SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

YOMIMONO
読み物

2020-02-23 

リノベーションで失敗しないためのポイントと会社の選び方

キッチンカウンターがおしゃれなLDK

 

マイホーム取得の選択肢として注目度が高まっているリノベーションですが、失敗してしまったという声も少なくありません。

 

今回は、リノベーションの失敗事例などをもとに、失敗を防ぐポイントや会社選びのコツなどを解説します。これから住まい探しを始める方は、ぜひ参考にしてください。

 

■よくあるリノベーション失敗例

アクセントカラーと無垢がおしゃれなLDK

 

失敗を防ぐためには、過去の失敗例から学ぶのが有効です。リノベーションでよく聞く失敗例をいくつかピックアップしますので、チェックしていきましょう。

 

・こだわりすぎて予算オーバー

リノベーション費用は間取りなどのプラン内容や、使用する材料・設備によって変動が大きいため、気が付いたら予算が膨らんでいることも少なくありません。

 

プランを練っているうちに素敵な内装や高機能な設備が欲しくなってしまい、あれもこれも詰め込んでいったら大幅に予算オーバー、というのはよくある話です。

 

・実際に住んでみたら使いづらい

リノベーション工事が完成していざ住み始めたら使いづらさに気づく、というのもよく聞く失敗例です。転勤や出産時期に合わせて完成日を設定したため、プランを煮詰めきれていないパターンが多いようです。

 

おしゃれなデザインや居住空間の広さにこだわりすぎて、収納が足りなくなるのもよくある一例。

 

・解体したら配管や柱がボロボロだった

きれいな中古物件だと思って購入したら、壁裏や床下に隠れていた配管や土台・柱などが老朽化していて余計な費用が掛かってしまうパターンです。

 

戸建ては木造が多く、水漏れによる腐れやシロアリ被害なども隠れている可能性があります。マンションはコンクリート造のため腐食の心配は少ないですが、築年数が経っている場合配管が古くなっているケースも。

 

・理想の間取りに対応できない構造だった

構造上重要な柱や壁が邪魔をして、間取り変更に対応できない物件を購入してしまったパターンです。特にマンションはコンクリートの壁や梁が移動できず、構造上の制約が多いため発生しやすいといえます。

 

戸建て住宅の場合も、壁・天井・床全体で揺れを抑える2×4(ツーバイフォー)住宅などは壁を移動することが難しいです。

 

■失敗しないための注意ポイント

和の雰囲気を活かしたリノベーション事例

 

次に、上で挙げた失敗事例を防ぐための要注意ポイントを解説します。

 

リノベーションをスムーズに進めて住みよい家づくりをするため、頭に入れておいて実践できるようにしましょう。

 

・予算上限を決める

理想を詰め込みすぎて予算オーバーしたプランを縮小するのは悲しいものです。予算オーバーを防ぐために、あらかじめ具体的な資金計画を立てて予算の上限を設定しましょう。

 

早い段階で予算が明確になっていると、最初から現実的なプランと見積もりを作ることができます。

 

予算オーバーの見積もりを何度も大きく作り直す時間的ロスを防げるため、浮いた時間でプランを煮詰め、理想の住まいに近づけます。

 

お金のことはつい後回しにしがちですが、できるだけ具体的に資金計画を立てるのが重要です。あやふやな資金計画では、理想のプランができてから資金繰りをしたら足りなくなって慌てることになりかねません。

 

ローン利用の有無や、実際に審査が通るのかといった細かい部分も早めに調べておくことで、プランが決まってから着工までの期間も短縮できます。

 

結果的に完成までの日にちが短くなるため、現在の住まいや仮住まいの家賃の節約にもつながります。

 

・物件選びの段階でご相談いただく

物件選びによるリノベーションの失敗を防ぐためには、早い段階で私たちのようなリノベーションの専門家にご相談いただくことをオススメします。

 

中古物件の状態やリノベーション可能かどうかといった点は、一般の方が判断するのは難しいです。また、不動産会社の担当者は住宅のプロですが、リノベーション可能かどうかは経験がないと判断できません。

 

SHUKEN Reはグループ会社の不動産部とチームになって、ご要望が叶う構造なのかどうか、予算内でリノベーションもできる金額なのかどうか、などリノベーション目線での物件のご提案を行っております。

 

購入前に建物の構造や老朽化の状況もプロがチェックすることで、物件選びによる失敗を防ぐことができます。

 

・家族全員で理想の住まいを話し合う

リノベーションで住みよい家をつくるためには、そこに住む家族全員の意見をまとめることも大切です。現在の住まいの悩みや要望、理想の暮らし方などを話し合いましょう。

 

家族の誰かが我慢をしたプランで進めてしまうと、いざ住みだしてから不満が出て雰囲気が悪くなってしまう可能性も。

 

「朝の準備が混み合うから広い洗面台が欲しい」「間接照明のあるおしゃれなリビングにしたい」など全員の意見を出して気兼ねなくお伝えください。

 

