SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

YOMIMONO
読み物

2020-09-07 

ウォークスルークローゼットの間取りでおしゃれに暮らす|東京・千葉のリノベ事例画像

寝室からリビングに抜けるウォークスルークローゼット

 

住まいの悩みで上位に挙がることが多い、収納不足や使い勝手の悪さ。

 

長く暮らしているとお子さんの成長や趣味で荷物が増えて、クローゼットからあふれてしまうことも多いですよね。

 

そこで今回おすすめするのは、たっぷり収納力でおしゃれなウォークスルークローゼットの間取り。

 

ウォークインクローゼットとの違いやメリット・デメリット、実際にリノベーションでつくったおしゃれな間取り事例をご紹介します。

 

 

■ ウォークスルークローゼットとはどんな間取り?

 

マンションのウォークスルークローゼット間取り図

 

ウォークスルークローゼットは日本の住宅では採用例がすくないため、まだ耳にしたことがない方も多いと思います。

 

ここ数年で採用例が増えてきているウォークインクローゼットは知っている方も多いですよね。

 

人が中まで入れる大きな収納という点は両方とも共通ですが、ウォークスルークローゼットは2つ出入り口を設けて通り抜けることができるのが特徴。

 

収納と移動動線という2つの機能を持たせた間取りで、おしゃれで機能的な住まいづくりにとっても役立ちます。

 

 

■ ウォークスルークローゼットのメリット・デメリット

 

おしゃれなウォークスルークローゼット

 

まずはクローゼットをウォークスルー化することのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

【メリット】

メリット①:住まい全体の回遊性アップ

回遊動線の間取り図

 

入り口を2か所設けて通路としての機能も持つウォークスルーの間取りは、廊下以外の動線ができるため住まいの回遊性がアップします。

 

うまく配置すれば、遠回りを避けて家事や毎日の暮らしを効率的にこなす住まいになります。

 

行き止まりがなくなるため、忙しい朝の時間帯などに家族で渋滞することがなくなるのも大きなメリットです。

 

 

メリット②:クローゼット自体の使い勝手アップ

 

大きなスペースで自分自身が移動できるウォークスルークローゼットは、一般的なクローゼットより効率的に使いこなすことができます。

 

ハンガーパイプスペースをたくさん作れるのでお気に入りの洋服がしわになりにくく、見比べながら今日の一着を選びやすいのでおしゃれ好きの方にもおすすめです。

 

洗濯済みのアイテムをしまいやすく、どこに何があるか一目で分かるのも使い勝手アップにつながります。

 

 

メリット③:ショップ風のおしゃれな仕上がり

アパレルショップのようなウォークスルークローゼット

 

お気に入りのお洋服が並ぶウォークスルークローゼットはデザインの自由度が高く、アパレルショップのようにおしゃれに仕上げられるのも魅力ポイント。

 

あえて扉を付けず、照明にこだわって寝室やリビングから見える間取りにする方も多いです。

 

理想のおしゃれな空間で身支度を整えれば、気分も上がって素敵な一日のスタートを切れますよ♪

 

 

メリット④:光が入って明るくなる

 

行き止まりのウォークインクローゼットや普通の収納は、どうしても暗いスペースになりがち。

 

2方向に出入り口を設けるウォークスルーの間取りなら、隣の明るい部屋から自然光を採りこむことができ明るいスペースにつくることができます。

 

自然な光の中で色合いをチェックしながらコーディネートを考えられますし、アイテムの出し入れがしやすくなるのもメリットです。

 

ドアを設けないオープン間取りや採光ドアを選べば、奥の部屋にも光が届いて住まい全体が明るくなる効果も。

 

 

【デメリット】

デメリット①:広いスペースが必要

 

ウォークスルークローゼットを使いやすくつくるためには、十分な移動スペースを確保しなければなりません。

 

一般的なクローゼットより少し広めのスペースが必要になるため、居室との広さバランスは悩みがちなポイント。

 

収納に床面積を割きすぎてリビングや寝室に圧迫感が出ては本末転倒ですから、ちょうど良いバランスを考えましょう。

 

