2022-07-17 

ペニンシュラキッチンで回遊動線のいい間取り|ウォークスルー型のメリット・デメリット

アイランドキッチンとペニンシュラキッチンのいいとこどりな間取り

 

家族が集まるLDKのキッチンは、デザイン性と機能性の両立が重視される場所なので、テイスト選びだけでなく、レイアウト設計にもこだわりたいですよね♪

 

近年特に家事動線の効率化や回遊性のある間取りなど、家事負担を減らすレイアウトを希望して、家づくりやリノベーションを進める方が増えています。

 

そこで今回は、回遊性のあるキッチンの使い勝手やアイランドキッチンとペニンシュラキッチンの魅力をいいとこどりした動線づくりのコツをご紹介します。

 

人気のペニンシュラキッチンの特徴と実例、回遊動線づくりで失敗しがちなポイントも押さえていきますので、ぜひキッチンリノベーションの参考にしてみてくださいね♪

 

この記事のポイント

・回遊動線のあるキッチン空間の使い勝手を知ることができます。
・回遊性の高いペニンシュラキッチンをつくるメリットとデメリットを解説します。
・人気のペニンシュラキッチンの特徴と回遊間取りの機能性を実例でご紹介します。

 

■回遊動線のあるキッチン

 

ホテルライクな内装で優雅な動線設計がおしゃれな住まい

事例を見る:Case64「「ホテルライクな新築風」をあえて、リノベで叶える贅沢」

 

間取りから変えるフルリノベーションを選ぶなら、ご家族みんなの新しい暮らしが楽になる自然な動線づくりにより力を入れてみましょう。

 

間取り設計の中心地として、おしゃれな雑誌やSNSで取り上げられるキッチンの動線は、どんなことに気をつければいいでしょうか。

 

まずは、近年人気のアイランドキッチンを参考に、ぐるりと一周できる回遊動線をイメージしながら、その機能性を見てみましょう。

 

 

・回遊できるキッチン間取りとは

 

キッチンカウンターが、島のように独立しているアイランドキッチンを例にすると分かりやすくなります。

 

キッチンがどの壁にも接しておらず、周囲をぐるりと一周できる通路が残る間取りなので、キッチンを中心とした行き止まりのない自由な動線が確保できます。

 

通り抜け可能な回遊動線は、家事シェアで気になるキッチンでの混雑や無駄な往復・回り込み動線のカットにもつながる、ストレスフリーなレイアウト設計です。

 

 

・ペニンシュラキッチンでも可能?

 

それでは、アイランドキッチンのような回遊性をペニンシュラキッチンでも活かせるのでしょうか?

 

ペニンシュラキッチンは、半島の意味がある言葉でキッチンカウンターの左右どちらかが壁に付いたスタイルで、においや油はねが気になる・キッチン内が丸見えといったアイランドキッチンのデメリットを軽減する、人気の対面キッチンデザインです。

 

また、キッチンの壁付け側に、他の部屋へ抜ける通路や空間をつくることで、ペニンシュラキッチン型であっても回遊性のある動線を確保することが可能です。

 

マンションリノベ

マンションリノベについて詳しくみる

 

 

■回遊性を高めるメリット

 

事例を見る:Case77「#ふたり暮らし」

 

見た目のデザインや開放的な居心地が魅力のアイランドキッチンと実用的な使い勝手が安心なペニンシュラキッチンの魅力を融合させながら、回遊性も諦めないおしゃれなキッチンレイアウトのメリットを見ていきましょう。

 

 

・無駄な往復動線をカット

 

回遊性のあるキッチンでは、通り抜け可能な動線が大きなメリットとなり、次に行きたい場所を目指すのに、通路を引き返す必要はありません。

 

 

・家事動線が短くなる

 

無駄な行き来や大回りな回り込み動線がなくなれば、より短い動線・時間での移動が可能になります。

 

例えば、キッチンと洗面所を近づける場合やキッチンの横並びにダイニングを置く場合でも、移動距離が短いだけで家事がぐっと楽になります。

 

 

・どこからでも移動しやすい

 

回遊動線があれば、1つの場所からさまざまな部屋・空間にアクセスできるのもメリットです。

 

