公開日:2022-04-10  更新日:2023-04-06

子育てしやすい間取り9選|リノベーション計画のポイントまとめ

子育ての間取りリノベーション計画

 

仕事に家事に子育てに…毎日やることがたくさんある子育ての時期。

 

やることに追われてストレスになってしまわないように、効率よく家事を進めて子育てに集中できるように工夫したリノベーションすることが大切です。

 

とはいえ、どのような間取りにすればいいのか、気をつけるポイントはあるのかなどわからないこともたくさんありますよね。

 

そこで今回は、子育てしやすい住まいにできるよう、リノベーションする前に知っておきたい間取りポイント9選をまとめました。

 

これからの子育てに備え、リノベーション計画にもぜひお役立てください。

 

 

■子育てしやすい間取り9選

 

子育ての間取りリノベーション計画

 

それでは、SHUKEN Reが手がけたリノベーション事例も交えながら子育てしやすい間取りポイントを順番にご紹介します。

 

 

① 開放感がありのびのびと遊べるようなスペースをつくる

 

広々としたリビングや子ども部屋があれば、そこで子どもたちはのびのびと過ごすことができます。

 

そしてひとりで過ごすことができれば、その間大人も家事や仕事に集中することができます。

 

ハイハイをして動き回る乳児期、走り回る幼児期、と子どもたちは想像以上に家の中を動き回るからこそ、その時期の成長をサポートできるような空間を確保するようにしましょう。

 

また、開放感のある吹き抜けやロフトは、子どもの空間認識能力を鍛えることができるともいわれています。

 

ブロックやパズルといった玩具で鍛えるだけでなく、空間を用いながら個々の能力を育む環境を整えておくのもおすすめです。

 

子育ての間取りリノベーション計画

 

こちらのお家は、長年住み続けた自宅をリノベーション。

 

リビングダイニングがぐっと広くなったことで、お子様はのびのびと遊び回ることができるようになりました。

 

子育ての間取りリノベーション計画

事例を見る:Case115「ほっこり古民家リノベ」

 

 

② 見守りやすい空間と配置に工夫する

 

『家事をしたいけど、子どもの様子が気になる』『視界に入らない場所で怪我をしないか心配』など特に小さいお子様の様子は気になるもの。

 

子育ての間取りリノベーション計画

事例を見る:Case122「回遊=幸せのかたち」

 

おしゃれな空間をつくることも大切ですが、子どもの様子をしっかりと見守ることができるよう、間取りや造作家具の配置を工夫しましょう。

 

 

③ 収納スペースをたっぷりとつくる

家族の人数が増えるにつれ、物の量も増えていきます。

 

ごちゃごちゃと散らかっていると片付ける時間がかかる上、片付いていない状況や片付けない子どもにイライラしてしまう…ということも。

 

スッキリと心地よい部屋をキープできるよう、収納スペースはたっぷりとつくるようにしましょう。

 

収納が充実していることで、子どもたちが自分で片付ける癖をつけることもできます。

 

子育ての間取りリノベーション計画

 

お子様の成長を考え間取りを決めたこちらのお家は、ファミリークローゼットやウォークインクローゼットといった収納が充実。

 

不要なスペースとされている廊下にも本棚を設けました。

 

子育ての間取りリノベーション計画

事例を見る:Case115「収納☆大充実」

 

 

④ 段差の有無は考え方次第

 

室内にスキップフロアのようなちょっとした段差をつくることで、空間にメリハリが生まれおしゃれな部屋にすることができます。

 

そのため、積極的に段差を取り入れる方が多い一方で、子どもの転倒や怪我を防ぐために段差は減らしたい…という子育て世帯の方もいらっしゃいます。

 

危険をあらかじめ防ぐことも大切ですが、乳児期の子どもにとっては段差が足腰を鍛え運動する場にもなります。

 

段差のメリットにも目を向けて、自分たちの子育てに取り入れたい手段を採用するようにしましょう。

 

子育ての間取りリノベーション計画

 

キッチンに段差を設けたこちらのお家。

 

この段差があるからこそ、キッチンがよりおしゃれに仕上がっています。

 

段差をつけてゾーニングすることで、『ご飯をつくっている時は危ないから、ここを登ってきちゃダメだよ』と声かけができますね。

 

子育ての間取りリノベーション計画

事例を見る:Case85「キレイ目インダストリアル」

 

 

⑤ 家事動線を考える

 

水回りはコンパクトにまとめて時短で家事を進められるようにする、キッチン横にパントリーを設け、購入した食材はすぐに片付け使いやすいようにする、ファミリークローゼットを設けて洗濯物の片付けやアイロンといった家事はまとめて終えられるようにする、など家事動線を工夫するだけでかなり時短になります。

 

 

事例を見る:Case79「部屋の中に箱」

 

家事が楽になる家事動線を考えて間取りを考えることで、自然と子育ての負担も軽減するため、お子様の成長や家事に費やすことができる時間を考えた上で間取り計画を立てていくようにしましょう。

 

 

⑥ コミュニケーションを取りやすいリビングに

 

『子どもには高いコミュニケーション能力を身につけて欲しい』という方は多いからこそ、コミュニケーション力を自然と鍛える環境をつくることが大切です。

 

家の中でもリビングは、最もコミュニケーションをとる場所。

 

親子の会話を楽しむことができて、相手の話にじっくりと耳を傾けることができるような間取りになるよう工夫してみましょう。

 

子育ての間取りリノベーション計画

 

