2018-12-13 

【行徳ハイム】リノベーション現場レポート4

師走の寒さが深まる浦安。

大きなぬいぐるみを抱えて幸せそうなファミリーを見かけて、

一層クリスマスが近づいていることを感じる今日この頃です。

さて、こんな寒い中でも現場の働き者たちは本日も頑張っております!

 

前回は給水管が通り、壁になる木材が立てられたところ⇒ 前回のブログはこちら

今回は壁が出来上がっていく様子をお伝えします。

まずはキッチン側からお隣の元和室だった部屋を見てみると….

IMG_7120

前回までは壁というより檻のような間仕切りだったのが、

ボードが張られて壁っぽくなっています!

壁ができると急にお部屋感!!

 

この壁にあいている正方形の穴、こちらは何になるかというと…

室内窓になる予定でございます。

リノベーションといったら室内窓、といまや定番になりつつある室内窓ですが

SHUKEN Reのリノベーションでも室内窓はたくさん登場します。

どんな色の窓になるかは出来上がってきてからのお楽しみ♡とさせていただきます。

 

さて洗面所はどうなったかというと…

IMG_7117

 

まだボードが途中までしか張られていませんでしたが、洗面台が置かれる位置の前には

しっかりと間仕切りのボードが張られておりました。

良く見ると、前回給水管のホースが無造作にビヨンとなっていましたが、

壁の中に隠されていく様子がよくわかります!

 

つづいてキッチンは…

IMG_7118

躯体の壁の前に、例の檻のような木材が立てられています。

そして壁の下のほうをみると、檻の中に閉じ込められた給水管…

なるほど、壁を少し手前に作り直して、その中に配管を隠すんですね。

 

こちらは廊下の様子

IMG_7122

電気がついてないので暗いですが、手前に壁、奥側に出入り口の扉が付くんだな~というのが想像がついてきますよね!

 

さて、次回はここからめまぐるしく一気に出来上がっていく

内装の様子をお伝えします!

まだまだ冬も始まったばかりで、毎日寒い日が続きます。

インフルエンザも流行ってきておりますので、皆様も体調管理に

ぐれぐれもお気をつけください。