成長期のお子さんがいるご家庭は、大きくなる体や部活などで増える荷物なども考慮する必要があります。大きめに収納を作る、大きなベッドに買い替えられる間取りにするなど将来を見越してプランに盛り込むと先々困りません。

 

逆に大学生のお子さんがいる場合は、就職などで巣立った後の部屋の使い道などを考えておくと良いでしょう。

 

・完成希望日に余裕を設ける

プランの作りこみ不足による失敗を防ぐため、完成して住み始める希望日には十分な余裕を設けましょう。

 

住まいの大部分を作り変えるリノベーションは決めるべきポイントが多く、住みやすい家をつくるために何度も打ち合わせが必要です。

 

完成日ありきで打ち合わせを進めてしまうと、時間を気にするあまり妥協したプランで不満のある家になりかねません。

 

プランが決まった後も材料の発注や職人の手配など、さまざまな工程があり、思っているよりも時間がかかるものです。

 

SHUKEN Reは豊富なリノベーション施工経験をもとにスケジュールについてもアドバイスいたしますので、引っ越し予定などを一緒に立てていきましょう。

 

■リフォーム会社の選び方

使い勝手の良いキッチン空間

 

リノベーションで理想の住まいを作れるかどうかは、依頼する会社選びにかかっているといっても過言ではありません。

 

最近は多くの会社がリノベーション事業に参入しており、その中からしっかりサポートしてくれる会社を選ぶ必要があります。会社選びの際にチェックすべきポイントを紹介します。

 

・施工実績・経験を持っているか?

リノベーションを依頼する会社の施工実績は必ずチェックしましょう。前述したようにリノベーションは注意すべきポイントがたくさんあり、初めての方にとってはすべてを網羅するのは難しいものです。

 

失敗を防ぐためにはプロのサポートが必要不可欠ですが、施工経験の少ない会社では満足いくサポートを受けるのは難しいでしょう。

 

リノベーションやリフォームは元の家を部分的に解体して新しい部分とつなぐところに難しさがあり、新築を建てるより難しいと言われています。

 

施工実績が多い会社は良質なサポートが期待できるうえ、豊富な経験をもとにしたプランニングで理想の住まいを作りやすくなります。多くの実例を参考にして好みのデザインを見つけることも可能です。

 

SHUKEN Reの豊富な施工事例もぜひチェックしてみてください。

 

【施工事例はコチラ】

 

 

・完成見学会などを実施しているか?

会社の実力や信頼性を図るために、リノベーションの完成現場見学会などを開催しているかという点もチェックしましょう。

 

実際の住まいを見ることで、デザインや間取りの提案力、施工面の技術力などがわかります。部屋を実際に見ることは写真で施工事例を見るより、何倍も住まいづくりの勉強になる点も大きなメリットです。

 

また、手掛けた物件を公開するということは、会社にとっては自信の表れともいえます。また、時間と手間をかけてイベントを開催しているのは、リノベーションに力を入れているということ。

 

詳しくは後述しますが、SHUKEN Reは定期的に完成現場見学会を実施していますので、施工力やデザイン提案力などをじっくりとご確認してみてください。

 

・細かい変更などに対応できるか?

リノベーションは住む人に合わせたプランニングが大切なため、細かい部分の変更に対応できる会社かどうかというのは重要なポイントです。

 

大手の会社などは基本プランをもとにオプションで変更していく場合がありますが、選択肢が限られているケースも少なくありません。選べる材料を絞っておけば全国単位で大量発注が可能になるため、コストを下げることができるためです。

 

ですが、理想の住まいを実現するためには、一つひとつの材料までこだわって選ぶことが大切です。

 

SHUKEN Reには専属の施工管理や職人が在籍し、自社工場にてオーダー建具や家具の製作にも対応しています。お好みの素材やサイズでオーダーメイドが可能ですので、よりイメージに近いデザインを形にできます。

 

【SHUKEN Reのオーダー建具・家具】

 

 

■実際の物件を見学してみる

おしゃれなこだわりキッチン

 

SHUKEN Reでは定期的に完成現場見学会を実施しています。

 

お部屋をご覧いただいた後で疑問点やお住まいの悩みなどもご相談いただけますので、これからの住まいづくりにも大変役立ちます。積極的にご活用ください。

 

【完成現場見学会などイベント情報はコチラ】

 

■まとめ

広々としたLDK

 

リノベーションで失敗してしまったという声は少なくありませんが、注意すべきポイントを知って対策することで防ぐことができます。

 

また、検討を始める早めの段階で住まいづくりのプロに相談することも、リノベーションを成功させる一つの手段です。

 

SHUKEN Reは購入物件探しからのサポートに対応し、リノベーションセミナーや完成現場見学会も定期的に実施しています。ご相談だけでも大歓迎ですので、疑問点などもお気軽にお問合せください。

 

【SHUKEN Reのリノベーション施工事例】