キッチンを中心とした生活・家事効率を検討したい、家事負担をできるだけ減らしたい場合に、おすすめの間取り設計です。

 

 

・開放感が高まる

 

左右どちらかが壁付けのペニンシュラキッチンであっても、回遊動線を確保することでアイランドキッチンのような広がりを手に入れることができます。

 

視覚的な広がりだけでなく、移動の自由度がキッチンの開放感を演出してくれます。

 

 

■回遊性を高めるデメリットとポイント

 

ダイニングにも廊下にも出られる間取り

事例を見る:Case89「都心リゾート」

 

回遊性を高めることで起こりがちなデメリットと回避ポイントも押さえておきましょう。

 

 

・動線設計が難しい

 

回遊動線を検討する場合、ただ一周できる通路を確保するだけで、使い勝手のいい間取りができるとは限りません。

 

むしろ、限られた間取りで無駄な通路をつくってしまえば、かえって使い勝手の悪いスペースが生まれてしまいます。

 

間取りの広さや「通路兼収納」といった機能に配慮しながら、より便利な動線を考えてみましょう。

 

 

・家具の配置に制限が出る

 

回遊性の高い間取りでは、動線としての「移動」スペースが、リビングやダイニングといった「くつろぎ」スペースを圧迫してしまう場合があります。

 

そのため、本来であれば自由に置けた棚やソファなど、家具の配置に制限が出ることもあります。

 

リビングダイニング側の動線は、「くつろぎ」スペース兼「移動」スペースにすることが効率的ですが、その際は家具選びにも注意して、快適な動線を家具で遮ってしまわないようにしましょう。

 

 

・ドアや仕切りの検討が必要になるケースも

 

アイランドキッチンのデメリットでも挙げたように、動線が開放的なキッチン周りは、くつろぎスペースであるリビングダイニングから、キッチン内はもちろんその先につながる洗面所やランドリールームといった生活感あふれるエリア・収納までもが丸見えになってしまいます。

 

せっかくの回遊性を損なわないためには、死角を利用したレイアウト設計がおすすめですが、難しい場合は、開閉可能な仕切りやドアの設置を検討してみるのもいいでしょう。

デザインリノベ

デザインリノベについて詳しくみる

 

 

■【実例】ペニンシュラキッチンと回遊動線

 

バーのような世界観と便利な自分だけの動線がこだわり

事例を見る:Case105「ビールが美味しい我が家」

 

最後に、回遊動線の機能に注目しながら、キッチンリノベーション実例のレイアウトやデザインを見てみましょう。

 

 

・キッチン⇔廊下でつなげる便利な間取り

 

キッチン奥のスライドドアから廊下に抜ける間取り

事例を見る:Case43「ナチュラルカフェな家」

 

回遊できるカフェ風キッチンが、爽やかに映えるおしゃれな間取りの実例です。

 

LDや洗面脱衣所まで、キッチンからの動線が便利

事例を見る:Case43「ナチュラルカフェな家」

 

キッチンの左側からは、リビングダイニングやワークスペースへの移動がしやすく、右側のドア付き出入口からは、洗面・トイレのある廊下へとつながる自由な間取りです。

 

帰宅後、お子様たちが向かうリビングのドアとキッチンへの通路を分けることで、買い物の荷物や食材を運んで片付けるのに便利な動線となっています。

 

また、玄関続きの廊下を活用することで、リビングをはじめ他の間取りを妥協することなく、広々と確保できたのも嬉しいポイントです。

 

 

・洗面所とつながる家事楽間取り

 

洗面⇔キッチンが嬉しい家事楽設計

事例を見る:Case122「回遊=幸せのかたち」

 

横一直線に「キッチン⇔洗面・脱衣所」と「キッチン⇔ダイニング」がつながる間取りの実例です。

 

事例を見る:Case122「回遊=幸せのかたち」

 

以前の間取りを大幅に変更して、便利な2か所の回遊動線を確保しました。

 

1つ目は、「キッチン⇔洗面・脱衣所⇔廊下」のレイアウトで、洗濯や食事の準備がほぼ同時進行で進められる機能的な配置です。

 

