公開日:2022-04-16  更新日:2023-06-06

18畳〜30畳のリビングダイニング実例|広い空間のおしゃれなレイアウトを紹介

『ナチュラル派はナラ無垢材をふんだんに!』リビングダイニング

 

「リビングダイニングが広い家は素敵」というイメージがありますよね。

 

一方で「広いリビングダイニングって何畳?」、「本当に広いリビングダイニングは必要?」などの疑問もあるのではないでしょうか。

 

そこで今回は自由度とデザイン性の高いリノベーションに定評のあるSHUKEN Re(シューケン アールイー)が、広いリビングダイニングをつくる際に役立つ情報をお届けします。

 

おしゃれなリビングダイニング実例もたっぷり紹介するので、ぜひ最後までごらん下さい。

 

■広いリビングダイニングの基準は何畳?

 

『古民家の空気をそのままに感じる家』リビングダイニング

 

「広い」という感覚は人それぞれです。「◯畳=広い」と明確に決めるのは難しいのですが、参考となる基準があります。

 

不動産物件の広告で「DK(ダイニング・キッチン)」、「LDK(リビング・ダイニング・キッチン)」と表示するときに最低限必要な広さの基準を参考に、「広いリビングダイニングの具体的な面積を考えてみましょう。

 

【不動産物件の広告の基準】

  • ・DK:1部屋の物件なら4.5畳、2部屋以上の物件なら6畳
  • ・LDK:1部屋の物件なら8畳、2部屋以上の物件なら10畳以上

〈参考〉公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会『特定用語の使用基準』

 

上記から「世帯人数ごとに必要な最低限の広さ」を推測すると、2人世帯はLDK10畳以上、3人以上世帯はLDK12畳以上を目安と考えてよさそうです。

 

「リビングダイニングだけで広い空間を確保したい」と考えるときは15畳〜18畳以上を目安にすると「見た目」、「使い心地」ともに余裕のある広さとなるのではないでしょうか。

 

今回は「18畳以上」を広いリビングダイニングの基準と仮定して、レイアウト等を紹介します♪

 

 

■広いリビングダイニングのメリット・デメリット、活用方法

 

『オトコマエイズム』リビング

 

リノベーション等で間取りを考えるときに、「リビングダイニングを広くすると寝室や子供部屋が狭くなる」という問題にぶつかる方も多いと思います。

 

ご家族にとってのリビングダイニングの最適な広さを決めるために、メリット・デメリット等も確認しましょう。

 

 

広いリビングダイニングのメリット・デメリット

 

広いリビングダイニングのメリット・デメリットは、以下のとおりです。

 

【メリット】

  • ・家具や内装デザインなど選択肢の幅が広がる
  • ・世帯人数が多いご家庭でも、ご家族1人1人がゆったりと過ごせる
  • ・来客時にも窮屈にならない
  • ・ライフスタイルの変化によって部屋を分ける等のバリエーションも考えられる

 

【デメリット】

  • ・リノベーションのように決まった空間の中で間取りを変更する際には、他の居室が狭くなるケースがある
  • ・照明、家電(エアコン、空気清浄機など)の初期費用が高い
  • ・冷暖房を部屋のすみずみまで行き渡らせるために工夫が必要

 

紹介したメリット・デメリットを参考に、広さにこだわるかどうかを検討してみるのがおすすめです。

 

 

広いリビングダイニングの活用方法

 

広いリビングダイニングは、以下のように活用できます♪

 

  • ・お子様が成長したら、リビングダイニングを区切って子供部屋をつくる
  • ・ご両親と同居が始まる際に、リビングダイニングを区切って寝室をつくる
  • ・リビングダイニングの一部をスタディスペースにする
  • ・リビングダイニングの一部をワーキングスペースにする
  • ・リビングダイニングの一部をお子さまのプレイスペースにする
  • ・リビングダイニングの一部にペット用スペースをつくる
  • ・リビングダイニングの一部を寝室にする

 

リビングダイニングの一部を寝室にした実例を見てみましょう。

 

リノベーションによって寝室の壁を取り払い、LDKから寝室までをオープンスペースにしています(18畳ほど)。

 

次の画像でリノベーション前後の間取りを紹介するので、参考にして下さい。

 

『ひとり時々ふたり』リビングダイニング

 

 

 

大型のソファとベッドをゆったりと置いても、まだまだ余裕のある空間ですね。

 

『ひとり時々ふたり』リビングと寝室

 

 

リビングダイニングの広さを決める4つの基準

 

リビングダイニングの広さを決める際には、4つの基準を参考にして下さい。

 

  • ・家族構成に合う
  • ・リビングダイニングの使い方に合う
  • ・家具、家電、住宅設備の初期費用やランニングコストが予算内におさまる
  • ・他の居室も必要な広さを確保できる

 

広いリビングダイニングには、メリット・デメリットの両面があります。

 

また広い空間を確保しておくことで、後から活用方法を変化させることができます。

 

実際の使い方、リビングダイニングにかかる費用などのバランスを考えて、最適なプランを組み立てて頂けると幸いです。

 

ご自宅のリビングダイニングが狭いと感じている方は、こちらの記事でレイアウト方法をチェックしてみて下さい。

【関連コラム】⇒10畳のリビングダイニング実例|マンションの正方形や縦長の部屋のおしゃれなレイアウト

 

 

■18畳〜30畳の広いリビングダイニング実例

 

