公開日:2022-05-05  更新日:2023-04-06

【マンション】おしゃれな間取り事例3選| センスの良い家が外さない5つのリノベポイント

マンションおしゃれな間取り

 

せっかくリノベーションをするのなら、『おしゃれな間取りにしたい!』という希望を現実にしませんか?

 

おしゃれな間取りにするためには外せないポイントがあり、そこをおさえて間取り計画を立てていくことでセンスの良いおしゃれな住まいを実現することができます。

 

今回のコラムでは、おしゃれな間取り事例を一緒にチェックしながら、センスの良い家が外さないポイントをおさえていきましょう。

 

■マンションのおしゃれな間取り事例3選

 

まずはSHUKEN Reが手がけた、おしゃれなマンションの間取り事例を順番にご紹介します。

 

 

事例① ふたりで育てる「白い箱」

 

マンションおしゃれな間取り

 

『飽きのこない空間をつくって、好みのアートなどを飾り育てていきたい』という想いをこめてリノベーションしたこちらのお家。

 

リラックススペースがありワークスペースもあり…様々な役割をもつスペースを仕切ることなくつくったことで、ゆとりある素敵な空間に仕上がりました。

 

マンションおしゃれな間取り

 

床や壁の素材感など随所にこだわり、『らしさ』が溢れています。

 

壁を撤去することが出来ず狭さとの闘いとなったキッチンですが、コンパクトさを逆手にとったことで作業しやすい機能的な空間に一新しました。

 

マンションおしゃれな間取り

事例を見る:Case128「ふたりで育てる『白い箱』」

 

 

事例② シャープ&シックに

 

マンションおしゃれな間取り

 

『シャープ&シックなカッコいいテイストにしたい』というテーマでリノベーション計画を進めたこちらのお家。

 

モルタル仕上げの壁や板張りの天井が陰影を与えて、北欧ヴィンテージの家具が似合う空間に仕上がりました。

 

マンションおしゃれな間取り

 

LDK隣接のワークスペースは、スタイリッシュな黒いフレームの間仕切りが見どころです。

 

働き方が大きく変化した今、新しいライフスタイルに合わせた間取りに仕上がりました。

 

オンライン会議で「カフェにいるの?」と勘違いされてしまうほどのおしゃれさが自慢です。

 

マンションおしゃれな間取り

事例を見る:Case129「シャープ&シックに」

 

 

事例③ 遊びざかりの君たちへ

 

マンションおしゃれな間取り

 

もともと和室だったスペースを無くし、リビングダイニングと一体の空間にリノベーション。

 

お子様が遊べるよう、造作のクライミングウォールと雲梯を設置しました。

 

遊び盛りのお子様たちが、お家の中で好き放題遊ぶことができますね。

 

キッチンをオープン型にしているので、そこからお子様の様子もしっかりと見守ることができます。

 

マンションおしゃれな間取り

事例を見る:Case70「遊びざかりの君たちへ」

 

 

マンションリノベ

マンションリノベについて詳しくみる

 

 

■センスの良い家が必ずおさえるポイント5つ

 

マンションおしゃれな間取り

 

一歩足を踏み入れた瞬間から、センスの良い家かどうかはわかってしまいますよね。

 

『センスが良い!』『おしゃれ!』という印象を与えるためには、次の5つのポイントをおさえた上でリノベーションプランを立てていくことが大切です。

 

 

ポイント① テイストに合わせた素材選び

 

床材や壁紙、造作家具など、内装に使用するものはテイストに合わせて選ぶようにしましょう。

 

和モダンには和モダンに合う素材、シンプルモダンにはシンプルモダンに合う素材があります。

 

テイストに合わせて素材を選ぶことで自然と統一感が生まれ、センスよく仕上げることができます。

 

統一感があれば、アクセントを加えるための異素材も違和感なく馴染ませることができるでしょう。

 

 

ポイント② 配色に気を配る

 

カラフルな色使いはポップで素敵ですが、間取りに使用する色の数は極力絞った方がセンスよく仕上がります。

 

『大人の落ち着いた雰囲気のある色使い』も、グレーをベースに配色を決めていくのか、ブラウンをベースに配色を決めていくのかによって仕上がる雰囲気は変わってきます。

 

マンションおしゃれな間取り

事例を見る:Case127「子育て後は夫婦ふたりで」

 

例えばこちらのお家は、グレートーンの家具やキッチンを選び壁にもグレーを効かせることで美しい配色に仕上がっています。

 

マンションおしゃれな間取り

事例を見る:Case64「『ホテルライクな新築風』をあえて、リノベで叶える贅沢」

 

一方こちらのお家は、ダークブラウンベースの落ち着いた色使いが魅力です。

 

ブラウンとブラックがうまく組み合わさることで、同じ『大人の落ち着いた雰囲気のある色使い』でも全く違う雰囲気に仕上がっています。

 

どんな住まいにしたいのかイメージをしっかり定めた上で、配色を決めていくようにしましょう。

 

 

ポイント③ 天井のデザインに変化を持たせる

 

普段はあまり意識しない天井ですが、部屋の印象を大きく左右する重要な場所です。

 

ふとした時に目に入る天井がおしゃれなら、それだけでセンスの良さを感じますよね。

 

高く開放感がある天井ならそれだけでおしゃれですが、マンションによっては天井を高くするのは難しいもの。

 

そんな時は、天井の一部分が高くなっている『折り上げ天井』や高さが異なる『勾配天井』、剥き出しの天井などデザイン性のある天井を取り入れてみましょう。

 

