公開日:2023-06-07  更新日:2024-01-26

リノベーション賃貸はやめた方がいい?メリット・デメリットを徹底解説

リノベーション賃貸のリビング

 

最近はライフスタイルが多様化したことを受け、デザイン性の高いリノベーション賃貸物件が増えています。

 

一般的なアパート・マンションよりおしゃれでオリジナリティが高く、素敵な暮らしを送れるのがリノベーション賃貸の魅力♪

 

しかし「リノベーション賃貸はやめた方がいい」と言われることも多く、デメリットも気になるところです。

 

今回はリノベーション賃貸のメリット・デメリット両面を掘り下げ、後悔しない住まい選びをするための情報をまとめました。

 

この記事のポイント
・リノベーション賃貸は少ない初期費用でお手軽におしゃれな暮らしを送れるのが魅力です。
・高い賃料相場と住環境のバランスが取れていない物件が多いのがリノベーション賃貸のデメリットです。
・DIY賃貸・中古住宅リノベーションなど、リノベーション賃貸以外の選択肢もご紹介します。

 

SHUKEN Reのリノベーション事例はこちら

▶︎SHUKEN Reのリノベーション事例集

 

■リノベーション賃貸とはどんな物件?

 

リノベーション賃貸のLDK

 

リノベーション賃貸は、内装貼り替えや間取り変更、設備交換などでデザイン性・快適性を高めた物件のことです。

 

一般的な原状回復やリフォームとは違い、付加価値をつけて新築のときより魅力的な物件に仕上げるのがリノベーションの特徴。

 

デザイン性を高めたオリジナリティのある物件も多く、一般的な賃貸アパート・マンションと一線を画したおしゃれな住まいを求める方に向いています。

 

〈関連コラム〉

リノベーションとリフォームの違いとは?プロがわかりやすく解説!

 

マンション・戸建てをリノベーション賃貸するなら一棟リノベーション

▶マンション・アパートの一棟リノベーション賃貸ならこちら

 

■リノベーション賃貸のメリット

 

 

内装がおしゃれで間取りも新しい

 

内装がおしゃれなリノベーション賃貸

 

現代の住宅トレンドを取り入れたおしゃれな内装デザインと暮らしやすい間取りが、リノベーション賃貸の大きな魅力です。

 

リノベーションは新築よりデザイン・間取りの自由度が高いため、オリジナリティのある素敵な賃貸物件が多いのです。

 

ゆったり過ごせる広いLDK、在宅ワークに対応したデスクスペースなど、現代のライフスタイルにマッチした新しい間取りも魅力的♪

 

 

水回りが新しくて清潔

 

リノベーション賃貸の新しいキッチン

 

賃貸物件選びで重要視する方が多い水回りが比較的新しいのも、リノベーション物件のメリットです。

 

キッチン・ユニットバス・洗面・トイレなどの水回り設備は、20~30年前後使うのが一般的。

 

リノベーション賃貸はここ数年増えてきたジャンルなので、水回り設備交換後のキレイな物件を見つけやすいです。

 

 

新築の賃貸物件より家賃が安い

 

前述したように新築同様の内装や設備を備えながら、新築物件より家賃相場が安いのもリノベーション賃貸のメリットです。

 

リノベーション賃貸は既存建物を再利用しているので、新築より建築コストを抑えることができます。

 

結果的に家賃に上乗せされる費用が少なく、新築より相場が安くなるのです。

 

 

選択肢が増えて理想の物件を見つけやすくなる

 

新築物件の家賃だと選択肢から外れてしまうエリアや条件でも、リノベーション賃貸なら検討できるケースもあります。

 

駅から近い人気エリアだと、新築物件の家賃はかなりハードルが高いです。

 

しかしリノベーション賃貸まで選択肢を広げれば、予算内でおしゃれな物件を見つけられる可能性が高くなります。

 

 

■リノベーション賃貸のデメリット

 

 

物件数が少なくエリアが限られる

 