では、18畳以上の広いリビングダイニング実例を見ていきましょう。

 

広い空間を存分に使う家具の配置や、インテリアデザインを参考にして下さい。

 

 

北欧アンティーク家具をゆったりと配置。ワーキングスペースもあるレイアウト

 

まずは18畳ほどのリビングダイニングで、ご夫婦2人のワーキングスペースも確保している実例です。

 

北欧アンティーク家具中心としたデザインで、カウチソファを置いても空間にゆとりがあります。

 

『シャープ&シックに』リビングダイニン

 

こだわりが詰まったルームツアー動画もあるので、ぜひごらん下さい。

 

 

 

白いカントリーキッチンが可愛いL字型リビングダイニング

 

大型のカントリーキッチンを壁付けし、18畳ほどの空間を存分に使っているレイアウトです。

 

L字型のかたちをいかしてリビングとダイニングをゾーニングし、コンパクトなワーキングスペースやピアノスペースも設けています。

 

『憧れのホワイトキッチン』リビングダイニング

 

壁を使ったレイアウトが絶妙なので、間取り図もチェックしてみて下さい。

 

『憧れのホワイトキッチン』間取り

 

 

日差しを遮らない家具配置で明るいリビングダイニング

 

こちらは20畳ほどのリビング・ダイニングです。

 

ロータイプの家具をゆったりと配置したことで、明るく開放感のある空間となっています。

 

『パリのアパルトマンに憧れて』リビング

 

リノベーションによって必要な部屋数を見直した実例なので、リノベーション前後の間取りも参考にして下さい。

 

 

 

照明をコントロールパネルで操作可能なリビングダイニング

 

こちらのリビングダイニングは20畳ほどで、家具の他にお子さまのプレイスペースもあります。

「家族が集う空間」というイメージですね。

 

広い空間づくりの際には照明プランも悩むポイントですが、こちらのリビングダイニングはコントロールパネルでスポットライトの調光が可能です。

 

『LDKで過ごす ”家族時間”』リビングダイニング

 

また間取りの見直しによって家族全員がゆったり過ごせるリビングダイニングを実現しているので、リノベーション前後の間取りもチェックしてみて下さい。

 

 

 

30畳ほどのオープンなリビングダイニングのレイアウト

 

こちらは子ども部屋にも変化できるスペースを確保しながら、現在のライフスタイルに合うオープンなリビングダイニングを楽しんでいる実例です。

 

「TVを掛ける壁をリビング壁の前に設置して収納スペースを確保する」という方法は、広い空間を確保しているからこそ実現したアイディアです。

 

『アンティーク×都会的MIXインテリア』リビングダイニング

 

間取りや水回りの位置を大幅にリノベーションした実例なので、間取り図もごらん下さい。

 

 

 

デザイナーズホテルのような高級感あるレイアウト

 

こちらは20畳ほどのリビング・ダイニングで、2種類のソファをゆったりとレイアウトしています。

 

テレビを中心とした左右対称のレイアウトで、整然とした高級感のある印象となっていますね。

 

『パーティースタイルのおもてなしLDK』リビングダイニング

 

大型のオープンキッチンと背面の造作棚も印象的です。

 

『パーティースタイルのおもてなしLDK』ダイニング

 

キッチンのデザインは、LDKの印象を左右する重要ポイントです。

 

SHUKEN Reでは世界に1つだけのオリジナルキッチンを実現できます!

 


あなただけの”Onlyone Kitchen”について詳しくみる

 

紹介しきれなかったおしゃれな実例がたくさんあるので、ぜひ他の施工事例もごらん下さい。

 

 

■まとめ

 

広いリビングダイニングの使い方、レイアウト実例などを紹介してきました。

 

リビングダイニングの広さは、ご家族のライフスタイルに合わせて考えるのがおすすめです。

 

また家族構成やライフスタイルの変化に合わせて、家の使い方を変化させていくことも可能です。

 

リノベーション等を手掛ける業社のサポートを受けながら、柔軟な発想でご家族が快適に過ごせるリビングダイニングを作り上げましょう。

 

東京、千葉、神奈川でリノベーションを検討中の方は、SHUKEN Reにご相談下さい。

 

家づくりが大好きなスタッフが、ご家族の暮らしに寄り添うプランを提案いたします。

 

【EVENT一覧】

【オンライン相談】

3つのご相談窓口

ご検討のステップに合わせて
3つのコースからご相談を承っております。

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    対応エリアを事前にチェック

    ※資料請求の方は対応エリア内のお客様に限らせていただきます。
    上記エリア外の方は一度ご相談ください

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    メイン事例集

    別冊セレクト資料

    ご興味のあるリノベ資料を2点まで
    お選びください。
    メインの「リノベ事例集」と同封のうえ
    郵送いたします。

    対応エリアを事前にチェック

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    • 1情報入力
    • 2送信完了
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(税込み)必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください


    来店希望日時

    営業時間:9-18時
    定休日:水・木・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)(税込み)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください

    物件探しのご相談は恵比寿店もしくはオンラインで承っております。
    移転に伴い、【恵比寿店】のご予約は2024年2月29日(木)まで、【青山店】のご予約は2024年3月22日(金)からとなります。


    来店希望日時

    営業時間:10-18時
    定休日:火・水・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき、下記すべての項目に同意できる場合にご送信ください。




    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら
    コンテンツ制作ポリシー