2つ目は、「キッチン⇔横並びダイニング⇔リビング」のレイアウトで、小さなお子様の食事のお世話やリビングで遊ぶ姿を見ながら、キッチン作業ができる安心の動線設計を叶えました。

 

また、ご家族が帰宅後、洗面室やファミリークローゼットに直行できる配置へのこだわりにも注目です。

 

 

・ダイニングにも寝室にも回り込める間取り

 

スタイリッシュな憧れのキッチンもリノベーションで手に入れる

事例を見る:Case80「Dogs First」

 

キッチンを中心にダイニングや寝室・クローゼットに回り込める間取りの実例です。

 

ダイニングにも寝室にも移動できる二人暮らしの便利な間取り

事例を見る:Case80「Dogs First」

 

好きなものや必要なものを詰め込んだ、こだわりの2人暮らしの住まいで、ワンちゃんたちの安全と自由も確保したリノベーションが実現しました。

 

ワンちゃんたちが走り回っても滑らない床材や日向ぼっこができるテラスなど、回遊性のある間取りにすることでご家族の目が行き届きやすいのも嬉しいポイントです。

 

 

・回遊性と目隠し効果のいいとこどり

 

快適な子育て機能とおしゃれデザインを妥協しない暗し

事例を見る:Case96「子育て中でもカッコいい!」

 

物件探しからスタートして「子育て中でもカッコいい家」を目指した実例です。

 

キッチンと水回りをほどよくつなげた間取り

事例を見る:Case96「子育て中でもカッコいい!」

 

キッチンがオープンになり過ぎない壁付けタイプのペニンシュラキッチンと玄関や洗面室につながる回遊動線が、デザイン性と機能性のいいとこどりを叶えています。

 

壁付けキッチンの対面にダイニングを設けることで、まとまりのいい「キッチン兼ダイニング」を設計して、動線の無駄をカットしました。

 

その結果、お子様がどんなに散らかしても安心なロフトもある、開放的なリビングの確保にもつながりました。

 

【関連コラム】

 

 

■まとめ:キッチンリノベでデザインも機能も新しく

 

ペニンシュラキッチンでもできる、回遊性の高いキッチンづくりのメリット・デメリットと対策ポイントをご紹介してきました。

 

実例でもあるように、回遊動線をつくるということはご家族の移動が自由になる、また生活や家事の流れがよりスムーズになることが目的なので、ご家族みんなの生活スタイルに合ったシミュレーションを重ねて、後悔のない間取りに仕上げることが大切です。

 

ぜひ、自由で快適な理想の暮らしづくりをリノベーションで実現させてくださいね♪

 

 

東京・神奈川・千葉エリアで素敵な家づくりを目指すなら、リノベーション専門店のSHUKEN Reにご相談ください。

 

お客様一人ひとりに合わせたオーダーメイドプランで、もっと素敵に暮らしやすいマイホームづくりをお手伝いします。

 

たくさんのリノベをお手伝いしてきたスタッフがサポートしますので、家づくりのどんなご相談もお気軽にどうぞ♪

 

恵比寿・世田谷・浦安の店舗での来店相談のほか、オンライン相談もご用意しています。

 

スタッフ一同お待ちしています♪

 

【EVENT一覧】

【オンライン相談】

 

このコラムを見た人におすすめ


・縦長リビング×壁付けキッチンのおしゃれ間取り|東京のリノベ事例

・キッチンリノベで人気のエル型レイアウト|おしゃれで便利な間取り事例

・対面キッチンで必ず検討したい「フラット」or「造作対面」、それぞれの特徴を解説

・キッチン×ダイニング横並び間取りとは?【実例】|レイアウトで変わる家事楽動線+収納アイデア


3つのご相談窓口

ご検討のステップに合わせて
3つのコースからご相談を承っております。

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    施工エリアを事前にチェック
    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(税込み)必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください
    ショップページをみる


    来店希望日時

    ※水木祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)(税込み)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください →ショップページをみる


    来店希望日時

    ※火水祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    その他アンケート項目
    お時間あればお答えください。(所要時間:30秒)

    何の媒体でSHUKEN Reを
    見たことがありますか(複数選択可)

    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき同意できる場合に、ご送信ください。

    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら