SHUKEN Re 住まいのリノベーション

SHUKEN Re 住まいのリノベーション

YOMIMONO
読み物

2020-06-30 

フルリノベーション実例特集|戸建て・マンションの費用相場もチェック

おしゃれなリビング

 

住まい選びの選択肢として注目度が高まっている「フルリノベーション」。しかし「いくらくらいかかるの?」「新築と比べてどうなの?」といった疑問をお持ちの方はまだまだ多いです。

 

そこで今回は、住まい全体のフルリノベーション実例をもとに、費用相場やメリット・デメリットなどを解説していきます。

 

 

■フルリノベーションとは

アクセントがおしゃれな居室

 

まずはフルリノベーションがどのようなものか、全面リフォームとの比較・メリット・デメリットの3つのポイントで見ていきましょう。

 

・全面リフォームとの違い

「フルリノベーション」と似ていて混乱しがちな「全面リフォーム」。二つの違いは「使い勝手を良くするかどうか」という点です。

 

全面リフォームは、既存の間取りや使い勝手はそのままに設備や内外装を新しくする原状回復工事のことを指します。

 

つまり古くなった建物を新築当時の性能に戻す作業です。

 

対してフルリノベーションは、間取りや設備の位置変更なども含め、住まいのバージョンアップが目的。

 

性能や使い勝手を建てた当時ではなく、現代の住まいに合わせて向上させます。

 

・フルリノベーションのメリット

フルリノベーションのメリットとして最も大きいのは費用を抑えやすい点です。既存の構造を使えて、地盤改良などの費用もないため新築と比べて安く仕上げられます。

 

また、プランの自由度が高く思い通りの家づくりができる点も魅力的です。分譲戸建てやマンションは完成した物件を買うため、住む人が家に合わせる必要があります。

 

オーダーメイドの家づくりができるフルリノベーションなら、暮らしにピッタリ合わせた住みやすいマイホームが手に入るでしょう。

 

・フルリノベーションのデメリット

購入して引っ越しまでの期間が短い分譲住宅やマンションと比べると、フルリノベーションは完成までの期間がかかります。

 

工事内容や面積によっても異なりますが、工事期間は3~4か月、プラン作りは1か月前後、中古物件を探す時間もかかります。

 

1年前後かかる注文住宅と比べれば完成までの期間は短いですが、比較的時間がかかる点を覚えておきましょう。

 

またフルリノベーションでは住宅ローンを組む方が多いですが、築年数が多い物件だとローン減税が受けられない場合も。

 

ただし、年数が経った物件は建物の評価額が下がっているため、毎年払う固定資産税は安くなります。必ずしも損ということではないので、ランニングコストも含めしっかり検討しましょう。

 

リノベーションのメリットとデメリットについては、以下のコラムでも詳しく解説しています。

【関連コラム】戸建リノベとマンションリノベのメリットとデメリット

 

 

■戸建てフルリノベーション実例

続いて戸建て物件のフルリノベーション実例をピックアップしてご紹介します。費用と工事期間も掲載しますので、検討の目安として活用してみてくださいね。

 

【事例1】既存間取りを活かしつつバージョンアップ

リノベーションビフォーアフター

  • 築24年
  • 費用 約700万円
  • 工事期間 60日

 

広くておしゃれなLDK

 

もともとの間取りを基本的に活かし、最新の設備や内装デザインで現代の暮らしに合わせたフルリノベーション実例です。

 

使い勝手の良いキッチン

 

分離していたリビングとダイニングキッチンの間仕切りを撤去し、お部屋の形は活かしつつ今風の間取りに。キッチンの扉を廊下側から室内側に変更するなど、使い手に合わせて細かいカスタマイズをしています。

 

スタイリッシュなトイレ おしゃれで収納たっぷりの洗面清潔感のある明るいユニットバス

 

ユニットバス・洗面・トイレの水回りは移動せず、リノベーション費用を抑えています。

フルリノベーションでも使いやすい間取りならそのまま活かせば、設備を最新にバージョンアップするだけで問題ありません。

 