マンションおしゃれな間取り

事例を見る:Case102「我が家はアートギャラリー」

 

ダクトレールの照明やシーリングファンなどで変化を加えるのもおすすめです。

 

 

ポイント④ 型に縛られない間取り

 

センスの良い家は、型にはまらない間取りやデザインを取り入れています。

 

リビングはこうだろう、寝室はここだろう、といった一般的な間取りをすぐに採用するのではなく、自分たちのライフスタイルに合わせて間取りを決めるため、結果として型に縛られない間取りが実現します。

 

住んでいる人らしさが滲み出た間取りは、やはりセンスの良さを感じるもの。

 

自分たちはどんなライフスタイルを実現したいのか、あらかじめ話し合った上で間取り計画を立てていきましょう。

 

 

ポイント⑤ 光の取り入れ方を工夫する

 

おしゃれな家は、『光』の効果をうまく活用しています。

 

照明の明るさで調整するのはもちろん、室内窓や採光ドアで自然の光もうまく取り入れています。

 

室内窓・・・室内空間を仕切るために設置する窓で、採光はもちろんデザイン性も高い
採光ドア・・・ドアにガラスが付いており、部屋の奥まで自然光を取り入れることができる

 

自然光を取り入れやすくすることで、開放感が生まれるだけでなく一気におしゃれな部屋にすることができます。

 

室内窓や採光ドアは様々なデザインの中から選ぶことができるので、テイストに合ったものを選ぶようにしましょう。

 

マンションリノベ

マンションリノベについて詳しくみる

 

 

■注意!おしゃれに見えないのはここが原因

 

マンションおしゃれな間取り

 

おしゃれに仕上げるためにはポイントがありますが、『おしゃれにならない…』という時も次のような共通点があります。

 

 

原因① 統一感のないテイスト

 

ミックステイストは確かにおしゃれになりますが、かなり上級技です。

 

異なるテイストを混ぜすぎると、ごちゃごちゃした印象に仕上がってしまうことも。

 

まずは1つのテイストに絞り、その上でバランスを見ながら異なるテイストを加えていくようにしましょう。

 

 

原因② 配色のバランス

 

どんなにおしゃれな配色を選んでも、バランスが悪いとそれだけでおしゃれに見えなくなってしまいます。

 

インテリアの配色として、

ベースカラー70% …床の色
メインカラー25% …壁紙の色
アクセントカラー5% …カーテンや大型家具

このような配色にするとおしゃれになるとされています。

 

最近は、キッチン本体や壁の一面だけといったように内装にアクセントカラーを使用する住まいも増えてきています。

 

新居のイメージに合わせて、最適な配色のバランスを考えていきましょう。

 

 

原因③ 使用する素材がワンパターン

 

同じ白い壁でも、壁紙や珪藻土、漆喰など選ぶ素材によって印象は大きく変わるのですが、おしゃれに仕上がらない場合、使用する素材が単調でメリハリがない状態なのかもしれません。

 

家具やファブリックで変化を持たせることももちろんできますが、内装を考える段階で様々な素材を選ぶことでよりセンスの良い空間に仕上げることができます。

 

 

■おしゃれな間取りにリノベーションするなら…

 

マンションおしゃれな間取り

 

センスには自信がない…という方も、おしゃれに見せるポイントをおさえておけば素敵な住まいにすることができます。

 

たくさんの事例を参考にしながら、自分たちだけのリノベーション計画を立てていきましょう。

 

SHUKEN Reは、あなたのライフスタイルやご要望に合わせて、設計士やデザイナー、施工スタッフがチーム一丸となって、間取り計画をサポートします。

 

ここでご紹介しきれないたくさんのリノベ事例も公開していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【WORKS】

 

千葉県浦安の本店と東京世田谷のリノベショップのほか、オンラインでも相談を受け付けています。

 

お家づくりが大好きなスタッフがお話を伺いますので、どんな疑問やご要望もお気軽にご相談ください。お待ちしております♪

 

【EVENT一覧】

【店舗一覧】

【オンライン相談会の詳細はコチラ

 

このコラムを見た人におすすめ


・子育てしやすい間取り9選|リノベーション計画のポイントまとめ

・60平米のマンションリノベーションでちょうどいい暮らし♪間取り図&費用も掲載

・リノベーションは国と地方の補助金を活用|バリアフリー化、断熱性能アップ等をお得に


3つのご相談窓口

ご検討のステップに合わせて
3つのコースからご相談を承っております。

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    対応エリアを事前にチェック

    ※資料請求の方は対応エリア内のお客様に限らせていただきます。
    上記エリア外の方は一度ご相談ください

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    メイン事例集

    別冊セレクト資料

    ご興味のあるリノベ資料を2点まで
    お選びください。
    メインの「リノベ事例集」と同封のうえ
    郵送いたします。

    対応エリアを事前にチェック

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    • 1情報入力
    • 2送信完了
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(税込み)必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください


    来店希望日時

    営業時間:9-18時
    定休日:水・木・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)(税込み)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください

    物件探しのご相談は恵比寿店もしくはオンラインで承っております。
    移転に伴い、【恵比寿店】のご予約は2024年2月29日(木)まで、【青山店】のご予約は2024年3月22日(金)からとなります。


    来店希望日時

    営業時間:10-18時
    定休日:火・水・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき、下記すべての項目に同意できる場合にご送信ください。




    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら
    コンテンツ制作ポリシー