Case59

Carpenter’s house

    工期:60日

    家族構成:ご本人

    年代:40代

    物件種別:マンション

    築年数:37年

    広さ:約56㎡

    リフォーム費用:約550万円

    リノベ経緯:持ち家リノベ

    お客様の職業は大工さん。家の中には自作の家具が並びます。
    「好きなものを好きなだけ」置いているのに、
    見せる(魅せる)収納ですっきりと片付いたCarpenter’s houseです。

     

    リビング

    お気に入りのギターやレコードをディスプレイできるよう、壁の一部は板張りに。
    荒々しく仕上げた梁と板張りの天壁で、男前かつ温かみのある空間になりました。
    バンドを組んでいたというお施主様。自作の棚にはたくさんのCDやレコードが収納されています。

     

    寝室

    寝室は壁を斜めにすることで、隣接するリビングの広さや採光を確保。
    縦格子の扉がリビングにアクセントをプラスしています。
    梁があり使いにくい幅の隙間は、棚板をつけてCD置き場になりました。

     

    玄関

    土間がすっきりと広く感じられるようシューズラックは廊下側に。
    扉は付けず、ロールスクリーンで目隠しができるようにしました。
    玄関脇には、現場で使う材料や仕事道具をたっぷり収納できるスペースを新設。
    使い方や収納するものを予め想定しているので、棚の高さも奥行きも「ちょうど良く」仕上げています。

     

    キッチン

    キッチンは元の位置から動かさず壁付けに。
    冷蔵庫置き場や収納を作るためL字の壁を新設し、冷蔵庫スペース兼カウンター収納を作りました。
    冷蔵庫の脇の壁面収納はグラスやボトルを置くにはぴったりサイズ。
    ボトルの間にさりげなく置かれた人形たちにも注目です!

     

    築37年のマンションの一室が、リノベーション×自作の家具で、
    男心をくすぐる、趣味であふれた空間になりました。

     

    【その他のシングルライフリノベの事例はこちら】