公開日:2022-01-09  更新日:2023-04-06

玄関とリビング直結のおしゃれなリノベーション間取り実例♪デメリットと対策も解説

玄関からリビング直結の間取り

 

デザイナーズハウスなどで見かけるような、玄関からリビングに直結している間取り、ちょっとあこがれますよね。

 

開放感とオリジナリティのある間取りはとっても素敵ですが、寒さなどデメリットも気になるところ。

 

今回は玄関とリビング直結の間取り実例を見ながら、メリット・デメリットと対策をチェックしていきましょう。

 

 

■玄関からリビング直結の間取りが増えてる?

 

玄関とリビング直結の間取り図1

 

最近はリビング中心のライフスタイル主流になってきたこともあり、玄関とリビングをつなげる間取りを見かけることも増えてきました。

 

今まで玄関ホールは「あるのが当然の間取り」でしたが、無くしてみたらもっと快適な暮らしになるかもしれません。

 

ドアが一枚減って移動効率が良くなり、玄関・リビングともに広がりを感じられるのが直結間取りの魅力♪

 

ライフスタイルによって合う・合わないはありますが、新しい時代の間取りアイデアとしてぜひ検討してみてください。

 

■玄関⇒リビング直結のリノベーション間取り実例

 

さっそく玄関とリビングを直結した、おしゃれなリノベーション実例をご紹介します。

 


事例①

玄関からリビング直結の間取り図①

玄関から見たダイニングテーブル

事例を見る:Case126「ひとり時々ふたり」

 

玄関からダイニングキッチンに直接行ける動線は、食材を買って帰ってきたときの移動効率がばつぐん♪

 

リビング方向は壁でさりげなく視線を遮り、プライバシーもしっかり確保しています。

 

リビングのプライバシーを守る玄関の袖壁

事例を見る:Case126「ひとり時々ふたり」

 

たった一枚の壁ですが玄関からリビングへの視線をしっかりカットし、直結間取りのデメリットを解消してくれます。

 

寝室一体のリビングですが、宅急便の受け取りや突然の来客にも慌てることなく対応できそうです。

 


事例②

玄関からリビング直結の間取り図②

玄関を開けてすぐ見えるキッチン

事例を見る:Case105「ビールが美味しい我が家」

 

コンパクトなワンルームマンションでは、玄関ホールの無い間取りはメリットも大きいです。

 

ドアを開けてすぐのキッチンはデザインにこだわり、おしゃれなバーのような雰囲気に♪

 

ベッドルームが直接見えないレイアウト

事例を見る:Case105「ビールが美味しい我が家」

 

玄関からベッドルームが直接見えないレイアウトなので、普段の生活も問題ありません。

 

 


事例③

玄関からリビング直結の間取り図③

 

玄関と直接つながるLDK

事例を見る:Case104「Smart Style」

 

玄関ホールを無くしてLDKの奥行きを延長し、開放感あふれる間取りに変身しました。

 

こちらも袖壁を残すことで視線をコントロールしているので、突然の来訪があっても慌てることがありません。

 

玄関から入って見える広いLDK

事例を見る:Case104「Smart Style」

 

吐き出し窓からの自然光がたっぷり入る明るいLDKは、玄関から入ったときの雰囲気が気持ち良い空間に♪

 


事例④

玄関からリビング直結の間取り図④

玄関からの視線を遮るガラスパーテーション

事例を見る:Case100「ノーブル・ブルックリン」

 

ガラス製のパーテーションに開放感・デザイン・視線コントロールの3役を持たせた間取りアイデアです。

 

リビングデザインの一部になっているガラスパーテーション

事例を見る:Case100「ノーブル・ブルックリン」

 

アイアンとモザイクガラスを組み合わせたパーテーションは、それ自体がおしゃれなアクセントに♪

 

お部屋の開放感をキープしつつ、玄関からの視線を程よく遮ってくれます。

 

マンションリノベ

マンションリノベについて詳しくみる

 

 

■玄関とリビング直結のメリット

 

玄関横の書斎スペース

 

玄関とリビングがつながると、デザインや開放感アップなどいろいろなメリットがあります♪

 

・玄関とリビングが広くなる

 

玄関・リビング両方の開放感がアップするのは、直結間取り最大のメリットです♪

 

玄関は床面積を広げるのが難しい場所ですが、リビングとつながることで狭さや圧迫感を簡単に解消できます。

 

壁がなくなるのでリビングからの目線抜けも良くなり、居心地アップ効果も♪

 

 ・デザインの自由度がアップ

 

玄関とリビングが一つの間取りになることで、デザインバリエーションが増えるのもメリットの一つです。

 

狭い玄関だと圧迫感が出やすいダークカラーや強めのアクセントも、リビング直結して広がりが出ると選びやすくなります。

 

リビング・玄関それぞれの見え方やつながりなどの自由度が増え、オリジナリティの高い素敵な間取りを作りやすくなります。

 

・移動効率が良くなる

 

玄関とリビングが直結するとドアの開け閉めが減るため、移動がスムーズになるのも意外なメリットです。

 

出入り口を限定しないことで動線の幅が広がり、最短ルートを選びやすくなるのも便利になるポイント♪

 

