Case62

LDKで過ごす ”家族時間”

    工期:約70日

    家族構成:ご夫婦+お子様2人

    年代:30代

    物件種別:マンション

    築年数:40年

    広さ:約70㎡

    リフォーム費用:1028万円

    リノベ経緯:中古を買ってリノベ

    築40年のマンションをフルリノベーション。LDKで過ごす家族の時間を考えながら相談を進めていきました。

     

    上質と爽やかさが調和するLDK

    壁付けキッチン+リビングダイニング+和室の3部屋を繋げ、自然と家族が集う心地よいLDKに。造作梁や無垢
    の床、間接照明が醸し出す上質な雰囲気と、ブルーの壁や植物の爽やかさが調和する空間になりました。

    リビングに入った瞬間に目を引く造作梁は、ご検討を始めた当初、現場見学会で見てぜひ取り入れたいと思っ
    たものの一つ。梁の間から覗くスポットライトは、コントロールパネルで照明色の変更ができ、LDKでの時間
    をより快適に過ごせる工夫もプラスしています。

    ハンモックの周辺は子ども達が自由に遊べるフリースペース。壁際の棚にはおもちゃ箱やランドセルが収納さ
    れ、上にはブロックで作った作品や絵が飾られていました。

     

    黒で引き締め、バーで効率化

    メッセージボードの役割も果たすキッチン脇の黒板塗装の壁やキッチンカウンターの側面など、空間の引き締
    め効果がある黒をリビングのいたるところに配色。無垢材の床とも好相性です。

    「黒」のアイテムの中でも奥様が特に気に入っていたのが、窓の前に設置した黒のアイアンバー。ここ数年で
    「吊るす」インテリア雑貨が増えてきたこともあり、弊社でも、Case44「すっきり暮らす 塩系インテリア」
    や Case58「ぐるり一周」など、多くのお客様からご要望をいただくようになりました。

    しかし奥様がお気に入りポイントとして挙げていたのが、「雨の日でも洗濯物が干せる!」という点。以前住
    んでいた賃貸では雨の日の洗濯物問題に頭を悩まされていたそうですが、天気に関係なく洗濯物が干せるのは
    家事の効率化にも繋がります。実はリビングだけでなく、寝室や洗面室にもアイアンバーを設置しています!

     

    子ども部屋計画

    リビングと子ども部屋の間には欄間を設置。リビングにいることが多いというご家族ですが、子供たちが部屋
    にいても、お互いに気配を感じることができ、自然光と風を通す役割も果たします。お子様が成長したら一人
    ずつ部屋が持てるようリビングには予め下地を施工。エアコンの取り付けもできるので、ライフルタイルの変
    化に合わせて居室を増やすことも可能です。

    子ども部屋の入り口はリビング扉の内側に設置し、帰宅した子どもたちと顔を合わせられる設計に。部屋数が
    増えても「ただいま」と「おかえり」が自然に交わせる間取りになっています。

     

    お問い合わせの約1年前から本やネットで情報収集を始めたお施主様。デザインだけでなく、今後の家族の暮ら
    し方までじっくり考えて創り上げた住まいが完成しました。

     

    この物件の取材ブログはコチラ▶