こちらのお家のように、リビングにいてもキッチンにいても会話をしやすいような間取りなら、お互い好きなことをして過ごしながらコミュニケーションを取ることができます。

 

子育ての間取りリノベーション計画

 

お子様専用のロフトも設置することで共に過ごす時間をつくり、リビングが散らかることもありません。

 

家事をしながら子どもとの会話を楽しみ、親が片付る手間も必要ない間取りなら、子育ての負担をかなり軽くすることができます。

 

子育ての間取りリノベーション計画

事例を見る:Case96「子育て中でもカッコいい!」

 

 

⑦ 土間を活用する

 

玄関と室内の中間的な場所につくられた『土間』。

 

昔は台所や作業場として活用されていましたが、最近は収納スペースとしてつくる方が増えています。

 

子育ての悩みのひとつとして『片付かない問題』がありますが、土間というたっぷりの収納スペースがあることでこの問題は解決することができます。

 

日々の片付け問題は積み重なると大きなストレスになるので、スペースに余裕があれば土間を設置するのがおすすめです。

 

子育ての間取りリノベーション計画

 

こちらのお家にある、扉が造作&アイアンのおしゃれな土間収納。

 

靴だけでなく、アウトドアグッズや遊び道具をたっぷり収納することができます。

 

自分たちの楽しみも大切にしながら、子育ても楽しむ。

 

そんなバランスの取れた真似したい暮らしを実現されています。

 

子育ての間取りリノベーション計画

事例を見る:Case86「温もりヴィンテージ」

 

 

⑧ 五感を養う素材選びにこだわる

 

五感とは、『味覚』『嗅覚』『聴覚』『視覚』『触覚』を指します。

 

この五感が刺激されることで、子どもの脳も体も成長していきます。

 

住まいの場合、自然素材やステンレス、タイルといった様々な素材を使用し、その素材を通して触覚を刺激し、感受性を養うことができます。

 

子どもたちの成長を後押しする環境を整えることを意識してみましょう。

 

子育ての間取りリノベーション計画

 

こちらのお家は、使用する素材の質にこだわってリノベーションしました。

 

無垢フローリングやステンレス、モルタル、と様々な素材に触れる中で、五感が磨かれそうですね。

 

子育ての間取りリノベーション計画

事例を見る:Case94「かっこいいBASIC」

 

 

⑨ プライバシーの確保をしやすい間取り

家族とはいえ、プライバシーを確保することは大切です。

 

特に思春期の子どもは、自分ひとりで過ごす時間を大切にしたいもの。

 

子どもが安心して籠ることができるスペースがあれば、程よい距離感を保ちながら仕事や家事に集中することができます。

 

子育ての間取りリノベーション計画

 

こちらのお家は、お子様の成長に合わせてリノベーション。

 

2人のお子様それぞれの個室を準備しました。

 

子育ての間取りリノベーション計画

 

子どもたちが個室で過ごす間、親はリビングでティータイム…など各々のペースを大切にしながらのんびりと過ごすことができそうですね。

 

子育ての間取りリノベーション計画

事例を見る:Case109「憧れのホワイトキッチン」

 

 

■子育てしやすい間取りで毎日を笑顔に!

 

子育ての間取りリノベーション計画

 

家事の負担を減らす、自然と学ぶことができる場所をつくる、笑顔で接することができるようにストレスを軽減できるような間取りにする、など子育てしやすい間取りにするためにできることはたくさんあります。

 

毎日の暮らしを快適に、日々笑顔で過ごすことができるようなリノベーション計画を立てていきましょう。

 

SHUKEN Reは、あなたのライフスタイルやご要望に合わせて、設計士やデザイナー、施工スタッフがチーム一丸となって、子育てしやすい間取り計画をサポートします。

 

ここでご紹介しきれないたくさんのリノベ事例も公開していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【WORKS】

 

■子育てしやすい間取りにリノベーションするなら…

 

 

千葉県浦安の本店と東京世田谷のリノベショップのほか、オンラインでも相談を受け付けています。

 

お家づくりが大好きなスタッフがお話を伺いますので、どんな疑問やご要望もお気軽にご相談ください。お待ちしております♪

 

【EVENT一覧】

【店舗一覧】

 

【オンライン相談会の詳細はコチラ

 

このコラムを見た人におすすめ


・子ども部屋はいつから必要?理想の間取りや注意点|リノベーション前の基礎知識

・家事動線×収納間取りにいいランドリールームの作り方|リノベで叶える家事楽設計【東京・千葉】

・ファミリークローゼットを“後悔”する人の理由は?失敗しないための間取りづくりから事例まで徹底解説


3つのご相談窓口

ご検討のステップに合わせて
3つのコースからご相談を承っております。

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    対応エリアを事前にチェック

    ※資料請求の方は対応エリア内のお客様に限らせていただきます。
    上記エリア外の方は一度ご相談ください

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    メイン事例集

    別冊セレクト資料

    ご興味のあるリノベ資料を2点まで
    お選びください。
    メインの「リノベ事例集」と同封のうえ
    郵送いたします。

    対応エリアを事前にチェック

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    • 1情報入力
    • 2送信完了
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(税込み)必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください


    来店希望日時

    営業時間:9-18時
    定休日:水・木・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)(税込み)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください

    物件探しのご相談は青山店もしくはオンラインで承っております。


    来店希望日時

    営業時間:10-18時
    定休日:火・水・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき、下記すべての項目に同意できる場合にご送信ください。




    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら
    コンテンツ制作ポリシー