Case61

無垢を感じる。陰影を見る。

    工期:60日

    家族構成:ご夫婦+お子様2人

    年代:30代

    物件種別:マンション

    築年数:18年

    広さ:86㎡

    リフォーム費用:1150万円

    リノベ経緯:中古を買ってリノベ

     

    築18年のマンションの一室を、素材や照明にこだわったホテルライクな住まいにリノベーションしました。

     

    リビング

    落ち着いた雰囲気の床は耐久性に優れるウォルナットの無垢材を採用。
    「本物」の統一感を出すために、家具も無垢の素材を選びました。肌触りが良く経年変化も楽しめます。
    造作のTVボードはあえて扉をつけずBOX収納に。TVの脇には子供たちの絵が並んでいます。
    壁一面のグレーのタイルには、調湿効果のあるエコカラットを使用し、
    将来ライフスタイルの変化に合わせて部屋を増やせるように下地を施工するなど、住み心地と将来性も考えた空間です。

     

    キッチン

    壁付けから180度回転させたオープンキッチン。アイランドをご希望でしたが、スペースの関係でペニンシュラ型に。
    洗面室に繋がる扉をあえて塞ぐことで、ごみ箱を置くスペースと収納量を確保しました。
    背面には、沢山のサンプルを取り寄せて選んだこだわりのタイルを施工。
    間接照明を付ければ、陰影が浮かび上がり壁に表情が生まれます。
    正面の腰壁は 木 × モルタル × 間接照明 で上質な雰囲気に。

     

    洗面

    奥様の一番のお気に入りスペース。
    リビング同様収納には扉をつけずBOX収納に。使用するシーンごとにBOXを使い分けています。
    天然水晶が主成分の人造石を使用した天板は落ち着いた大人の雰囲気を醸し出し
    ホテルライクなタオル掛けと、ぴったりサイズのBOX収納で使い勝手も◎
    すっきりと片付いた洗面スペースです。

     

    マイホームの購入に当たり、新築も考えたというご夫婦。
    様々な物件を見学するうちに「リノベーションの方がクオリティが高い」と思うようになったそう。

    その言葉通りたくさん時間をかけて打ち合わせを進め、「本物」にこだわった住まいが完成しました。

     

    この物件の取材ブログはコチラ▶