SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

デザインリノベーションなら
"SHUKEN Re"

YOMIMONO
読み物

2020-09-18 

リノベーションで猫と暮らす理想の家づくり|間取り実例集

窓から外を眺める猫

 

家族の一員となって生活に癒しを与えてくれるペットの中でも、猫ちゃんとの暮らしを楽しんでいる方は多いのでではないでしょうか。

 

最近はおうち時間が長くなっていることもあり、大切な猫たちと快適に暮らしやすい住まいづくりを考える方も増えてきています。

 

今回は猫と人間が楽しく快適に暮らす家というテーマで、間取りの作り方を考えてみたいと思います。

 

いま猫ちゃんと一緒に暮らしている方、これから飼おうと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

■ 人間だけでなく猫も快適に暮らせるお家を

 

和室を歩く猫

 

現在の新築戸建て・マンションの間取りは、当然ですが人間が快適に暮らすことを目的に設計されたものです。

 

人間のためだけにつくられた住まいは、体のサイズや行動が異なる猫ちゃんたちにとって快適に過ごせる環境とは限りません。

 

身軽な猫ちゃんたちはケガをするイメージが少ないですが、火や刃物を使うキッチンや水があるトイレ・お風呂場など、意外と危険は潜んでいます。

 

行動範囲が広くいろいろな物に興味を持つ猫ちゃんは、ついイタズラして危険な目に遭ってしまうことも。

 

大切な家族である猫ちゃんを危険から守るためにも、リノベーションで人間と猫どちらも快適・安全に過ごせる住まいづくりをしてみませんか?

 

 

■ ネコと暮らすリノベハウス事例

 

実際にネコを飼っている方が、お互いの暮らしやすさにこだわったリノベーション事例をピックアップしてご紹介します。

 

キャットウォークのあるリビング

事例を見る:Case75「ふたりと2匹の心地よい家」

 

リビングをぐるりと半周できるキャットウォークは、高いところが大好きな猫ちゃんの格好の遊び場になります。

 

キャットウォークにつながるデスクスペース

事例を見る:Case75「ふたりと2匹の心地よい家」

 

デスクスペースにつながっているため、仕事中のふとした瞬間に癒してくれるのもうれしいポイントです。

 

天井は気になるニオイを吸収する作用がある珪藻土にして、お客さんを招くときも気にならないように配慮。

 

化学物質の少ない自然素材は、猫ちゃんの健康面でも安心できるメリットがあります。

 

 


ネコちゃんと快適に暮らすマンション

事例を見る:Case60「ネコと日向ぼっこ」

 

築15年のマンションをリノベーションして、人間と猫ちゃんが一緒に暮らしやすい住まいを目指しました。

 

猫用の出入り口を設けたドア

事例を見る:Case60「ネコと日向ぼっこ」

 

住まい全体をぐるりと回れる回遊性の高い間取りにして、リビングと寝室の間には猫ちゃん専用の出入り口を設置。

 

いつでも好きな場所に行くことができて、お気に入りの日向ぼっこポイントで自由にくつろげるレイアウト。

 

収納たっぷりのリビング・キッチン

事例を見る:Case60「ネコと日向ぼっこ」

 

キッチンのキャビネットとカップボードでたっぷりの収納を確保し、刃物や割れ物など猫ちゃんにとって危険なアイテムを置かないようにしているのも工夫の一つ。

 

特にキッチン周りは、猫ちゃんにとって有害な食べ物もたくさんあるため、常にスッキリさせておくことでリスクを回避できます。

 

ペットリノベ

ペットリノベについて詳しくみる

 

 

 

■ ネコと人間が快適に暮らす家を考えるポイント

 

猫が出入りできる扉

 

リノベーションでネコちゃんと人間が楽しく過ごす間取りの考え方をいくつかご紹介します。

 

・お掃除しやすい間取り

 

猫を飼っていて大変に感じることが多いのは、抜け毛のお掃除ではないでしょうか。

 

ていねいにブラッシングをしてあげても、毛の量が多い猫ちゃんがいるとどうしても床に毛が溜まりやすくなります。

 

こまめに掃除機をかけるのもなかなか大変ですから、間取りの工夫でお掃除を楽にするのがおすすめ。

 

床をフラットにしておけば、お掃除ロボットを使って自動で抜け毛をきれいにしてくれます。

 

 

・猫ちゃんのけがを防ぐ安全性

キッチンカウンターに座る猫

熱いコンロや食べてはいけない食材があるキッチンは、猫ちゃんの安全性を考えると入れないように工夫しておきたいところです。

 