小さなメリットに感じるかもしれませんが、毎日積み重なると意外に大きな差になってきますよ。

 

・コストを減らせる

 

建具と壁がなくなることで、材料費と工賃を削減できるのもうれしいポイントですよね。

 

浮いた分のコストで玄関の照明や材料をグレードアップすれば、さらにおしゃれで使いやすい空間になります。

 

■玄関とリビング直結のデメリット&対策

 

リビングから玄関が直接見える間取り

 

メリットいっぱいの玄関・リビング直結間取りですが、注意すべきデメリットもあります。

 

対策とセットで覚えておきましょう。

 

・リビングが寒い

 

タイル土間やドアからの冷気がたまる玄関と直接つながると、リビングが寒くなってしまうケースも多いです。

 

単純にお部屋の面積が広くなるので、暖房の効果がすみずみまで行き渡りにくくなるのも要注意ポイント。

 

【対策】⇒全体の断熱性を上げる

 

広い間取りの寒さ対策としては、お部屋全体の断熱性を上げることが大切です。

 

特に外気と直接触れている玄関ドアと窓ガラスは、断熱ドアやペアガラスへ交換する効果も大きいです。

 

リビング・玄関全体をすっぽりと断熱してしまえば、魔法びんのように少ない暖房パワーで快適な室温をキープできます。

 

寒さ対策だけでなく光熱費削減にもつながるので、積極的に採り入れてみてください。

 

断熱についてはこちらのコラムも参考にどうぞ。

関連コラム

 

 

・玄関を開けると丸見え

 

宅急便や回覧板の受け取りなど、ちょっとした応対でもリビングが丸見えになってしまうのは困りものですよね。

 

ソファでくつろいでいるときや食事時など、見られると恥ずかしいシーンは結構あると思います。

 

出入り時に外から家の中が見えやすいケースもあるため、防犯性という観点でも注意が必要です。

 

【対策】⇒間取りに工夫する

玄関とリビング直結の間取り図6

 

リビング丸見え問題については、玄関とリビングの位置関係や間取りの工夫で対策するのが効果的です。

 

玄関からの視線を遮るシューズボックス

 

例えばシューズボックスの位置を調整してリビングが直接見えないようにすれば、開放感はキープしつつプライバシー性を高めることができます。

 

半透明のパーテーションにすれば、さらに明るさと開放感をキープしやすいです。

 

動線の自由度や開放感は損なわず、目線だけ柔らかくカットできる間取りの工夫を考えてみましょう。

 

■玄関ホールなしの間取りはしっかり検討してから

 

玄関から見えるリビング

 

玄関ホールなしの間取りはメリットもたくさんありますが、ライフスタイルにマッチしていないと後悔につながるケースも。

 

寒さやプライバシーは間取りの工夫で対策できますが、リビング・玄関の広さが十分ならわざわざつなげる必要がないかもしれません。

 

天井高をアップしたり自然光を取り入れたり、床面積はそのままで開放感を演出する間取りテクニックもたくさんあります。

 

玄関⇒リビング直結の間取りはあくまで選択肢の一つとして考え、ご自宅の間取りやライフスタイルに合わせてベストなパターンを選べるようにしましょう。

 

関連コラム

 

■まとめ:玄関ホールの必要性を考えてみましょう

 

今回は玄関とリビングを直結する間取りアイデアをたくさんご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

玄関ホールは決してムダな間取りではありませんが、無くすことでデザイン性や利便性がアップすることもあります。

 

一度玄関ホールの必要性を考えてみて、一つの選択肢としてリビング直結の間取りも検討してみましょう。

 

施工事例のバナー

 

東京・千葉エリアで素敵な家づくりを目指すなら、リノベーション専門店のSHUKEN Reにご相談ください。

 

お客様一人ひとりに合わせたオーダーメイドプランで、もっと素敵に・暮らしやすいマイホームづくりをお手伝いします。

 

たくさんのリノベをお手伝いしてきたスタッフがサポートしますので、家づくりのどんなご相談もお気軽にどうぞ♪

 

恵比寿・世田谷・浦安の店舗での来店相談のほか、オンライン相談もご用意しています。

 

スタッフ一同お待ちしています♪

3つのご相談窓口

ご検討のステップに合わせて
3つのコースからご相談を承っております。

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    対応エリアを事前にチェック

    ※資料請求の方は対応エリア内のお客様に限らせていただきます。
    上記エリア外の方は一度ご相談ください

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    メイン事例集

    別冊セレクト資料

    ご興味のあるリノベ資料を2点まで
    お選びください。
    メインの「リノベ事例集」と同封のうえ
    郵送いたします。

    対応エリア・注意事項を
    事前にチェック

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    【注意事項】
    • ・工期の目安:初回ご相談より 7-8 か月
    • ・住みながらの工事は承っておりません。
    • ・エリア外での工事は承っておりません。
    • 1情報入力
    • 2送信完了
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(税込み)必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください


    来店希望日時

    営業時間:9-18時
    定休日:水・木・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)(税込み)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください

    物件探しのご相談は青山店もしくはオンラインで承っております。


    来店希望日時

    営業時間:10-18時
    定休日:火・水・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき、下記すべての項目に同意できる場合にご送信ください。




    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら
    コンテンツ制作ポリシー