工事の手間が減ることでコスト削減だけでなく、工事期間の短縮にもつながります。

 

ブルーがおしゃれなアクセント

 

フルリノベーションだからといって何もかも作り変えるのではなく、「自分の暮らしに合うかどうか」という観点で暮らしやすい住まいを作っていきましょう。

 

【この実例の詳細】じっくり こっくり 味わい深く

 

 

【事例2】和洋折衷の古民家風デザイン

リノベーションビフォーアフター

  • 築34年
  • 費用 約700万円
  • 工事期間 30日

 

和洋折衷のリノベーション間取り

 

3つあった和室のうち2つを洋室にし、和洋の雰囲気をうまくブレンドした古民家風の内装。

 

天袋を残した畳の小上がりスペースは、程よい和の雰囲気でくつろげる空間に仕上げました。

 

奥行き感のあるLDK

 

1Fは奥行き感のあるワンフロアにしたことで解放感のあるスペースに。

 

ダイニングキッチンを挟んだ左右の空間に居住スペースがあることで、コミュニケーションが取りやすい間取りです。

 

広々したダイニングスペース

 

もともと2つあったトイレを1つにまとめたことで、ダイニングスペースが広くなっています。

 

リノベーションではついあれもこれもと設備やアイデアを盛り込みがちですが、あえて「引き算」をしてみるのも大切です。

 

過剰な設備を控えればスッキリ仕上がりますし、工事費用の削減にもつながります。

 

おしゃれなリビング和洋折衷のデザイン

【この実例の詳細】古民家の空気をそのままに感じる家

 

 

■マンションフルリノベーション実例

続いてはマンションのフルリノベーション実例をご紹介します。

 

床面積に限りがあるマンションリノベーションでは、間取りの工夫が暮らしやすさに直結します。細かいアイデアにも注目してみてください。

 

【事例1】新築マンションにはないおしゃれな間取りとデザイン

リノベーションビフォーアフター

  • 築29年
  • 費用 約1200万円
  • 工事期間 60日

 

オリジナリティあふれるLDK

 

既存の間取りを大きく作り変え、新築にはないオリジナルの間取りとデザインに仕上げた物件です。

 

清潔感のあるキッチン

 

ヘリンボーンの床やペンキ仕上げの無垢材など、新築マンションでは選べない素材でおしゃれに仕上げています。

 

パントリーでキッチンもすっきり ウォークインクローゼットで整頓

 

大型のウォークインクローゼットやパントリースペースなど、家事効率をアップさせる収納の工夫もたくさん。

 

しまうアイテムの量や形に合わせて、ピッタリの収納を作れるのもフルリノベーションのメリットです。

 

明るく広々したリビング

 

【この実例の詳細】パリのアパルトマンに憧れて

 

 

【事例2】現代の子育てにマッチした間取り

リノベーションビフォーアフター

  • 築15年
  • 費用 約500万円
  • 工事期間 40日

 

白ベースのおしゃれなリビング

 

築15年と浅めですが、お子さんの誕生に伴い子育てに合わせてフルリノベーションした間取り実例です。

 

共用デスクで勉強

 

リビングに隣接したデスクスペースを設けることで子供部屋の勉強机を無くし、成長に合わせて部屋を区切って対応できるようにしています。

 

子供らしいデザイン

 

面積に限りがあるマンションでは子供部屋の確保が難題ですが、リビング中心の現代的な間取りなら小さなお部屋でも問題ありません。

 

明るく清潔な間取り

 

築年数が浅い物件のフルリノベーションはもったいないように感じますが、手放して住み変えるよりリーズナブルな場合も多いです。

 

お子さんの誕生や巣立ちなど、ライフスタイルの変化に対応できるのもフルリノベーションの魅力。

 

使いやすいキッチン

【この実例の詳細】成長を見守る白い家

 

■フルリノベーションにかかる費用

アクセントがおしゃれな間取り

 