 

デメリット②:水回りの隣は湿気が溜まりやすい

 

寝室から洗面に抜けられるウォークスルーの間取りは利便性が高く人気のレイアウトですが、水回りに隣接すると湿気が溜まりやすい点には注意が必要。

 

換気性能を確保するのはもちろん、住まい全体の風の流れまで考えた換気計画を立てることも大切です。

 

市販のクローゼット用調湿材を使うのも有効ですが、間取側でも工夫してカビや湿気が発生しにくい収納を目指しましょう。

 

 

デメリット③:配置に配慮しないと使いにくい

 

うまく設計するととっても便利なウォークインクローゼットですが、なんとなく作ってしまうとかえって不便になってしまうケースも。

 

せっかく通り抜けられる構造なのに、意味の無い場所に作ってしまうとメリットがありません。

 

利用シーンまでしっかり検討し、「ここが通れたら便利だな」という場所にピンポイントでつくることが大切です。

 

デザインリノベ

デザインリノベについて詳しくみる

 

 

■ 事例で見るおすすめの設置レイアウト

 

ウォークスルーの間取りは設置する場所によって使い勝手が大きく変わります。

 

実際の設置レイアウトをチェックしながら、ご自身のライフスタイル合わせた設置場所を考えてみましょう。

 


・玄関~リビング~寝室の間

ウォークスルークローゼットの間取り図①

リビングの隣に設けたウォークスルーの間取りは、回遊性の高いレイアウトと合わさってさまざまな利用シーンに対応します。

 

ジャケットの並ぶウォークスルークローゼット

事例を見る:Case58「ぐるり一周」

 

リビングダイニングで朝食を取った後に身支度を整えて出かけたり、帰宅後にジャケットを脱いでからリビングでくつろいだり、効率的な暮らしにつながるレイアウト例です。

 

回遊性の高いワークスペース

事例を見る:Case58「ぐるり一周」

 

リビングからワークスペースへの動線にもなっているため、仕事とプライベートタイムの切り替えで服装を変えるのもいいかもしれません

 

行き止まりではなく通り道としての機能も持たせることで、ただの収納ではなく住まい全体の利便性向上も果たしています。

 

 


・寝室と洗面所の間

ウォークスルークローゼットの間取り図②

洗面・脱衣所と寝室をつなぐ場所にウォークスルークローゼットを配置したリノベ事例です。

 

大型のウォークスルークローゼット

事例を見る:Case54「アンティーク×都会的MIXインテリア」

 

家族で混雑しがちな朝の身支度も、複数の動線を取れるためスムーズにこなせるレイアウトです。

 

コンセントを設置した大きなカウンターを設け、メイクやヘアセットを広いスペースで落ち着いてこなすこともできます。

 

パイプハンガー

事例を見る:Case54「アンティーク×都会的MIXインテリア」

 

折りたたまず洋服をかけられるハンガーパイプをたっぷり設置して、その日の気分に合わせてコーディネートも選びやすいですね。

 

玄関からリビングまでの動線と交わらないため、お客さんを招いているときも気兼ねなく入浴や就寝準備をこなせるのもメリット。

 

キッチンまでつながっているため、就寝中にちょっと喉がかわいたときも、起きて水を飲みに行くわずらわしさがありません。

 

 


・キッチンから洗面所の間

ウォークスルークローゼットの間取り図③

こちらはクローゼットではなくキッチンパントリーの間取りですが、ウォークスルーの間取りとしてピックアップしました。

 

キッチン横のウォークスルーパントリースペース

事例を見る:Case71「パリのアパルトマンに憧れて」

 

キッチンから洗面所に抜ける動線があると、朝の忙しい時間に朝食の準備と洗濯物を効率よくこなせてとても便利です。

 

パントリースペース

事例を見る:Case71「パリのアパルトマンに憧れて」

 

玄関からパントリースペースまでのショートカットにもなるため、お米やお水など重たい荷物があるときの負担軽減にもなります。

 

ウォークスルーとつながる洗面所

事例を見る:Case71「パリのアパルトマンに憧れて」

 

使い勝手に合わせてクローゼット用途にすれば、洗顔と身支度をスムーズになすこともできます。

 

 

■ マンションでもウォークスルークローゼットは可能?

