

一般的な「玄関」の広さ目安が分かったところで、ご家族での使い勝手や収納スペースの大きさにも注目して、広い玄関」間取りの特徴を見てみましょう。

 

 

【メリット】

 

・開放的で使いやすい

 

3~4畳以上の広い玄関は、開放感があってご家族が一緒に利用する場合でもあまり支障がありません。

 

玄関でちょっとした趣味の作業や靴・外出アイテムの掃除を行うのにも余裕があります。

 

・荷物を置く余裕が生まれる

 

広い玄関なら、室内の方が安心なベビーカーやお子様の遊び道具などを置いておくのにも便利です。

 

靴やかさ、カバンなどの荷物を収納するシューズクロークを設計したり、車いすが入るバリアフリーリフォームをしたりする場合にもおすすめです。

 

 

【デメリット】

 

・施工費用が高くなる

 

玄関スペースを広くすれば、その分施工にかかる費用は高くなります。

 

玄関の機能性と間取り全体のバランスをトータルで検討するのがおすすめです。

 

・他の間取りを圧迫する

 

施工費用と同様に、玄関と他の間取りとのバランスが大切です。

 

玄関の広さと使い勝手を優先し過ぎて、他の間取りが圧迫されることのないよう注意しましょう。

 

 

■狭い「玄関」間取りの特徴

 

子育て中でもカッコいい&狭くてもおしゃれな「玄関」間取り

事例を見る:Case96「子育て中でもカッコいい!」

 

続いて「狭い玄関」間取りの特徴も確認しておきましょう。

 

総合的に見て、どちらがよりご家族の暮らしの理想に近い間取りかを比較して、検討するのもおすすめです。

 

 

【メリット】

 

・他の間取りを広げることができる

 

玄関スペースを節約すれば、他の間取りを広く配分することができます。

 

ご家族の人数や収納が少ない場合には、無駄のないスッキリとした玄関に仕上げるのもいいでしょう。

 

・無駄な荷物が増えにくい

 

狭い玄関なら、掃除や整理整頓がしやすく余計な荷物も増えにくい空間に仕上げやすくなります。

 

ミニマムな生活、かつ広いLDKを希望するご家族におすすめのスタイルです。

 

 

【デメリット】

 

・収納スペースに不満

 

人数の多いご家族やアウトドア用品など荷物の多いご家庭には、窮屈な玄関スペースになる可能性があります。

 

玄関まわりに収納したいご家族みんなのくつや荷物の量をよく把握してから、広さや収納スタイルを決めるのがポイントです。

 

・家族が混雑する

 

玄関収納と同様に、ご家族が揃って出入りする場合や小さなお子様がいる場合、狭い玄関が不便に感じることがあります。

 

滞在時間は短くても毎日のことなので、より快適に利用できる空間づくりを目指しましょう。

 

デザインリノベ

デザインリノベについて詳しくみる

 

 

■【実例】2畳からでも広く使えるおすすめ「玄関」動線

 

ショップのような間取りがおしゃれなマンチェスター風リノベ

事例を見る:Case98「マンチェスター・テイスト」

 

最後に、おしゃれで便利な玄関のリノベーション実例をご紹介します。

 

玄関の広さだけでなく、玄関からの動線や玄関とつながる間取りによって、玄関の見え方や使い勝手が大きく変わってくることにも注目してみましょう。

 

 

・間口を広げて開放感を出す

 

むき出し収納がおしゃれな横長「玄関」

事例を見る:Case92「シンプル&ナチュラル」

 

モルタルの土間がナチュラルな雰囲気を醸し出すおしゃれな玄関デザインの実例です。

 

無駄のない壁面棚を活用して、デザイン性のあるむき出し収納を実現しました。

 

玄関に十分な広さが確保できない場合でも、間口の広さや横に伸びるスペースを確保することで、広がりを感じられる空間に仕上がります。

 

ガラスドアで玄関に居ても廊下に居ても圧迫感なく過ごせるデザイン

事例を見る:Case92「シンプル&ナチュラル」

 

玄関と廊下を仕切るドア選びにもこだわって、透過性のあるデザインが優雅な間取りになりました。

 

 

・ファミリークローゼットにつながる玄関動線

 

土間続きのシューズクローク

事例を見る:Case93「収納☆大充実」

 

4人家族の「玄関収納⇔ファミリークローゼット」がウォークスルーでつながる機能的な「玄関」間取りの実例です。

 

玄関兼シューズクロークのデザインで、ご家族みんなの使い勝手を考えたショップスタイルの大容量収納が叶いました。

 