リノベーション賃貸の多い都市部

 

おしゃれなリノベーション賃貸は大きな都市の駅前などに限られ、数も少ないので物件探しのハードルはかなり高めです。

 

内装や水回りを一新しただけの「リフォーム済み物件」をリノベーション賃貸と表記していることも多く、デザイン性の高い物件はなかなか見つからないことも。

 

物件数が少ないので比較検討しにくく、理想のリノベーション賃貸を見つけるには少し時間と根気が必要になるかもしれません。

 

 

一般的な賃料相場より家賃が高い

 

リノベーション賃貸は同じ築年数の物件と比較すると家賃は高めなので、一般的な相場よりは負担が大きいのもデメリット。

 

前述したように大都市周辺に多いこともあり、一人暮らしでも10万円前後、ファミリーなら15万円前後の家賃になるケースが多いです。

 

ある程度収入に余裕があり、住環境にお金をかけたい方でないとリノベーション賃貸に住み続けるのは難しいかもしれません。

 

 

共用部分が古いことが多い

 

お部屋の中がきれいにリノベーションされていても、エントランスや廊下など共用部分が古いことが多いのも注意すべきデメリット。

 

毎日目にする部分なので満足度に影響しますし、オートロックなどの設備がないと防犯面の不安も。

 

 

見えない部分が古い可能性がある

 

リノベーション賃貸の床下配管

 

リノベーションの工事方法は物件によって異なり、床下の配管や電気配線など見えない部分が古いままのケースもあります。

 

水漏れや漏電による火災、湿気によるカビや不快害虫の発生といったリスクが考えられます。

 

また1981年以前に確認申請を受けている建物は、旧耐震基準で耐震性が低いケースも。

 

旧耐震基準の家が必ず倒壊するわけではありませんが、大きな地震が来たときのリスクは高くなります。

 

リノベーション事例はこちらから

▶SHUKEN Reのリノベーション事例を見てみる

 

 

■リノベーション賃貸はやめた方がいいと言われるのはなぜ?

 

リノベーション賃貸についてインターネットで検索すると、「やめた方がいい」「後悔・失敗」などネガティブなワードが目につきます。

 

※リノベーション賃貸で多い後悔・失敗例

  • 電気容量が少なくてブレーカーがすぐ落ちる
  • 防音性が低く周囲の音がうるさい
  • 断熱性が低く光熱費が高い
  • 耐震性が低くて不安
  • 古い家の特有のニオイが気になる
  • きれいにしていてもゴキブリが出る
  • 水漏れや給湯器の故障が発生した

 

このようなマイナスの意見を掘り下げてみると、ゴキブリがたくさん出た・給湯器の故障や水漏れが発生したなど、築年数の古さによるトラブルが原因となっているようです。

 

リノベーション賃貸は基本的に築年数が古くなった物件をリニューアルしているため、耐震性・防音性・断熱性が低いケースも多く、住み心地に不満が出るケースも。

 

リノベーションで内装や間取りを新しくしても、壁裏や床下などの見えない部分・配管がそのままだと、住まいの性能や快適性は変わりません。

 

コストダウンするために見た目だけおしゃれにしたリノベーション賃貸を選んでしまうと、実際に暮らしてから後悔する可能性が高いのです。

 

しかしこのようなトラブルの原因は見えない部分に潜んでいるので、一般の方が内見でもれなくチェックするのは難しいでしょう。

 

 

■リノベーション賃貸以外の選択肢も検討しよう

 

おしゃれなリノベーション賃貸

 

住みたい地域にリノベーション賃貸がない…、デメリットが心配…という方は、ほかの選択肢も検討してみてください。

 

 

DIY賃貸

 

入居者自身がリノベーションできるDIY賃貸は、大工・内装作業が得意な方におすすめの選択肢です。

 

DIY賃貸は建物を現状そのままで借りて、内装工事などを借主自身が行う契約方法のことです。

 