 

墨出し・間柱工事 | GRANT

 

マンションの場合、構造によってウォークスルー化が可能な場合と難しい場合があります。

 

扉を付けたい場所が建物全体を支える構造体になっている場合、穴を開けたり位置を移動したりするのは難しいです。

 

逆に、石膏ボードでできている間仕切壁なら自由に位置を移動したりドアをつけたりすることができます。

 

こうした構造のチェックは一般の方では難しいことが多いため、悩んだら私達リノベーションのプロにご相談いただくのがおすすめです。

 

今お住まいのマンションはもちろん、これから購入予定の中古マンションもご相談いただければ、間取り変更やウォークスルー設置ができるか判断させていただきます。

 

特にこれから物件を探す方には、ウォークインクローゼットに適した構造と間取りの物件を私たちと一緒に探す「ワンストップリノベーション」もおすすめです。

 

ワンストップリノベ

ワンストップリノベについて詳しくみる

 

 

■ まとめ:自由なリノベーションでおしゃれなウォールスルークローゼット

 

上手に配置すると使い勝手がよく、住まい全体の利便性向上にもつながるウォークスルークローゼット。

 

新築のマンションや戸建てにはない間取りを、自由なリノベーションでおしゃれに作ってみませんか?

 

一人ひとりのライフスタイルに合わせたオーダープランの間取りづくりなら、リノベーション専門店のSHUKEN Reにお任せください。

 

たくさんの住まいづくりをお手伝いしてきた経験と実績をもとに、ご家族にピッタリのウォークスルークローゼットをご提案します。

 

いまのお住まいにご不満がある方も、これから住まい探しを考えている方も、お気軽にご相談ください。

 

東京の世田谷区と千葉の浦安市のショップを中心に、首都圏のリノベーションに対応しています。

【店舗一覧】

 

ご自宅からお気がるにご活用いただけるオンライン相談も受け付けていますので、ちょっとした疑問についても、いつでもご質問下さい。

【オンライン相談会の詳細はコチラ

【EVENT一覧】

 

SHUKEN Reのスタッフ

【私たちについて】

 

このコラムを見た人におすすめ


・マンション収納が足りない3つの原因|収納不足は増やす、減らす、見直すで問題解決

・【リビング収納】収納に悩まない間取りのポイントとつくり方

・使いやすいオープンクローゼットの間取り|おしゃれな収納リノベーション実例

 


デザインリノベ

デザインリノベについて詳しくみる

リノベ事例集の請求

施工エリアを事前にチェック
東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

SHUKEN Reのリフォームブックや
イベントのご案内をお送りいたします。


    施工エリアを事前にチェック
    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市
    神奈川県 横浜市・川崎市
    千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    お名前必須


    ふりがな必須


    電話番号必須

    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須


    ご住所必須


    ご年代必須


    ご検討内容必須


    リノベーションご検討先必須


    リノベーションご検討先の ご住所


    個別相談必須


    リノベーションご検討の物件種類必須


    リノベーション完了ご希望時期必須


    ご予算必須


    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください
    ショップページをみる


    来店希望日時

    ※水木祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須


    個別相談必須


    リノベーションご検討の物件種類必須


    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須


    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)必須


    気になる物件


    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください →ショップページをみる


    来店希望日時

    ※火水祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    その他アンケート項目

    お時間あればお答えください。(所要時間:30秒)

    何の媒体でSHUKEN Reを
    見たことがありますか(複数選択可)


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき同意できる場合に、ご送信ください。

    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    1998年創業の株式会社秀建を母体とし、住宅のリノベーションに特化して素敵な暮らしをご提案。グループ会社とのアライアンスにより、商業施設・公共工事・再生エネルギー・不動産・造作家具まで多岐に渡るご相談を承り、その実績をベースに、高いデザイン力と安心の施工力をご提供しています。

    この住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら