Case64

「ホテルライクな新築風」をあえて、リノベで叶える贅沢

    工期:60日

    家族構成:ご夫婦

    物件種別:マンション

    築年数:16年

    広さ:115.38㎡

    リフォーム費用:1650万円

    リノベ経緯:中古を買ってリノベ

    「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2019」1000万円以上部門ノミネート作品

     

    玄関に一歩足を踏み入れると、エキゾチックないい香りが鼻孔をくすぐります。
    エントランスからリビングへと抜ける廊下を歩いていると、
    誰からともなく「まるでリゾートホテルみたい」という声が。

    マンションのショールームをも彷彿とさせるスタイリッシュなエントランス。
    天井と床にはそれぞれの段差があり、そこから放たれるルームライトのほの灯りがムーディーな雰囲気を醸しています。

    見晴らしのいいロケーションを臨む個性的なリビングルーム。
    「黒いカーテンが窓の眺めを遮る夜は段差とLEDテープライトの効果で
    フロアが浮き上がってステージのように見えるんですよ」とお施主様。

    ダイニングの壁面一面ミラーはジャカルタのコンドミニアムを手本に。
    ダイニングからの眺めはまさしくステージです。

    大きな液晶画面を設置したウッドパネルのバックボードは造作し、
    ソファに腰かけ、大画面に映し出される映画を観る光景はリビングで寛ぐというより
    ホームシアターへ「おでかけ」とでもいいたくなるような素敵な空間。

    リビング&ダイニングの天井全体を覆う板貼り、レッドシダーの色味は部屋の印象を決定づけるため最後まで悩んだそう。
    着色するか、クリア塗装でニュアンスを出すか…結果的に後者を選び
    「木によって色の濃淡がでる面白さが発見できてよかった」とお施主様は満足気でした。

    (プラン:howzlife 施工:SHUKEN Re)