玄関シューズクロークからはファミリークローゼットへと続く便利な動線

事例を見る:Case93「収納☆大充実」

 

玄関土間の収納と玄関ホール+廊下を活用したファミリークローゼットが、お子様にも使いやすいスタイルです。

 

非効率と言われることが多い廊下も、動線と収納を一体化させることで回遊性も機能性も高い価値あるスペースに仕上がりました。

 

 

・入口2つの自由に選べる動線

 

玄関からウォークインクローゼット⇔寝室へとつながる間取り

事例を見る:Case112「じぶん価値の家」

 

シンプルな玄関からは、2WAYに分かれた動線が設計された実例です。

 

写真手前の来客用通路の奥には、カーテンで仕切られた「ウォークスルークローゼット⇔寝室⇔リビング」に続く動線がレイアウトされています。

 

自分の生活パターンを反映させた自分だけのこだわりスタイルが実現しました。

 

玄関からリビングに続く来客用通路

事例を見る:Case112「じぶん価値の家」

 

来客用の通路は、まるで図書館に来たかのようなおしゃれな収納も兼ねた廊下に仕上げています。

 

 

・デッドスペースの有効活用

 

空間を無駄なく自由に活用した土間玄関の収納スタイル

事例を見る:Case132「楽しいわが家♪」

 

お子様2人それぞれの個室をつくるために、デッドスペースの活用に力を入れた玄関デザインの実例です。

 

“床面積との闘い”になったこちらのリノベーションでは、玄関のL字間取りの壁面を上手に使って、理想通りのアイテムの数々が納まる空間が完成しました。

 

家族の靴はもちろん、自転車やキャンプ道具まで収納した玄関

事例を見る:Case132「楽しいわが家♪」

 

リノベーション前は、置き場に困っていた自転車やキャンプ道具など、趣味のアイテムもおしゃれに片付く&取り出しやすいスタイルに収納され、ちょっとした趣味室としても活躍しそうです。

 

【関連コラム】

 

 

■まとめ:動線次第で機能が高まる「玄関」間取り

 

標準的な玄関の広さは3畳前後ですが、家族構成やご家族のライフスタイルによって理想の収納スタイルや動線が大きく違ってきます。

 

そのため、広さだけでははかれない快適性をご家族でよく話し合って、使い勝手のいいスペース配分や玄関からの効率的な動きをシュミレーションなどで割り出してみましょう。

 

限られた間取りのデッドスペースも有効に活用して、ぜひ理想以上の玄関デザインに仕上げてみてくださいね♪

 

 

東京・神奈川・千葉エリアで素敵な家づくりを目指すなら、リノベーション専門店のSHUKEN Reにご相談ください。

 

お客様一人ひとりに合わせたオーダーメイドプランで、もっと素敵に暮らしやすいマイホームづくりをお手伝いします。

 

たくさんのリノベをお手伝いしてきたスタッフがサポートしますので、家づくりのどんなご相談もお気軽にどうぞ♪

 

恵比寿・世田谷・浦安の店舗での来店相談のほか、オンライン相談もご用意しています。

 

スタッフ一同お待ちしています♪

 

【EVENT一覧】

【オンライン相談】

 

このコラムを見た人におすすめ


・廊下がない家の間取りで後悔を防ぐコツ|東京のリノベーション実例【間取り図アリ】

・玄関とリビング直結のおしゃれなリノベーション間取り実例♪デメリットと対策も解説

・玄関がスッキリ片付くシューズクロークの間取り|千葉県のリノベーション事例

・マンションの暗い、狭い玄関をおしゃれにする8つのコーディネート方法&実例


3つのご相談窓口

ご検討のステップに合わせて
3つのコースからご相談を承っております。

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    対応エリアを事前にチェック

    ※資料請求の方は対応エリア内のお客様に限らせていただきます。
    上記エリア外の方は一度ご相談ください

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    メイン事例集

    別冊セレクト資料

    ご興味のあるリノベ資料を2点まで
    お選びください。
    メインの「リノベ事例集」と同封のうえ
    郵送いたします。

    対応エリアを事前にチェック

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    • 1情報入力
    • 2送信完了
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(税込み)必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください


    来店希望日時

    営業時間:9-18時
    定休日:水・木・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)(税込み)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください

    物件探しのご相談は恵比寿店もしくはオンラインで承っております。
    移転に伴い、【恵比寿店】のご予約は2024年2月29日(木)まで、【青山店】のご予約は2024年3月22日(金)からとなります。


    来店希望日時

    営業時間:10-18時
    定休日:火・水・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき、下記すべての項目に同意できる場合にご送信ください。




    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら
    コンテンツ制作ポリシー