リノベーションは住まいの間取りや家族のライフスタイルによって一つひとつ違うため、費用も一軒ごとに違います。

 

しかし、ある程度の目安がないと検討するのが難しいですよね。上でご紹介した事例などをもとに、住まい全体のリノベーションにかかる費用を考えていきましょう。

 

・全面リノベーションの費用相場

住まい全体のフルリノベーションは、選ぶ材料や間取り変更の量などによって大きく変わります。

 

そこで目安として、私たちSHUKEN Reがご用意している3つのプランの費用相場をご紹介します。

 

定額プラン「モノサシ」 720万円~
スタンダードプラン「Re(アールイー)」 1000万円~
高級プラン「グラント」 1600万円~

※床面積80㎡の場合

 

上記のようにプランによって使う材料や工事による価格差がありますが、費用相場としては800~1200万円の間に納まる方が多いです。

 

各プランの細かい内容も下記のページでご説明していますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

【3つのプランの詳細はコチラ】

 

 

・中古物件購入の場合は施工費とのバランスも考える

現在のお住まいをフルリノベーションする場合は不要ですが、中古の戸建て・マンションを購入する場合は物件購入費とのバランスも大切です。

 

リノベーションのことを考えず高い物件を購入してしまうと、後のプラン作りで予算オーバーになってしまいます。

 

せっかく条件の良い中古物件が手に入っても、予算が足りないと思い通りのリノベーションができません。

 

このような失敗を防ぐために、物件探しとリノベーションは同時進行すると良いでしょう。まだ物件が無いのにリノベーションを相談するのは気が引けるかもしれませんが、そんな方におすすめなのは「ワンストップリノベ」。

 

ワンストップリノベは私たちリノベーションのプロが物件探しからサポートするため、総額予算に合わせたトータルコーディネートが可能です。

 

予算や理想の間取りから逆算した物件探しもできるため、中古購入の失敗も防げますよ。これから物件を購入する方は、ぜひご活用下さい。

 

【ワンストップリノベの流れ】

 

 

■費用を抑えるなら定額制リノベもおすすめ

和の雰囲気も残すデザイン

 

リノベーションはプラン作りが自由な反面、プランニング中に理想がどんどん膨らんで予算オーバーになりやすい傾向があります。

 

フルリノベでは住宅ローンを利用するのが一般的ですが、借入額を無理に増やすとせっかく作った素敵な我が家で倹約生活の可能性も…。

 

こうした予算オーバーを防ぐには、定額制リノベーションがおすすめ。

 

定額制リノベーションとは、床面積当たりの工事費用が決まっている商品のことです。標準工事仕様の範囲でプランを作れば、リノベーション物件の床面積に費用をかけるだけで費用がわかります。

 

見積もりをつくる中での予算オーバーを防ぎやすく、早い段階で資金計画を建てることができます。

 

見積もり作成にかかる人件費を削減することができ、スピーディーに検討できるのも大きなメリット。転勤など引っ越しの期限が決まっていて、なるべく早く完成を目指したい方にもおすすめです。

 

SHUKEN Reは、プランナーが厳選した3つの仕様を選べる定額制リノベーション「モノサシリノベ」をご用意しています。

 

予算がネックでなかなか踏み出せない方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

【モノサシリノベの詳細はコチラ】

 

■まとめ:フルリノベーションで費用を抑えて自由な家づくりを

ダイニングの照明がおしゃれ

 

新築戸建てや分譲マンションの購入と比べて、安く思い通りの家づくりがしやすいフルリノベーション。

 

古くなった住まいを再利用し環境にも優しいため、これからますます需要が増えていくと思われます。住まい探しの選択肢の一つとしてぜひ検討してみましょう。

 

SHUKEN Reは千葉県・東京都を中心にモデルハウスをご用意し、完成見学会を定期的に実施しています。実際のフルリノベーション現場を体感して、メリットやコストパフォーマンスなども確かめてみてください。

 

【完成見学会などイベント情報】