オープンキッチンなどの間取りで区切るのが難しい場合、危険な目に合わないようしっかり収納できるスペースを用意しましょう。

 

コンロ前は壁にして、うっかり調理中のコンロに近づけないようにするのも有効です。

 

バスタブの水でおぼれてしまうケースもあるため、いたずらでお風呂場に入れないようにしておくのも大切です。

 

常に水が溜まっているトイレにも注意して、フタの閉め忘れが無い自動開閉タイプを選ぶのもおすすめ。

 

人間にとっては何気ないことも、猫ちゃんにとっては危険なことがたくさんありますので、安全に暮らせる間取りを考えてあげましょう。

 

 

・好きな場所に行ける回遊性

ペットドアで猫が出入りできる寝室

お気に入りの日当たりポイントやトイレ、遊び場など、いつでも好きな場所に行けるレイアウトはネコちゃんのストレスを軽減します。

 

ドアにネコちゃん専用の通路をつけたり、ネコちゃんだけが通れる小さな抜け穴をつけたり、なるべく好きな場所に行けるように工夫してあげましょう。

 

レバーハンドルのドアなどは、移動したいネコちゃんがジャンプして開けてしまうことがあります。

 

通り抜けるときに風が吹いてドアが急に閉まると、しっぽや体を挟まれてケガをしてしまうことも少なくありません。

 

ネコちゃんのストレスとケガを防ぐためにも、気兼ねなく家の中を歩き回れる通路を確保してあげましょう。

 

 

・遊び場で運動不足解消

リビング天井のキャットウォーク

基本的に地面に居るワンちゃんと違い、高いところが大好きなネコちゃんは高低差のある遊び場を用意してあげる必要があります。

 

市販のキャットタワーを設置するのも一つの手ですが、大きなスペースが必要ないキャットウォークを間取りに盛り込むのもおすすめです。

 

ドアの上や天井とのすき間などに、ちょっとした棚をつけてあげるだけでネコちゃんが楽しく運動できる遊び場になります。

 

ちょっとの工夫でキャットタワーより広大な遊び場をつくることができるため、より運動不足を解消することができておすすめ。

 

 

・安心できるトイレの配置

静かな猫のトイレスペース

 

家猫は基本的に私たち人間に慣れていますが、トイレをするときは周りに人が居ない静かな環境が必要です。

 

いつでも行くことができて、静かに用を足せる場所にトイレを配置してあげましょう。

 

トイレのお掃除をしやすい場所に配置すれば、いつでも清潔に保てるためネコちゃんも気持ちよくトイレを使うことができます。

 

 

・暑さ寒さを防いで健康な暮らし

 

寒暖の差が激しい日本では、共働きなどで日中おるすばんするネコちゃんの暑さ寒さ対策も重要です。

 

特に最近の夏はどんどん熱くなっていて、日中の室内が30℃を超えることも珍しくありません。

 

猫ちゃんは比較的暑さに強いと言われていますが、30℃を超えると熱中症になる危険性もあります。

 

エアコンをつけておくのはもちろんですが、住まいの断熱性にも注目してみましょう。

 

特に暑さが入ってくる原因となる窓は、ペアガラスや二重サッシにすることで室内温度の上昇を抑えることができます。

 

エアコンの効きが良くなり、猫ちゃんだけでなく私たち人間も快適に過ごせるメリットがありますので、ぜひ窓の断熱性にこだわってみてください。

 

 

・引っかいても大丈夫な壁紙

 

本能的に爪とぎをするネコちゃんは、専用のアイテムを用意しても家の壁で爪とぎをしてしまうことがあります。

 

一般的なビニールクロスはあっという間にボロボロになってしまうため、なるべく引っかいても問題ない丈夫な壁紙や壁材をチョイスしましょう。

 

最近は表面が丈夫な防キズ性能を持った壁紙も販売されていますので、特に爪とぎするポイントにぜひ使いたいですね。

 

また、珪藻土や無垢の壁材など、キズがついても補修しやすい素材を選ぶのもおすすめ。

 

気になるニオイを吸収してくれる作用もあるため、ネコちゃんも人間も快適な暮らしを送れます。

 

 

・爪あとが目立たない無垢フローリング

猫の爪痕が目立ちにくい無垢フローリング

 

ネコちゃんが走ったり歩いたりするとき、爪でフローリングに傷跡が付くのは避けられません。

 