どこまでリノベーションできるかは契約内容によりますが、理想の賃貸物件が見つからないなら検討してみる価値はあるかもしれません。

 

ただしDIY工事で建物を破損させてしまうと、多額の原状回復費用が発生するリスクなどもあるため注意が必要です。

 

参照元:国土交通省 DIY型賃貸借のすすめ

 

 

中古住宅を買ってリノベーション

 

中古住宅を買ってリノベーション賃貸のように仕上げる

 

一か所で長く暮らす予定の方は、中古住宅を買ってリノベーションするのも一つの選択肢です。

 

ご自身の所有物件なら自由にリノベーションできるので、賃貸物件で理想の間取りやデザインが見つからない方も満足度の高い住環境を得ることが可能です。

 

リーズナブルな中古住宅を上手に選べば、リノベーション賃貸の家賃と同じくらいのローン月額負担でマイホームが手に入るケースも。

 

例えば中古マンション1,500万円、リノベーション費用1,000万円で35年ローンを組む場合の月額負担は8.1万円、リノベーション賃貸の家賃相場よりリーズナブルです。

 

フラット35ローンシミュレーションを元にボーナス割合なし、全期間固定金利1.8%で試算

 

リノベーション賃貸と同じ費用負担でおしゃれなマイホームに住めて、ローン完済後は不動産資産が手に入るのは大きなメリットです。

 

転職や転勤などで居住エリアが大きく変わる可能性がない方は、中古マンションや戸建てのリノベーションも検討してみてください。

 

実際に中古住宅をリノベーションしてどんな住まいをつくれるのか、こちらの施工事例を参考にしてみてください。

 

リノベーションの事例集はこちら

▶SHUKEN Reのリノベーション施工事例はこちらから

 

 

■まとめ

 

リノベーション賃貸は少ない初期費用と手間でおしゃれな暮らしを送れるのが魅力。

 

しかし配管や床下など見えない部分が古いと、水漏れや嫌な虫などに遭遇して後悔するケースも考えられます。

 

リノベーション賃貸を探しても理想の住まいが見つからないときは、今回ご紹介した中古住宅リノベーションも一つの選択肢として検討してみてください。

 

SHUKEN Reは、中古住宅探しから住まいづくりまでワンストップでお手伝いできるリノベーション専門店です。

 

東京・神奈川・千葉エリアのおしゃれな住まいづくりは、どんなこともお気軽にご相談ください。

 

3つのご相談窓口

ご検討のステップに合わせて
3つのコースからご相談を承っております。

リノベ事例集の請求
SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。

    対応エリアを事前にチェック

    ※資料請求の方は対応エリア内のお客様に限らせていただきます。
    上記エリア外の方は一度ご相談ください

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    メイン事例集

    別冊セレクト資料

    ご興味のあるリノベ資料を2点まで
    お選びください。
    メインの「リノベ事例集」と同封のうえ
    郵送いたします。

    対応エリアを事前にチェック

    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市
    • 1情報入力
    • 2送信完了
    お名前必須

    ふりがな必須

    電話番号必須
    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須

    ご住所必須

    ご年代必須

    ご検討内容必須

    リノベーションご検討先必須

    リノベーションご検討先の ご住所

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(税込み)必須

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください


    来店希望日時

    営業時間:9-18時
    定休日:水・木・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須

    施工予定場所必須

    施工予定は対応エリアですか?
    対応エリアをみる


    個別相談必須

    リノベーションご検討の物件種類必須

    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須

    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)(税込み)必須

    気になる物件

    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください

    物件探しのご相談は恵比寿店もしくはオンラインで承っております。
    移転に伴い、【恵比寿店】のご予約は2024年2月29日(木)まで、【青山店】のご予約は2024年3月22日(金)からとなります。


    来店希望日時

    営業時間:10-18時
    定休日:火・水・祝日

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき、下記すべての項目に同意できる場合にご送信ください。




    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら
    コンテンツ制作ポリシー