どんなに固いコーティングの床でも傷は防げませんし、ツルツル滑る床はネコにとってあまり良くない可能性もあります。

 

そこでおすすめなのは、自然な木の触り心地が特徴の無垢タイプのフローリング。

 

一般的なフローリングは薄い木を表面に張り付けているため、傷がつくと下のベニヤ層が見えてみすぼらしくなってしまいます。

 

厚みのある無垢フローリングは傷がついても中まで同じ木が詰まっているため、目立ちにくいのが特徴です。

 

ジャンプや着地をする場所で傷が目立つようなら、ヤスリをかけて傷を目立たなくすることもできます。

 

・安心できる隠れ家

猫が隠れられるリビングの小部屋

 

猫ちゃんは狭い場所が大好きですから、身を隠せる静かなスペースを作ってあげましょう。

 

来客や大きな音などストレスを感じたときに逃げ込む大切な隠れ家になります。

 

クローゼットなど静かで暗い場所や寝室など、猫ちゃんが自由に出入りできる隠れ家を用意してください。

 

 

■ まとめ:ネコちゃんと人間が楽しく暮らせる家づくりを♪

タイル床を歩く猫

家族の一員であるネコちゃんとは、お互いに快適に楽しく暮らして、できるだけ長く一緒に過ごしたいものです。

 

いまネコちゃんと一緒に暮らしている方も、これからネコちゃんを迎えようと思っている方も、ぜひリノベーションで快適な間取り作りを検討してみてください。

 

SHUKEN Reはお客様のライフスタイルやご要望をヒアリングして形にする、オーダーメイドのプラン作りを得意としています。

 

ネコちゃんとの理想の暮らしを楽しく話しながら、ピッタリなプランをご提案しますので、どんなご要望もお聞かせください。

 

【EVENT一覧】

 

SHUKEN Reのスタッフ

【私たちについて】

 

東京都の世田谷と千葉県の浦安市を中心として、首都圏エリアのマンション・戸建て、どんなお住まいのリノベーションにも対応いたします。

 

【店舗一覧】

 

ご自宅からお気軽にご利用いただけるオンライン相談もご用意していますので、住まいづくりに関するどんなお悩み・ご質問もどんどんお聞かせください。

【オンライン相談会の詳細はコチラ

 

このコラムを見た人におすすめ


・リビングダイニングをおしゃれにコーディネートするコツ|東京のリノベ実例

・L字リビングを活かしたおしゃれな間取り|リノベーション実例【東京・千葉】

リノベで検討したい、人気の間取り


ペットリノベ

ペットリノベについて詳しくみる

リノベ事例集の請求

施工エリアを事前にチェック
東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

SHUKEN Reのリノベ事例集や
イベントのご案内をお送りいたします。


    施工エリアを事前にチェック
    東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・国分寺市・小金井市・国立市・府中市 神奈川県 横浜市・川崎市 千葉県 浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)・柏市・松戸市・白井市・鎌ヶ谷市・八千代市・流山市

    お名前必須


    ふりがな必須


    電話番号必須

    日中つながりやすい電話番号をご入力ください。

    メールアドレス必須


    ご住所必須


    ご年代必須


    ご検討内容必須


    リノベーションご検討先必須


    リノベーションご検討先の ご住所


    個別相談必須


    リノベーションご検討の物件種類必須


    リノベーション完了ご希望時期必須


    ご予算必須


    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください
    ショップページをみる


    来店希望日時

    ※水木祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    物件探しのご希望エリア必須


    個別相談必須


    リノベーションご検討の物件種類必須


    物件探し+リノベーション完了ご希望時期必須


    ご予算(物件+リノベーションのTOTAL)必須


    気になる物件


    ご来店希望店舗

    ご希望の店舗をお選びください →ショップページをみる


    来店希望日時

    ※火水祝日以外・10-18時

    第1希望
    時間帯
    第2希望
    時間帯
    第3希望
    時間帯

    ご自由に入力ください


    その他アンケート項目

    お時間あればお答えください。(所要時間:30秒)

    何の媒体でSHUKEN Reを
    見たことがありますか(複数選択可)


    ご送信前に、当社の個人情報の取扱いについてをよくお読みいただき同意できる場合に、ご送信ください。

    監修者情報

    SHUKEN Re 編集部

    SHUKEN Re 編集部

    住宅リノベーション専門家集団が、単に情報をまとめただけの簡易的な記事ではなく、真剣にリノベーションを検討している読者に役立つ、価値ある中身の濃い情報をお届けしています。

    詳しいプロフィールはこちら